スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 Christmas in Chicago -12/22- ② 

大変お待たせしてすみませんでした。いよいよクリスマスコンサートのレポートをお届けいたします。ほら、ちょうどSPAMALOT公演も始まっちゃったりクレイのTV出演も多かったりと他の話題で持ちきりだったでしょ?時期が悪かったんですよ、時期が!ね?ね? (^^;)


*** 12/22 Christmas in the Heartland in Merrillville (Part. 1) ***

本日のコンサートはPM8時からとやや遅めのスタート。会場であるお隣インディアナ州MerrillvilleへはHS Girlさん運転の車で行くので、雪や事故などによる渋滞で遅れる可能性も考慮して少し早めに出発することにしました。ワクワクする反面、Japanese Claymateの皆さんからのクリスマスカードBookを無事クレイの関係者に手渡すことが出来るのか不安な気持ちもあり、車中は心ここにあらずといった感じでした。幸い何事もなく順調に目的地まで到着、いやむしろ早すぎたくらいでしたが遅れてアタフタするよりはいいですよね。会場の駐車場に入るとクレイのツアーバス発見!!テンションあがってきましたよー


      かなり暗かったけどシャッター切らずにはいられませんでした!
   P1010077-a.jpg
   


コンサート会場の入り口付近には妙齢の女性達が何人か既に控えています。受付の人に聞くと開場はPM7時からとのこと。まだ30分近く時間があったしトイレも済ませたかったので、会場に隣接しているホテルのロビーで待つことにしました。こちらにもClaymateさんらしい方々が何人か待機されてます。まさかクレイファミリーが歩いてたりしないよねぇ~なんて思ってキョロキョロしていると、トイレから戻ったHS Girlさんから「向こうにJeromeがいるよ!早くプレゼント渡しに行こう!」とのご報告があり急いで行ってみると、いましたよ~ん!周囲から頭ひとつ飛び出たひと際大きな男性が。本当にJeromeだぁー!!

実際横に立つとJeromeはそれはそれは大きな人なので、私はすっかり口あんぐり状態(笑)そんな役立たずな私を尻目にHS Girlさんがすかさず「この人は日本から来ました。そして日本のファンからクレイ宛のクリスマスカードを持参してきたので、是非クレイ本人に渡してほしい。」と言ってくださいました。するとJeromeは「今は頼まれてコーヒーを買いにきたので手が空かないからここでは預かれないけど、この後必ず会場に行くからそこで君たちが僕を探すか、僕が君たちを見つけるよ。」と言ってくれたんだそうです。私はその間もただただ彼をボーッと眺めていただけだったんですが、HS GirlさんによるとJeromeは最後に私の肩をポンとたたいてくれたんだとか・・・ぜんぜん気付かなかった~ とにかくとても優しい眼差しで黒いスーツがよく似合うハンサムな人でした♪確かに少し痩せたかも。

一応Jeromeとの約束を取り付けることができたのでちょっと安心しました。ふと気が付けばホテル内はクリスマスムード一色、折角なのでロビーの大きなクリスマスツリーの前で2人で記念撮影♪さっきまでの不安な気持ちはどこへやら~♪調子いいですね(笑)その後ロビーにあるカフェレストランから7個ほどのコーヒーを持ったJeromeが出てくるのを発見、確かにこれじゃあ他の荷物を持つ余裕はないですね~。クレイはコーヒー飲めないから多分他のメンバーの分なんでしょうけど、Jeromeをパシリに使うとはファミリー恐るべし!(笑)


      コンサート前で浮き足立ってますが記念に1枚 (右:HS Girlさん/左:kotobuki)
   P1010079-aa.jpg



開場時間になったのでそそくさと会場へ移動。私達の席はステージの右側3列目、実際行ってみると何と一番端の席でした。でもこの会場はステージ中央が半円形にせり出していて、最前列から6列目くらいまではその半円に沿って設置されているので、私の席からはちょうどクレイの真横(しかも私の好きなクレイの左サイド)からの立ち姿がバッチリ見える位置だったのでまったく問題なし 距離的にも思っていた以上に近くて始まる前から緊張で手足の先が冷たい・・・(笑)


      会場内はこんな感じ(ほぼ満席になってました)
   P1010080-a.jpg



      ステージに手が届いちゃうんです(笑)
   P1010083-aa.jpg



この日の会場はビデオ撮影とフラッシュによるカメラ撮影禁止とのアナウンスがあり私達もデジカメが光らないか確認をしていたら、後ろの列に座っていた女性が光を遮る黒いテープを分けてくださいました。そうしたら何とこの方、Clack提供でお馴染みのjojoctさんだそうで!さすがにいろいろ対策グッズを用意されているんだなぁと感心してしまいました。そして見ず知らずの私なんぞに手助けしてくださるその優しさに感謝です♪

そうこうしているうちに会場内にJerome発見!今回は私1人で行ってくるように、とのHS Girlさんから愛のムチ(笑)英語で何と言えばいいかを即席で教えてもらい何とか頭に叩き込んだらプレゼントを持っていざJeromeの元へ!(どういう会話文だったかはもう忘れたーw) ちょうど会場中央でもう1人のボディガードと一緒に席番号の確認(多分FayeママとBret君の席)をしている様子のJerome、手には既にファンからのプレゼントを持っていて他のClaymateさん達と気軽に記念撮影をしたりしていました。ようやく近くまで来たので私にしてはかなり大声で「Jerome!Jerome!」と叫んだつもりでしたが、当の本人はまったく気付いてくれません。私とJeromeの間にもう1人のボディガードが挟まっていたので声がブロックされちゃったんでしょうか?それに背が違いすぎるから私の頭の位置では声が届かないのかも~(ToT)

もうテッパっちゃった私はこともあろうにそのもう1人のボディガードに向かって「私は彼(Jerome)に用があるの!彼のそばに行かせてよ!!」と必死に訴えたんです(ま、要するにアンタ邪魔だよ!と・・・)。そのボディガードが不思議そうな顔をしていると、やっとJeromeが私に気付いてくれました~。そしてHS Girlさんに教えてもらったフレーズを口にしようとしたら、Jeromeのほうから「OK、OK、さっきの君だね。ちゃんと覚えてるよ~」というようなことを言ってくれたんです(多分)。私は「クレイに渡してください!プリ~ズ~」ととにかく必死でお願いをしました。すると彼は皆さんからのクリスマスカードBookをしっかり受け取ってくれて、微笑みながら大きな右手をスッと差し出してガッチリと握手をしてくれました!もう私はすっかり感激しちゃって後は「Thank you!Thank you so much!」しか言えませんでした。情けねぇ~(^^;) これは私の想像ですが、きっとJeromeは私が英語が得意ではないと分かったので「クレイにちゃんと渡すからね」との意味を込めて握手してくれたのではないかと思います。そしてきっと夏のツアーでのことも覚えていて、日本のファンには好印象を抱いてくれているんじゃないでしょうか。

Jeromeはクレイをガードしていない時は穏やかでとても優しいナイスガイであることが判明したし、私のミッションも無事完了したし、後はコンサートの開始を待つばかり。夢にまで見たクレイのクリスマスコンサートのレポは・・・長くなったのでまた次回。


12/22 ③へ続く・・・



スポンサーサイト

2007 Christmas in Chicago -12/22- ① 

ClaynationではまもなくスタートするSPAMALOTのSir Robinクレイの話題で持ちきりですね。なのにまだ昨年のクリスマスコンサートのレポートすら終わっていないという体たらく、ホントすいません。でも今回は22日前半のみなのでコンサートのくだりは次回になります。あっ!怒らないでっ!!


*** 12/22  朝食 ~ ショッピング ~ ラッピングサービス ***

さて、いつも寝坊な私ですが人様の家でそれは許されません!とりあえず8時に起きて急いでシャワーを浴び化粧を済ませて部屋に戻るとベッドの上に何か置いてあります。それは地元紙に載っていた本日のクレイのクリスマスコンサートの記事の切抜きでした!HS Girlさん、ありがとう♪(全然読めないので有難く持って帰ってきましたw) いよいよ今日生クレイを見るんだー!という実感が沸いてきます。


   P1010118-a.jpg

   


1階に下りるとダイニングにはすでに朝食の準備が出来ていてコーヒーのいい香りが漂っています。ああ、正にアメリカ家庭のブレックファーストといった雰囲気~。メニューはご主人が今朝買ってきてくださった焼きたてベーグルとsweet系のパン、フルーツ、アップルジュース、コーヒーです。キッチンマットとコーヒーのグラスがクリスマス仕様になっていて可愛いですよね(^^) 実は私ベーグルを食べるの初めて!夏のツアーでYOUさんやうらばんさんが美味しい!美味しい!って言っていたので気にはなっていたんですよね。実際食べてみたらホントに美味しい♪普段朝食は食べない(その時間に起きていないw)私がほぼ完食しました。確かコーヒーもおかわりしたっけなぁ(笑)


      すみません、ベーグルひとかじりした後でした(^^;)
   P1010070-a.jpg
   


      全部食べちゃった!人に作ってもらう食事って最高です
   P1010071-a-a.jpg
   



本日の予定はまずHS Girlさんのご友人のマスミさんにモールを案内していただいてショッピング、その後にブックセンターにてBAFチャリティーのためのラッピングサービスをお手伝い、そしていざクリスマスコンサートへ!うおー、ドキドキする~ 待ち合わせのドラッグストアでマスミさんと合流しMacy'sともうひとつ(名前忘れました)のかなり広いモールに連れて行っていただいたんですが、マスミさんは何がどこにあるのかほとんど熟知されていて動きにムダがないんです。クリスマス前の混み合った店内もスイスイ~っと進んでいかれるんですよね。そして買うべきものと買わなくていいものを見極めてくれる、とHS Girlさんが言っていた通りのお買い物上手な方でした。私一人じゃ何を買っていいのか迷いに迷うところでしたが適切にアドバイスしてくださったおかげでなかなかいい買い物が出来ました♪


ショッピングに時間を取られて予定時間より遅れてブックセンターに到着すると、HS Girlさんがお一人で頑張っているじゃないですか。本来はコンサートにご一緒するご友人3人も参加しているはずなのに、悲しいかなドタキャン・・・。加えて私の到着が遅れてしまいHS Girlさんには申し訳ないことをしてしまいました。遅れを取り戻せ!と私も早速ラッピングサービスに挑戦。でも書籍って大きさもまちまちだし意外とラッピングが難しい品ですね。いくらサービスとはいえプレゼント用なんだから丁寧にやらなければ、と慎重に作業していると「そんな丁寧にやることないわよ!」とHS Girlさんに言われました。ちんたらラッピングするよりもっとスピードアップしたほうが喜ばれるみたいです、はは(^^;)

ちなみにこのラッピングサービスはこちらの記事に載っているBAFのチャリティーイベントです。
 ■ BAF Wrapping For Inclusion
アメリカ全土でかなりの寄付が集まったようで、私も(ちょこっと)参加させていただいたイリノイ州は第3位の成績でした。素晴らしいですね!


時間がきたので次のボランティアの方たちと交代し、折角なので3人でブックセンター内を物色ました。キッズコーナーには今私の甥が夢中になっているポケモンの本がありました。英語版ポケモン図鑑がおもしろそうだなぁと思って見てみると、日本のポケモンと若干呼び名が違ってるんですね。もしこれを甥に買っていったら「これ名前が違うよ!」とクレームがつくのは明らかなので購入見合わせ決定、かわりに英会話の先生のお土産にHero'sのオフィシャルマガジンを買いました。まぁ当然のごとくどの本もすべて英語なんですが、日本の本屋とはまた少し違った雰囲気の店内をブラブラ見て歩くだけでも結構楽しめます。日本でも3,4時間平気で粘っているのでアメリカで時間つぶす時は本屋が最適だなぁと思いましたね(冷暖房完備だし)。


ここでマスミさんとお別れして一度HS Girlさんのお宅に戻ります。その前に家で一人寂しくお留守番のご主人に電話して早い夕飯(もしくは遅い昼食)を買って帰ることに。ご主人の希望でメキシコ料理風のファストフードに寄りましたが、いつもは食べない朝食をたらふく食べた私はまったくお腹が空かずテイクアウトのサラダを買ってもらいました。が、いざ食べようとしたらこれが・・・デ、デカイ!!そう、忘れていましたよ、夏のツアー中にアメリカ各地で食事の量の多さに閉口したことを。しかもご丁寧に大量のチーズが振りかかっていて、お行儀が悪いのですがそれを除けながらビッグなサラダに挑みました。さすがに完食は出来ませんでした~。


食事の後は出発時間までのんびりまったり過ごしたんだと記憶してるんですが、間違ってますか~?HS Girlさーん!!正直このあたりから舞い上がっちゃってあまり細かいことは覚えていないんです。とりあえずちょっとよそ行き風の服に着替えて、ムダな化粧直しをして、トイレを済ませて、遂にコンサート会場であるMerrillvilleに出発です!!


12/22 ②へ続く・・・



2007 Christmas in Chicago -12/21- ② 

昨日はまっちるさんとkaoruさんのお2人とお会いしてきました。クレイ話をはじめいろいろな話題で盛り上がって時間があっという間に過ぎてしまった感じです。本当はその場でシカゴでの出来事やクリスマスコンサートのお話をしたかったんですが、「詳しくはブログにて!」ともったいぶってしまいました。そう言った手前、とっとと続きを書かなければ~(笑)


*** 12/21 HS Girlさん宅へ ~ 夕食 ***

いよいよHS Girlさんのご自宅へ到着です。シカゴではよく見られるというタウンハウス(4軒くらいのお家がくっついてひとつの建物になっている)で、時期柄それぞれのお宅の玄関やガレージにはクリスマスの飾りやイルミネーションが♪室内もすでにクリスマスデコレーションがされていて、日本とは全然違った本格派の雰囲気です。そして緊張の中HS Girlさんのご主人とご対面~!私は正直ガッチガチでしたが、とてもダンディ且つ物静かで優しい感じの方で少し安心しました お土産に用意したご主人の大好物の鳩サブレも喜んでいただけたようで良かった!その後2階へ上がりマスターベッドルームや私が泊めていただくゲストルームとバスルーム(専用です!)を案内していただきました。手作りの小物などでデコレートされたホテルでは味わえないアットホームで温かいインテリアで、アメリカのご家庭にお邪魔してるんだなぁという実感が沸いて来ます。準備してくださったHS Girlさんに感謝です♪


      ユ、ユキちゃ~ん、それ私のベッドよ・・・(乗っ取られてますw)
   P1010073-a.jpg
   


      バスルームにもクリスマスの雰囲気が
   P1010075-a.jpg
   


荷物をほどいて一段落したところでお2人の甥であるKeithさん(27歳)が訪ねてこられました。今日の夕食は4人で外食することになっていたんです。私は意味もなくまたまた大緊張しながらご挨拶しました(笑)ところがこのKeithさん、この日の夜にちょっと会うだけの私にわざわざプレゼント(大学のTシャツ)を持ってきてくださったり、へったくそな私の英語を一生懸命聞き取り心なしかゆっくりと話しかけてくださったりと、本当に優しくていい方なんですよ!お仕事をしながら学校に通い資格を取られたという努力家で、NCISのマクギーをもっと精悍にした感じなんですけど分かりづらいですか?(笑)


      リビングルームにて(左から ご主人・HS Girlさん・Keithさん)
   P1010067-a-1.jpg
   


さて、ここでうら若き独身女性に朗報です!無事資格を取得されようやく生活にゆとりができるKeithさんは現在恋人募集中だそうです♪お勤め先にも女性はいるものの彼には若すぎる、とのことで25歳前後の女性を希望されています。どなたか我こそは!という方、是非立候補してみてください。ゴールインしたあかつきにはHS Girlさんがあなたの叔母さんになりますので、2人でクレイ三昧という生活も有り得るかも(笑)


シカゴ初日の夕食は、いきなりアメリカンフードはキツいだろうとHS Girlさんが気を使ってくださって日本料理のお店に行くことになりました。こちらでも軒並み日本料理店がオープンしているそうですが何故か経営者は中国人や韓国人であることが多いそうです。私たちが行った“一路 -ICHIRO-”というお店も韓国人の経営だそうで、メニューが純粋な日本料理とは少し違う感じですね。生魚がダメという男性陣はお肉系、私とHS Girlさんはお魚系のお料理をチョイス。日本人の発想にはない見た目に不思議な巻き物もお味はGood このお店が人気があるというのも頷けます。


         アスパラ巻きと焼き鳥       
      P1010062-a-a.jpg

              P1010063-a-a.jpg



        ドラゴンロールと珍しい天婦羅ロール         
      P1010065-a-a.jpg

              P1010066-a-a.jpg



Keithさんはお箸を使い慣れていないのでお店の人にフォークを頼みましたが、子供の練習用割り箸を差し出されると果敢に挑戦していました。でも私が巻き物の具の生魚を食べるのを珍しそうにジッと見ているので何度か「トライしてみませんか?」と勧めたものの、さすがにそれは無理だったみたいです(笑)そうそう、男性陣はこの後それぞれお肉料理を追加していました。お魚のほうが体に優しいのに~。


食事の後はHS Girlさん宅に戻りKeithさんともここでお別れとなります。そう、私の男性とのHug第一号はこのナイスガイのKeithさんとなりました!夏は女性とばっかりでしたからね~、えへへ♪さて明日はいよいよクレイのクリスマスコンサートの日です。高まる期待を抑えつつ万全の態勢で臨むためにも早めに寝ることに。機内で気分が悪くなってしまったのは予想外でしたが、シカゴ第一日目は楽しく過ごすことができました。HS Girlさんもご主人も早起きな方達なので寝坊しないようにアラームをセットして眠りについたのでした。



2007 Christmas in Chicago -12/21- ① 

お正月気分もひと段落してようやく昨年末のシカゴ旅行記に取り掛かることができました。帰国後は期間も短く印象深かったこの旅の内容を忘れるはずがないと高をくくっていました。でもその考えは甘かった・・・私の記憶力はかなり衰退していたのです。ひとつひとつの出来事は覚えているのですがそれが3日目だったのか4日目だったのかがあやふやになってしまってます。そんな細~い記憶の糸をたどりながら頑張って書き綴っていきたいと思います。


*** 12/21  出発 ~ シカゴ到着 ***

成田空港に程近い場所に住んでいるため出発前も余裕を持って構えていられるはずが、気持ちばかり焦って無意味にアタフタしてちょっと泣きまで入ってしまいましたが、スーツケースの重さに閉口しつつ予定より少し早く家を出発し無事空港へ到着。早速円をドルに両替、事前にHS Girlさんから機内食は超マズいと聞いていたので空港内で早めの夕食をとりました。その後両親と妹に電話で出発の報告をして(旦那は仕事中なので電話は控えました)、手荷物検査の長い列に並びました。時期的にお国へ戻られる外国人の方が多かったようです。

免税店をチラチラ見ながら時間をつぶしているとあっという間に搭乗時間です。今回はアメリカン航空でのフライト、希望通りの通路側席で早速機内で見られる映画のチェック!どうやらうらばんさん達のフライトと同じメニューだったようで、私は『HAIR SPRAY』と『トランスフォーマー』を見ました。『HAIR SPRAY』は評判通り最高でしたが『トランスフォーマー』は・・・時間が勿体無かったかも(^^;) 夏のツアーでは到着時に気分を悪くしてご一緒した皆さんにご迷惑をお掛けしたので、今回も約12時間のフライトということもあり早々に寝に入りました。

時計を持っていなかったのでどのくらい寝たのか分かりませんでしたが起きてみると、あれ?何だか胸がムカムカするような・・・いや明らかに気持ち悪いです! またタイミング悪く朝食のサービスが始まっちゃったもんだから機内には甘ったるい香り(なぜ朝食でこんな香りがするのか?)でむせ返りそう(泣)目の前に置かれそうになった朝食を「いりませんっ!」と断ってひたすら目をつぶって吐き気を我慢していました。夏は徹夜したのが原因だったので今回はちゃんと睡眠をとって無理しないようにしていたのに何でなんでしょう?


ようやくシカゴ空港に到着し、とりあえずどこかに座って少し休もうと思っていると空港の係員らしき男性が「Mrs.○○~!」と私の名前を呼んでいます。「私でーす」と名乗ると一緒に付いて来てくださいとのこと、訳も分からず言われるままに付いて行くと入国審査所へ。乗客達が並んでいるのを尻目に誰も並んでいない場所に案内されスルッと通過!入国審査官も「この人がMrs.○○?」と係員に聞いていたので事前に私の名前が知れているようです。その後預けたスーツケースを係員に運んでいただき出口へ。何だか私VIP待遇だわ~♪この方に「あなたはHS Girlさんの友人ですか?」と聞くと「違うよ。でも君をHS Girlさんの元へ案内するように言われているんだよ。」と仰るんです。そういえばこの突然の出来事にビックリしてしまい、いつの間にか気分の悪さが吹き飛んでいました(笑)

そして扉の向こうには懐かしいHS Girlさんの姿が!!再会のHugをしてこの特別扱いの訳をお聞きしたら、HS Girlさんのお隣にお住まいの方が空港の係員のボスで、事前に便宜を図ってくださるようHS Girlさんがお願いしてくださっていたそうなんです。日本じゃちょっと考えられないですが、気分の悪かった私にとってはとても有難かった~!さぁ、いよいよ極寒のシカゴを体感するときがやってまいりました。意を決して屋外へと足を踏み出すと・・・何だか思ったより寒くないんです。前日に降積った雪は残っているんですが寒さ自体はそれほど厳しくなくちょっと拍子抜け。しかしこれは本当のシカゴの冬ではなかったことが後々分かるのです(笑)

HS Girlさんのご自宅へ向かうため車に乗り込むとまた吐き気が戻ってきたので少し寝かせていただくことに。そのせいで夜の街並みを観察し損ねました。途中で飼い犬のユキちゃん(2歳の可愛いマルチーズ)を預けていた友人のお宅へ寄り、私も中へ入れていただくと大きなクリスマスツリーが!早々にアメリカのクリスマスの雰囲気に酔いしれました♪このご友人はアメリカ人のご主人と2人のお子さんとシカゴに住んでいらっしゃるマスミさんという日本女性で、翌日私のショッピングのためにモールを案内してくださるというのです。初対面なのにそんな親切にしていただいていきなり感激!そしてユキちゃん共々HS Girlさん宅へ到着です。


12/21 ②へ続く・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。