スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geek in the Pink 

先週のAI6で候補者のクリスRが歌った「Geek in the Pink」、ランディがオリジナルのJason Mrazよりいい!と絶賛していましたが、私恥ずかしながらこの原曲もJason Mrazなる人もまったく知りませんでした。で、本当にそんなに良かったのか?と妙に気になってオリジナルの映像をYouTubeで探して見てみました。


      ★ Geek in the Pink / Jason Mraz  
    


おお、いいじゃないですか~♪2,3回しか聴いていないのにメロディがすっかり頭に焼き付きました。無知で申し訳ないんですけど「Geek in the Pink」の“in”って『・・・を身につけて,着て』って意味なんですね(そういえば「Men in Black」なんて映画もあったな)。で、PVの中でJasonが着てるピンクのTシャツに“OTAKU”って書いてある!そのまんまじゃん(笑)

ちなみにこちらが番組でのクリスRのパフォです。


      ★ Geek in the Pink / Chris Richardson
    


確かになかなかだったけど、ランディが言うほど良かったのかどうかは疑問です。素人の私にはどうしたってオリジナルに勝るはずもない、と思えましたけど・・・。ランディも番組盛り上げるために大げさに言ってみただけ?


そんな事より“Geek”ときたらどうしたって思い浮かべるのはAI本選前のクレイですよね!ピンクの服を着たGeekクレイを探したんですが見つからなかったので加工したらこんなんなっちゃいました(笑)


        これが正真正銘 “Geek in the Pink”だ!
      20070330232101.jpg



うわぁ~ん、すみません クレイツアー実現で完全に舞い上がってるからまともな記事が書けませーん!!落ち着くまでしばしお待ちください。などど言ってる間もなく明日はAI6放送日、どうしよう・・・。



スポンサーサイト

アメリカン・アイドル チャレンジ 

昨シーズンに比べ逸材不足は否めない今シーズンのアメリカン・アイドルですが、去年はなかったイベントも番組中に紹介されています。その名も「アメリカン・アイドル チャレンジ」。番組視聴者が毎週出題されるクイズに携帯かPCで参加し、正解者の中から1名に賞金1万ドルとハリウッド旅行にスタジオ観覧、加えてPV撮影現場の見学をプレゼント。更に全正解者の中から抽選で1名に賞金10万ドルと番組フィナーレへのご招待が!いやいや、FOXさんも太っ腹ですね。急にこんなこと始めたのはパッとしない候補者達に危機感でも感じたのでしょうか?しかし10万ドルってアメリカン・ダンスアイドルの優勝者に贈られた金額と同額ですよ!これじゃベンジーが浮かばれませんよ~

スタジオには早速1回目の問題に正解し見事当選した人が招待されていましたが、バッチリ顔も映ったから1万ドル手に入れた事が知り合いにバレちゃいますね(笑)ちなみに先週(2回目)の問題はこちらでした。


 Q : グラミー賞を獲得した番組出身の歌手は?

 20070329011131.jpg20070329011157.jpg20070329015818.jpg


   A. テイラー・ヒックス
   B. キャリー・アンダーウッド
   C. ルーベン・スタッダード


なめとんのか!ってくらい簡単な問題となっておりますが、まぁこれもTV番組の懸賞付き問題にはよくあることですから別に目くじら立てる気は毛頭ありません。でもこれじゃあどうも手応えがなさ過ぎて物足りないわぁ!って方の為に私が飛び切り難しい問題を考えましたので挑戦してみてください。


 Q : 番組出身者の中で最もセクシーでキュートな歌手は?

 20070329014009.jpg20070329014035.jpg20070329014053.jpg


   A. クレイ・エイケン
   B. クレイ・エイケン
   C. クレイ・エイケン


どうですか~、これは難問でしょう!あえて言うならどれも正解?はい、それが正解!(笑)



やったぁーーーー!! 

遂に、遂に、遂にーー!!

クレイのコンサートに行けるーーっ!

今日のAM2時からOFC専用チケットの販売だったんですが、その争奪戦に私も及ばずながら参加させていただきました。結果は全然お役に立てなかったのですが、NCAさんと現地のHS Girlさんが無事予定枚数を確保してくださいました。

アーミン、ClayTNeilさん、NCAさん、HS Girlさん、本当にお疲れ様でした!

私はすっかり舞い上がって気分が悪くなってしまい1人PC前でパニクってたんですけど、アーミン、ClayTNeilさん、NCAさんとお電話でお話することが出来たのが何より嬉しかったです♪皆さんとってもステキなお声でしたよ~ 

今回8月3日分は無事入手できましたが、まだ他の日程のコンサート分も確保しなければならないしホテルや飛行機の予約もありますので、ホッとしている暇はないんですよね。ああ、でもこれで生クレイが現実のものとなりました。これが興奮せずにいられましょうか!結局その後も興奮状態が続き布団に入ったのがAM4時、多分AM5時過ぎには眠ったんだろうと思いますが今朝主人が出勤したAM7時に目が覚めてからも気持ちが高まって2度寝出来ずにそのまま起きてしまいました。午前中のこんな時間に記事書いてるなんてミラクルですよ(笑)

ご一緒させていただく皆様、今から楽しみですね~♪当日までワクワクしながら待ちたいと思います。


      ちょっと昔の画像だけど野外コンサートだからこんな感じでしょうか
    20070327093618.jpg




American Idol season6 (TOP20→16 Results Show) 

視聴者投票2回目にして既に完全に読めなくなってしまった感がありますが、今回はさらに男女各2名が落とされTOP16が決定となります。一応落選予想はしたんですがはっきりいって全然自信ありません。アメリカ視聴者の下した決断は?


TOP20のグループパフォは優勝者が決まってから見返したりするとまた楽しいんですよね。ソロパートの割り当てを見て「ああ、この頃はまだ番組もプッシュしてなかったのねぇ」なんてしみじみしたりして・・・。それままた後々のお楽しみって事でまずは男性陣からスタートです。1~3番目に名前を呼ばれたフィル・鶴瓶・サンダンスは余裕のセーフ、4番目のブレイクでちょっと心臓バクバク!あのセンス、アメリカ視聴者にも受け入れられているのか少々不安でしたが問題なくセーフ!5番目は私の苦手なジャレッドですが、ここでアウトじゃあ芸がなさ過ぎ?と思ったら案の定彼はセーフで落選者は何とニコラス!何で?彼はファイナリスト(TOP12)になると思っていましたからここで落ちるのは正直意外でしたね。続いて女性ですがこれは予想通りアレーナでした。2週続けていいところ無しはキツかったですね。泣いて歌えなくなっていましたが、AI落選者では珍しい反応でした。


ここでゲストとして昨シーズンのTOP6だったケリー・ピックラーが登場♪ん?んん?おいおいケリーちゃん、もしやあなたおやりになった?明らかに大きくなってる・・・。あれだけ大きかったらシーズン中絶対に「ケリーって意外と○○デカイね」って話題が私と主人の間で出ていたはず!田舎臭いけどフレッシュで可愛かったのに、何となく全体的に安っちい印象になっちゃったなぁ。でもライアンと喋リ出したらやっぱりケリーちゃんはケリーちゃんでした(笑)歌はつい審査のつもりで見てしまいましたよ。「ああ、今日は音程外してない!大丈夫♪」なんてね。


Results Showは続きます。男性陣の残りは4人、まずブランドンとクリスRがセーフとなりAJとサンジャヤの2人がステージに呼ばれます。イヤな予感はしてました。AJは私の落選予想に入れましたがこの面子なら当然落選はサンジャヤのはず・・・でも予感は的中しサンジャヤ奇跡のセーフ!落選はAJとなりました。アメリカ視聴者よ、何故?これ正直サンジャヤ本人も身の置き所がないんじゃないだろうかって思うのですが・・・。明らかに結果を残していないのに勝ち進んでいるんですからね。まぁ何かが視聴者の心を掴んでいるんでしょうから次回からは本領発揮してくれないと困ります。女性陣も似たような結果が待っていましたね。やっぱり美人枠ってあるのかな。あ、アントネラのことですよ。ステージにはレスリーとジョーダン、となればやはり落選はレスリーですよね。どうしても実力派に比べると印象が薄かったのでこれはアレーナに続いて納得の結果となりました。で、アントネラは居心地悪くないのかしら?


結果も大事でしたが今回のResults Showで私が最も言いたいのは、

サンダンス、泣き過ぎ!(爆)

落選者がラストソングを歌ってる時、毎回泣いてるじゃない!しかもカメラがしっかり映像拾ってる(笑)これで彼の好感度がアップしたのは間違いないですよね。まさかメソメソ泣く男はアメリカではNGですか?なかなか可愛い泣き顔でしたけどね♪くれぐれも自分のラストソングで泣く羽目に、なんて事態にならないように次回も頑張れ!サンダンス



American Idol season6 (TOP20 Performance) 

圧倒的に女性陣優勢だった前回の「American Idol season6」、4名が脱落し20人となった候補者達のパフォーマンスが始まります。いいとこ無しだった男性陣の巻き返しはあるのでしょうか?


いきなりライアン(スーツ姿最高にステキ)からテーマの発表があり、今週は「大切な人に捧げる歌」だそうです。各候補者がパフォ前に歌を捧げる人について語るVTRが流れます。日本のアイドルとは定義が違うので恋人や妻・夫、子供について熱く語る人多し。えっ!結婚してたの?って人も何人かいて軽い衝撃もありました(笑)このVTRで好感度上げた人もそうでもない人もいたようですが、今週もさらっと感想を・・・。


★ TOP10 Boys

フィル : この人上手いんですよね~。前回は選曲の段階で私の勝手な理由で却下してしまいましたが今回は聴き入りました。帽子かぶったほうがいいかも。
ジャレッド : 今週も甘い甘い雰囲気でしたが、あの仕草はゲゲッ!でした。見た目も声もいいけど優勝となると難しいような気がします。
AJ : 5回目の挑戦で念願のTOP24入り&VTRの内容で好感度は大。確かに歌は上手いけど動きが微妙・・・。
サンジャヤ : ンガ~~
クリス鶴瓶 : あんた結婚してたんかい!しかも奥さん美人!!テイラーも歌った「Trouble」をしっとり聞かせてくれました。テイラーほど味はないけどなかなか良かったですよ。今日は余計な事は言わない気弱な鶴瓶なのでした。
ニコラス : S5でパリスも歌った「Fever」を恋人に捧げたニック。パリスのパフォが素晴らしかったのでそれと比べると音程も不安定でグッとくるものはありませんでした。衣装も考え物ですね。
ブレイク : ジャミロクワイときたか!!歌の出来はともかくその選曲センスで完全にファンになりました♪来週は何歌うのかなぁ。オアシスとか?
ブランドン : 彼にこの曲は似合いませんね。歌い辛そうな印象で折角の歌唱力も生かせず。「感情面に訴えるのはやめろ!」というサイモン(子犬好き♪)のコメントに同意ですがそれでも懲りないブランドンに少々辟易。ポーラも何言ってるんだか!
クリスR : 今時の兄ちゃん風の彼がお婆さんを大切にしてるってだけで好感度アップ!「Geek in the pink」の元歌を知らないのでジャッジ絶賛もよく分かりませんでしたがそんなに良かった?
サンダンス : あんたも結婚してたんかい!しかも子供まで・・・。もう絶対失敗が許されない彼でしたが今回は聴かせてくれましたね!サンダンス復活でサイモンすら嬉しそうに見えました♪子供の合成写真に爆笑


★ TOP10 Girls

ジーナ : ダメだ~、どうしても彼女の良さが理解できない・・・。ただ大声張り上げているようにしか聴こえないんです。でも前向きな姿勢は好きです。
アレーナ : VTRは感動的でしたが肝心の歌は・・・どうしてTOP24に残したのか疑問です。見た目は申し分ないんですけどね。
ラキーシャ : 前回があまりにド迫力だったのでちょっと物足りなかったけどS5で同じ曲を歌ったパリスよりこなれていて安心して聴いていられます。髪型で随分印象が変わりますね。ライアンに夢中のお婆さん、お若い!
メリンダ : 聴かせてくれました♪いい友人にも恵まれているようだし、全候補者の中で一番頑張ってほしい人です。サイモンべた褒め!本当に気に入っているのが表情から分かります。
アントネラ : 只でさえ実力派2人の後はキツいのに選曲がセリーヌって自殺行為でしょう。パフォについてはもう「この曲クレイも歌ってる・・・」などと言う気も失せます。お粗末パフォでもジャッジには噛み付いたりして、感じ悪!
ジョーダン : 17歳でこんなに完成されているとどうしても“芸達者”という見方をしてしまいます。自分のVTR見て感極まって泣いてましたが、見た目に反して何と言ってもまだ17歳ですもんね(^^;)仕方ないか。
ステファニー : 確かにビヨンセのモノマネっぽかったけど、それだって歌唱力がなければ出来ないことですからね。問題なく勝ち残りそうです。彼女自身も魅力的ですがお父さんがハンサム!
レスリー : 不可思議なパフォとでも言いましょうか・・・。自分の実力以上の事をしようとしたって感じでした。前回落ちた2人に続き印象の薄さが気にかかるところです。
ヘイリー : ここは天下のAIステージパフォの場、サイモンに少々キツい事言われたくらいで泣いてどうすんの?嬉し涙なら気持ちいいけどこういうのは興ざめです。私ちょっと冷たいかな?
サブリナ : ステージ慣れしていて堂々としたパフォは安心感があります。大物歌手の歌だとすぐオリジナルと比べられちゃいますが、彼女はいい方だと思いますがどうでしょう。今回は一段とキレイに見えました。



今回は男性陣が危機感を感じてか、かなり頑張ったのではないでしょうか?女性陣実力派も期待通りのパフォでしたね。一応各候補者の名前と顔も一通り覚えたのですが、悲しいかな熱狂的に応援する人はいまだ見つかりません。それも今シーズンいまいち盛り上がれない原因なんですよね。実力が伴った強力な個性の持ち主ってそうそういるもんじゃないですね。


あんまり自信のない結果予想ですが、男性はジャレッドとAJかなぁ。どうせサンジャヤは残るんでしょうから!女性はアレーナ・アントネラ・レスリーあたりが危険だと思います。アントネラはこの辺で落ちなきゃおかしいでしょう。が、まったく読めないアメリカ視聴者の選択は多分・・・。Result Showのゲストはケリーちゃんだそうです♪テイラーはどうしたぁ!



想像力の暴走 

近頃目新しいクレイの画像&映像がなくてちょっと寂しいですね。それでも何かないものかと海外ファンサイトを彷徨っていてふと目にした画像、途端に私はとんでもない想像を巡らせてしまいました。


何だかこのクレイの表情、キスする直前みたいじゃないですか?


     「ん~~~っ!!
   20070325023020.jpg



うわぁーっ!自分で書いておいてめっちゃ恥ずかしいっ!!でも一度想像したらもうそうとしか見えなくなってしまいました~(笑) Tyraはクレイとキスした時こんな顔のクレイを見たんでしょうか?あ、でもあの時Tyraは目をつぶっていましたね(妙に記憶が鮮明なのは何故・・・?)


そしてもう一枚見つけました・・・ジッパー確認中のクレイ(爆)


     「確か閉めたはず・・・」
   20070325023051.jpg



昨日はとっても疲れていたんです。そんな時はつい本来の偽りの自分が顔を覗かせてしまうようですね。こんな想像をするのは本当の私ではないのです!すべて疲労のせいなんですよぉぉ もう寝よう・・・。



Who's your favorite singer? 

以前にも書いたように私の通っている英会話教室のテキストにAI2のクレイの写真が掲載されているのですが、遂にそのページを勉強する時がやって参りました!いつもは緊張して心なしか元気がないんですがこの日は俄然やる気満々!クレイのことなら任せといて、とちょっと勘違い気味に盛り上がる私でした(笑)


      20070322165618.jpg



本日(正確には昨日です)のクラスは私の他におばさまが2人の計3名で行われました。宿題として出されていた項目を3人で順々に質問し答えていくのですが、質問内容は次の6つです。

  What's your favorite kind of - music?
                    - movie?
                    - TV program?

  Who's your favorite - singer?
               - actor?
               - actress?

どの質問も答えを多めに用意してあったので特に苦もなく楽しい会話が進んでいきましたが、もう私の頭の中は4番目の質問 Who's your favorite singer?の答えが駆け巡っている状態で微妙にソワソワ・・・。好きな映画やTV番組の話も結構好きな話題だったんですが、もうテキスト左下のクレイの写真が気になってついチラ見してしまう私。そして遂に!あの質問が私に投げかけられます!!

  「kotobuki, who's your favorite singer?」

ほほぅ、それをお聞きになりますか。この私にそれを聞いちゃうんですね?それじゃあお答えいたしましょう!

  My favorite singer i~s Clay Aike~~n!! 

はい、この時の私明らかに他の質問の答えとは別格の超ハイテンションになっておりました(笑)すかさずクレイの写真を指差し「It's him!so cute!!」とか何とか・・・目ん玉ハートにしておばさま達にアピールするも、反応は「へぇ~、この人歌手なの?」って、それだけですかぁ? 先生は「ああ、そうだね。その写真は彼だね~。」と言ってくれましたが、如何せんTVは殆ど見ずポップは好きじゃないと仰る彼ですからクレイのこともあまり知らないみたい。


ここから頼まれもしないのに1人クレイ語りに突入! I'm talking about Clay でございます(英語合ってるのかな?)。つたない短い英文で大体次のようなことを喋ったと思います。

  「He is a very famous pop singer.」 (これ大事!)
  「I'm big fan of Clay.」  
  「I learn English for him.」 (先生失笑)
  「He has amazing voice and he is a man of character.」
  「A~nd he is good looking, don't you think so?」 (おばさま達反応薄っ)

続けてクレイのステキなところ(beautiful green eyes, long long eyelash, pretty freckles, perfect profile等々)を挙げていこうと思ったんですが、いっぱいあり過ぎるし何か皆さんのノリが悪かったのでそれはあきらめて、「I'm crazy about him!」で締めました。本当は「He is a sexiest man in the world.」って言いたかったけど・・・それこそ全員大失笑でしょうから止めときました

 ※ 私の英語で間違っている箇所がありましたら教えてください!


こうしてクレイの写真ページの授業は終了しました。こんな可愛いクレイの写真を見て反応薄なおばさま達にはちょっと驚きました~。どうしてなの?ヨン様じゃないから?この分じゃクレイ布教活動はちょっと無理だなって感じで非常に残念です。あ、それから「自分のブログで英会話のテキストにクレイの写真が載っているって記事を書きました。」って話もしました。とにかく私がクレイの虜である、という事実だけはバッチリ伝わったと思います。


私1人が盛り上がっちゃいましたが、クレイを語るって本当に楽しいことです♪たとえそれが苦手な英語であっても・・・。オフ会などで皆さんとお会いできたら、それこそ時間が経つのも忘れてクレイについて語り合っちゃうんだろうな~ そんな機会がありましたら思い切りクレイ語りしましょうね!!



無防備クレイに癒される・・・ 

先日ロス空港に髭ボーボー姿で現れたクレイにはすっかり驚かされましたね。AI5フィナーレから待ちに待たされてやっと私達の前に現れてくれた時はめちゃくちゃキュート&セクシーだったのに~。まぁオフだからどんな格好をしようと構わないんですが、あまりに無頓着すぎてクレイじゃないみたい。


バッチリキメていなくても充分ステキな時だってありましたよね。昨年9/19のGMAリハーサルのクレイがそうです。よれよれの重ね着シャツに寝癖のついたスタイリング前の髪、でもいつも以上に目がクリンと大きく見えてまるで小動物のような可愛らしさです♪(以前の記事でフェネックに似てると書きましたね) 何だかとっても無防備な感じで見ていてとっても癒されるんですよね~。その時の映像をお馴染みSLCさんがアップして下さってます。この映像、スタジオの外から撮っているのでクレイの声は一切入っていません。だから音を消してご覧になることをお薦めします(結構騒がしいですから・・・)。


      ★映像はこちら   GMA Pre-Rehearsal 1 /  / 
                  GMA Rehearsal ATD / WY

     20070321034319.jpg




私は基本的にoldクレイのほうが好みなんですが、この時期のnewクレイは本当に魅力的でした。セクシーさの中に少年っぽさを残したこのルックス、本番のスーツ姿もたまりませんでしたね。でも飾らない無防備クレイが最高に愛くるしく感じる今日この頃です。


       この寝癖ヘア最高(笑) 寝起きのクレイってこんな感じかなぁ?
     20070321034156.jpg



       横顔は相変わらず完璧です!
     20070321034143.jpg



       笑顔もキュート
     20070321034211.jpg



       上目使いもまたまたキュート
     20070321034228.jpg



           わ!その罪な伏し目だけは勘弁して~!!
        20070321042115.jpg



       後ろ頭も形が良くてステキですね~       
     20070321034335.jpg



         こっ、これぞ小動物系の可愛らしさ!!
       20070321034241.jpg




こちらの写真は寝癖がなくなっているので収録後のようですね。若干衣装との違和感が出てきていますがこれはこれでまたステキです。何ともまぁ、爽やかさんじゃないですか。やはりイイ男は小ざっぱりとしてたほうがいいですね♪


       20070321040904.jpg

       20070321040923.jpg




50000Hits達成! 

我がブログ「A Thousand Different Clay」もお蔭様で50000Hits達成となりました。
いつも申し上げておりますが、私のつたない文章にお付き合いいただき温かいコメントを残して下さる多くの皆様に心より感謝いたします。本当にありがとうございます。



 20070320190258.jpg




約半年で総記事数が275って、よくそんなに書くことあったなぁ・・・。クレイの記事だけで184も書いていたという事実に、本人が一番驚いています(笑)でもクレイに関してはまだまだ書きたいことがいっぱいありますし、クレイが活動を続けてくれる限り話題に困ることもないでしょう。この先どれだけ記事数が増えるのか分かりませんが、本国Claymateさんの力をお借りしてステキなクレイ画像&映像をお届けしたいと思います。


私は読書好きで長年文章を読んできていますから、自分に文才がないことはブログをやっていてイヤというほど痛感しています。クレイの記事だけでなく「アメリカン・ダンスアイドル」や「American Idol season6」など人気番組の記事を書くようになって新たに訪問してくださる方も増えましたが、嬉しいと思う反面この文才の無さがもどかしいというか恥ずかしいというか非常に複雑な気分です。読み辛い・言いたい事が分からない・底が浅い等、難点は多々あるかと思いますが、もっと皆さんに分かり易いセンスのある文章で記事を書こう!と日々葛藤しておりますのでどうか今後ともよろしくお願いいたします。



クレイのICNAFM 

AI6のTOP24パフォで候補者の1人であるフィルが歌った「I Could Not Ask For More」、記事ではクレイが歌った曲だから却下!と冷たい書き方をしましたがそう言ってしまいたくなるほどクレイのパフォは素晴らしかったのです。


'03年4月22日、AI2のTOP6“Diane Warren”Nightでクレイが歌ったICNAFMを聴けば、その当時同じAIの候補者としてどんなにクレイのレベルが高かったのかがよく分かります。


       ★映像はこちら   ICNAFM / Clay Aiken

     20070319001152.jpg



歌が素晴らしいのは言うまでもないことですが、やはり私はAI2の頃のクレイが大好きなんですよねー。昨日どうしてもクレイのICNAFMが見たくなって映像に手を付けたが最後、結局AI2での全てのパフォを見ることに・・・。キュートなAI2のクレイ最高


     20070319002123.jpg

     20070319001917.jpg




American Idol season6 (TOP24→20 Results Show) 

今シーズンは男性陣不作と判明した「American Idol season6」、得票数の少なかった男女各2名の計4名が落選となり24名が一気に20名に。果たしてアメリカ視聴者はどんな判断を下したんでしょうか。関係ないですが、やはりライアンにはスーツが似合いますね。イイ男度格段にアップ!


TOP24のグループパフォの後、男性陣から発表です。クリス“鶴瓶”スライが前回の非礼をサイモンに詫びていましたが本来ならそれは投票前にやっとかなくちゃ!結構批判があったんでしょうかね。何だかイヤな予感・・・。まず1人目の脱落者はアジアの星☆ポールでした。私も落選予想に入れてましたし、同じアジア系としては残念ですが仕方なかったかなぁといった感じです。続いて女性1人目の脱落者はアントネラ・・・・ではなく影薄いエイミーでした。アントネラはセーフですか、そうですかー。エイミーは可哀想だけどサイモンの指摘通り本当に何を歌ったかも覚えていないくらい印象が薄かったので、指示を得られなかったんでしょう。


AI3優勝者のファンテイジアがゲストで登場!これは、クレイの出演もあるかもしれないと期待が膨らみます。今のところまだ出演決定の話は聞きませんが、昨年同様ファイナルに出演してくれないでしょうか。今度は1人でね!(サンデキいらん)


発表は続きます。女性の脱落者2人目は選曲ミスのせいか、ジャッジに対する態度が反感を買ったのか、サイモンいわくうぬぼれ屋のニコールとなりました。結構好きな声質でしたが何となく納得の結果です。そして最後に男性2人目の脱落者ですが、ステージにはサンジャヤとルディが残されています。1人は男性のトップ4に入っていてもう1人は脱落・・・普通に考えたら脱落はサンジャヤ、でもそうならないのがこの番組の恐ろしいところです。何と!脱落はルディでした。やっぱりサンジャヤは人気あったんですね。あのパフォで男性のトップ4って・・・(^^;)昨年のチキンリトル枠でしょうか?


あー!!クリス鶴瓶良かったーっ!サンダンスも次はしっかりね。今回の選曲センスですっかり応援モードに入ったブレイクにも頑張ってほしいです。女性陣は言うまでも無くラキーシャとメリンダ、そしてステファニーの3強を一押しということで、次回のパフォを楽しみにしています。いやいや、しかしアメリカ視聴者は相変わらず何考えてるんだか読めませんっ!(笑)



American Idol season6 (TOP24 Performance) 

スタジオのセットをひと目見て思わず「懐かしいっ!」と一年前に思いを馳せてしまった「American Idol season6」もいよいよTOP24のパフォとなり今回から視聴者投票が始まります。ちょっとドレスアップしたライアンとジャッジ(特にサイモン)との掛け合いも楽しみですね。


TOP12のBoysとGirlsそれぞれのパフォをぶっ通しで4時間放送というFOX JAPANのかなりムリな番組スケジュールにちょっと疑問を抱きつつ、頑張って見ましたよー。昨シーズンはこの時点で既にテイラーの個性、エリオットの歌唱力、マンディーサの迫力等々見どころ聴きどころ満載で目が釘付け状態だった訳ですが、如何せん今シーズンは・・・(^^;)前半の男性陣の退屈なことったら、番組見てて眠気を覚えたのなんて初めてですよ。24人もいるのでごく簡単に勝手な感想などを。


★ TOP12 Boys

ルディ ・・・ トップバッターで緊張したのか声が上ずりっぱなしでしたね。目が怖いよぉ。
ブランドン ・・・ 上手いんだけど飽きちゃう。何だか古臭さを感じます。
サンダンス ・・・ 一番期待外れ。この人上がり症なんでしょうか?
ポール ・・・ 誰かに似てると思ったら、石丸“世界の車窓から”謙二郎さんだ!歌い方が大げさで気持ち悪いです。
クリスR ・・・ 予選がASFYで今回はIDWTBって、もしやエリオットファン?パフォはまぁまぁでしたがお父さんが最高♪
ニコラス ・・・ 歌ってる声より喋っている時の声のほうがセクシーです。パフォは退屈でした。
ブレイク ・・・ おお!まさかキーンの曲が聴けるとは!歌自体はちょっと音外してたけどそのセンスに俄然ファンになった♪
サンジャヤ ・・・ 眠い~
クリス鶴瓶 ・・・ 一押し鶴瓶、喋りは最高だけどパフォは余興っぽくてイマイチ、残念です。
ジャレッド ・・・ ルックスも声も甘~いですね。なのに印象薄いのは何故?でも人気出そう。
AJ ・・・ 執念の合格者登場!愛嬌たっぷりだけどカリスマ性はないかな。
フィル ・・・ クレイがAI2で歌った曲、という時点で却下!だってクレイの足元にも及ばないんだもの。


★ TOP12 Girls

ステファニー ・・・ 上手い!でもどうしてもファンテイジアを連想してしまいます。それって不利ですよね。
エイミー ・・・ 印象薄っ!全員歌い終わった頃には確実に記憶から消えてます。
レスリー ・・・ こんなにキレイだった?でも際立つ個性がないですね。
サブリナ ・・・ 情熱的なルックスと歌声、バッチリ印象に残りましたよ~。
アントネラ ・・・ あ~あ、やっちまった。確かにルックスは抜群なんですけどねぇ。
ジョーダン ・・・ これで17歳?すごい才能ですが、昨年のリサやパリスのような衝撃はないですがいい線いきそう。
ニコール ・・・ この人の声は好きなんですが選曲ミス?批評後の態度がいただけません。
ヘイリー ・・・ 舞台映えしますねぇ♪でも今回は曲がイマイチだったのかも。次回に期待です。
メリンダ ・・・ 待ってました!すっごいハイレベルで他のパフォなんて一瞬で吹っ飛びました。サイモンかなり気に入ってるご様子。
アレーナ ・・・ メリンダの後だけにレベルの違いは歴然。キュートだからかライアン肩入れ疑惑が持ち上がりましたが真相は?(笑)
ジーナ ・・・ この人の魅力がどうしても分からないんですが、今回も分からず仕舞い。セリーヌの印象が強い曲はマズイでしょう。
ラキーシャ ・・・ 最高の歌唱力がなければ絶対歌えない旬の曲を見事に歌いきりましたね。サイモンの「参ったね、こりゃ」って顔が可笑しかったです。いやいや、スゴイな。
  
  

誰がどう見たって女性陣に抜きん出た実力者が3,4人いることは間違いないです。何だかなぁ、男性陣はどいつもこいつもパッとしないというか、これがTOP12だなんて正直ちょっとガッカリですよ。サイモンも「今年は不作」ってハッキリ言っちゃったよ~!でも確かにそう言われても仕方ないパフォだったと思います。不甲斐無いぞ、男性陣!
  
  
で、勝手に落選予想などしてみました。男性はサンダンスとサンジャヤとポールの3人がヤバイのではないかと思うのですが、サンジャヤは人気ありそうだからなぁ。女性は印象薄いエイミーとレスリー、パフォでやっちゃった感のあるアントネラとアレーナあたりでしょうか?今夜の結果発表が楽しみです。



  

いよいよ始動!Christophe Willem 

Nouvelle Star昨シーズン優勝者であるクリストフ・ウィレムデビューシングル「Elu Produit De L'annee」のPVが出来上がりましたー!実はシングル自体は既に2月に発表されていたんですが、試聴したところ限りなく微妙な感じだったのであえて記事にしませんでした(^^;)で、このPVなんですが、曲以上に果てしなく微妙です(笑)まぁ、まずはご覧ください。


  ★ Elu Produit De L'annee / Christophe Willem




踊ってる♪踊ってる♪クリストフが踊ってる~ ダンサーのお姉さん達に軽々と持ち上げられちゃってるのがウケました(笑)裏地がピンクの黒いスリムスーツに水玉ネクタイがとっても似合ってます。でも映像は一種独特な雰囲気があってちょっと一言では言い表せません。mimiさん情報によると歌詞も不思議な内容だそうで、全体的に“不思議感”漂う作品と言えそうです。特にダンサーの衣装と振付が「???」ですね(笑)


正直初めて曲を聴いた時は「これって・・・どうなんだろう?」と疑問に思ったものですが、映像と一緒に繰り返し聴いているとすっかり耳についてしまい、いつの間にか鼻歌歌っちゃってました。クリストフの声は相変わらず透明感があって高音が素晴らしいし、ミュージカル映画に出演経験があるだけあって踊りもサマになってるし、何よりクリストフ自身がキュートじゃないですかぁ 実際フランスではどんな評価を受けているのか気になりますが、高セールスを記録してくれるといいな~。



          バンドのメンバーは皆クリストフとお揃いのメガネ
        20070317021925.jpg



        打ち合わせ中のクリストフ
      20070317021848.jpg



        化粧直し中のクリストフ(素顔カワイイッ!!)
      20070317021907.jpg




楽しいな♪GIF動画 Part.7 

寒い!眠い!勉強がはかどらなーい!!いきなり愚痴っぽくてごめんなさい。どうにも記事を書く気力がないので、そんな時は恒例(?)GIF祭りで景気よくパーッといきましょう!



★カメラも回れば目も回る~ クレイのSolitaire


 AI2で「Solitaire~」
 20070316205309.gif


 AI3で「Solitaire~~~~~~」
 Image




★理性もぶっ飛ぶ!Sleeping Beauty クレイ


 確かkissで起こすんでしたよね・・・お任せを!
 Image




★その威力や如何に?クレイのパンチ


 何か弱っちいな~(^^;)
 Image

 Image




★ルーベンと一緒で超リラックス?


 クレイ大股開きですね(笑)
 Image




★Krispy Kremeドーナツを食べるクレイ


 「こいつぁうめぇや!」
 Yummy.gif





★マイクスタンド妊娠説の真実!!


 これは確実に妊娠しちゃってますね(^^;)
 Image

 Image Mic.gif



 あらら!ケニーまで・・・
 Image




★閉じた目と開いた目、どちらがお好き?


 何といっても開いてるほうがステキ♪
 Image


 いやいや、閉じた目もセクシーだわぁ
 Image


 あ~、でもやっぱり開いて!「忙しいな~。どっちなんだよぉ!」
 Image




今回はこの辺で・・・ではまた次回~。最後にこちらをどうぞ 「えいっ!これでも食らえー
Image


Link追加のお知らせ 

新たにLinkに1件追加しましたのでご紹介します。


★ 紫陽花日記2


今が旬のアメリカン・アイドルをはじめ映画、音楽、そしてフィギュアスケートの話題が盛り沢山の紫陽花さんのブログです。NCAさんのブログにもリンクされているのでご存知の方もいらっしゃるかな?とても文章がお上手で読みやすく私などは羨ましい限りです。皆さんも是非遊びに行ってみて下さい♪



American Idol season6 (The Green Mile) 

期待していた展開はなかった「American Idol season6」ハリウッドラウンドも、いよいよTOP24の発表を残すのみとなりました。ここまで勝ち残った40名から16名が落とされ、男女各12名が本選へと進みます。さすがに人数が少なくなったので「あ、この人残ってたんだ~」「あの人はもういないのね・・・」といろいろ確認ができました。
トップバッターのサンジャヤ君、前回の最後に惜しくも不合格となったお姉さんと抱き合って泣いていたシーンを見るまで存在を忘れてました(^^;)でも見事TOP24入り出来てよかったですね。私のお気に入りクリス“鶴瓶”スライはどんな時もユーモアを忘れず、サイモンによれば参加者の中でも人気者とか。合格を告げられた時のハの字まゆの笑顔が意外と可愛かった♪


前回自ら辞退したニコラスは別として再挑戦組のジーナとAJが合格ということは、全体的なレベルも下がったという事でしょうか。もちろん再挑戦組も練習を重ねて上達したのでしょうが、正直あまり魅力を感じないんですよね。今回特に女性陣の何人かは似たような雰囲気(ちょっとセクシー系のカワイコちゃん)で一人ひとりがほとんど印象に残らないんです。同じような子を何人も合格にして個性的なタミーが不合格だったのも納得いかないです。彼女が選ばれないなんて・・・。
女性の合格者ではバックコーラス出身のメリンダ(サイモンお気に入り?)とファンテイジア似のステファニー、そしてシングルマザーのラキーシャの3人に頑張ってほしいですね。3人ともパワフルシンガーで実力は申し分ないのできっと今後も勝ち残ってくれると期待しています。男性陣も予選から注目されていたブランドン、フィル、ブレイク、ルディ、クリス(スライじゃないほう)が次々合格に。そして嬉しい事にアジアの星☆ポール・キムも見事TOP24入りを果たしました!これは同じアジア人として是非応援していきたいです。


恒例(?)最後の2人となったのはマリサとアントネラ、そしてトミーとサンダンス。まずは女性から、エレベーターの中で「どちらが受かっても友達よ~」とか言ってたマリサは絶対自分が合格だと確信していたんでしょうね。でも実際選ばれたのはな・ぜ・かアントネラ。これはマリサでなくても「は?何で?」でしたね。実に不可解な結果としか言い様がなかったです。最後まで待たされて精神的にもギリギリだったであろうトミーとサンダンス、どちらも実力派でしたがTOP24入りはサンダンスでした。グループ審査で茹で上がったみたいに真っ赤だった彼ですが、この時も同様にゆでだこ状態(笑)本選では本来の実力を見せてほしいです。


エレベーターを降りてジャッジの前にある椅子までの長い距離を歩いていく参加者の姿・・・なかなか絵になる光景ですが、昨シーズンのテイラーのような心に残る光景を見ることは出来ませんでした。あれは印象的過ぎましたね。次週からはスタジオに場所を移して視聴者投票によって勝ち残っていく形式となります。誰が落ちるのか予想してアメリカの視聴者と同じ選択かどうか見ていくのもまた楽しいですよね。ますますネタバレには注意しなければ・・・。


え~とですね、番組終了後のAKB48の取って付けたようなつたないお喋りですが、この世で一番どうでもいい会話にしか聞こえないんですけど・・・。これFOX JAPAN宛てに結構クレームきてるんじゃないんでしょうか。私のまわりで「番組サポーターのAKB48イイよね!」なんて評判は聞いたことないですよ。ハッキリ言って、この子達 い・ら・な・いです!!



Clay's Slide Show part.5 

天気の悪い日曜日、なんだか気分も滅入りがち・・・。
そんな時はお気に入りのクレイを集めてスライドショーを作りましょう~♪

ということで、テーマは以前JNaTのnewクレイで作ったことのある皆さんも大好きな完璧すぎる美しい横顔でいってみましょう!


  ★ Perfect Profile ~oldクレイ編~





にゃはは♪可愛い・・・ どよ~んとした気分の時も、ちょっとイヤな事があった時も、キュートなoldクレイですべて解決!これで爽やかな月曜日を迎えられそうです(単純・・・)



American Idol season6 (Road to the Green Mile) 

待ちに待った「American Idol season6」ハリウッドラウンド~!シーズン5では候補者達の一喜一憂する姿や様々な人間ドラマが見られて面白かったのに、なんと今シーズンはたった1時間の放送で、来週はもうTOP24の発表?端折り過ぎと違いますか?あまりにあっけなくTOP24前の選抜までを見せられて、特に感想らしい感想もなかったです 強いて挙げればサンダンス・ヘッドとクリス・スライが残ってくれててホッとしたってことでしょうか・・・。
続きを読む

FOXlifeHD で 「Without You」 

ある事があってFOXに愛想を尽かしている最中ですが、番組ラインナップの誘惑に負けていまだ見続ける情けない私です。相変わらずAI関連のPVが流れていますが、先月辺りからFOXlifeHDでも同様に流し始めました。一応注意して見ていたんですがいつもクリス・ドートリーばかり。半ば諦めていたら、今日のお昼過ぎにようやくクレイのWithout Youを見ることが出来ました♪まぁ何度も見たPVですけど、ハイビジョンで見るクレイはまた一段と美しい~ また録画しようかと思いましたが“アメリカンアイドル シーズン6”のタイトルデザインがPV画面に被さってジャマなんです(^^;)もうちょっと考えて~。


頻繁に流されるクリスのPVですが、近頃はひとり語りバージョンも流れたりしてファンにはたまらないでしょうね。それよりも優勝者であるテイラーのPVがないのはどうしてなんでしょうか?今時PVを作らないなんてちょっと考えられないですよね。クリスのお喋り映像もいいんですが、だったらクレイのA Thousand Daysも流してくれてもいいのでは?WYのPVを見てファンになる方も確実にいらっしゃるんですから、もう少しクレイを推してくれると有難いですね。


       ★ A Thousand Days / Clay Aiken

     20070309144738.jpg

     20070309144806.jpg

     20070309144852.jpg

     20070309144945.jpg




Learning to Sing 

既に読まれた方や現在読んでいる途中の方のお話や感想を聞かせていただき、私も英語の勉強を兼ねてクレイの「Learning to Sing」を注文(ハードカバーじゃないほう)していたんですが、今日の午後やっと手元に届きました♪パラパラッとめくってみた感じは・・・微妙 1ページ目から知らない単語がいくつも目に入ってきて、これ私に読めるのかなぁと少々不安になりましたが、表紙のWild Foxクレイが「頑張って読んでみて!」と言っていると勝手に妄想することに。


         20070308175913.jpg



ブログに遊びに来て下さるmikaさんに薦めていただいて、同書をクレイ本人が朗読したCDも併せて購入してみました。本と照らし合わせながら早速聴いてみると、クレイの喋りが早い!早い!早い!!目で追っているにもかかわらず「あ、あれ?今どこ読んでるの?」と何度も朗読箇所を見失ってしまう始末です。しかしこの速度に慣れないとクレイの話を理解することは出来ないんですよね~。これは厳しい・・・(^^;)


        20070308180111.jpg



でもこのCDのクレイ、歌っているときともトークショーやインタビューで喋っているときとも違う“未知のクレイ”って感じでちょっとドキドキしてしまいます これをオーディオプレーヤーに入れて外で聞くのはあまりにも危険かもしれません。ニヤニヤ笑いが止まらず完全にアブナイ人になること間違いなしです!あ~、もうそんなことばかり言ってないで勉強!勉強!その為に購入したのに既に横道に逸れまくっていますが、この本はとてもいい内容とのことですから辞書を片手に頑張って読みたいと思います。



「DREAM GIRLS」 

本日レディースデーを狙って、遅ればせながら「Dream Girls」を観てまいりました!アカデミー効果で混んでるかと思いきやそうでもなくマナーの悪い人もいなかったので気持ちよく観賞できました~。


肝心の映画ですが、うらばんさんブログでも書かれていた通りじっとしているのが難しかったですね。気付くと軽く頭振って足でリズム刻んでました(^^;)ジミーとドリーメッツの「Fake Your Way To The Top」はもうノリノリで最高!この曲は以前FOXで放送していた「アメリカン・ダンスアイドル」でベンジー&ハイディが踊って大絶賛でしたので、映画でこの曲を聴くとどこからかベンジーが飛び出してきそうで・・・(笑)コメディでないエディー・マーフィーもなかなか良いですね。アカデミー賞を逃したのは残念でした。


        20070307212855.jpg




そして何といってもジェニファー・ハドソンのド迫力に圧倒されっぱなし&鳥肌立ちっぱなしの2時間でした!とにかくすごい歌唱力ですね・・・。こんなに才能豊かでも優勝できないAIって不可思議だなぁ。ビヨンセやエディー・マーフィー他、出演者達の歌はどれも素晴らしかったです。ジェニファーに押された感のあるビヨンセも「Listen」では聴かせてくれましたね~。役柄の心情と歌の歌詞が相まってこちらの胸にもグッとくるものがありました。でも一番印象に残っているのはやはりジェニファーの「And I Am Telling You I'm Not Going」です。背筋がゾクゾクッとするほどの歌唱力と表現力、これ是非ブロードウェイミュージカルの舞台で生で歌って欲しい!初出演の映画でこれだけの役をもらい更にGG賞&アカデミー賞も受賞、逆に次回作を選ぶのが相当難しくなったのではないでしょうか。


        20070307214355.jpg

        20070307214423.jpg




見終わった直後の感想は・・・もう一度観たい!!感動を引きずってそのままタワレコでサントラ買ってしまいました(笑)そうしたら映画館で見かけた女性2人組がやはり「Dream Girls」のサントラを買いに来ていました。皆思うところは同じなんですね♪久々にコメディやサスペンスじゃない映画を観ましたが、これはオススメです。まだの方は是非!


        20070307215212.jpg




American Idol season6 (The best of the rest) 

長ーい地方オーディションもようやく終了して次回からいよいよハリウッドラウンドへと舞台を移す「American Idol season6」ですが、その前に未公開シーンの特集です。ヘンな人特集だけじゃなく本放送で流さなかったその他の合格者の映像もあり、結構これは!って人もいたりして最終チェックには丁度良かったです。


不合格だったけど印象に残ったのがポーラの大ファンというエドワード、歌は問題外でしたがポーラに会えた喜びがこちらにも伝わってきて好感持てました。ポーラとハグしている時の感無量な表情やキスしてもらった後に肩をすぼめて照れる仕草は見ているこっちまで嬉しくなってきちゃいます。そう、自分とクレイに置き換えて妄想しているから・・・ 会場を出る直前までは冷静に受け答えしていたのに、外に出た途端飛び上がって喜んでいたのが可愛らしかったです♪


再挑戦組では見たことある顔が・・・。シーズン5でハリウッドラウンドまでいったサイモンファンのジーナは今回も見事合格でした。確か歯科助手をしていてバンド活動をやっていたと記憶しています。個人的には特に魅力を感じないんですがジャッジは全員文句なしの合格って感じでしたね~。今回は勝ち残れるでしょうか?そして泣き虫カウボーイのギャレットと一緒にグループ審査で落とされた低音が魅力の彼(名前が分かりません!)も再度の挑戦で見事合格した模様です。何といっても彼はシーズン5フィナーレで堂々とコダックシアターで歌った経歴があるんですからねー(笑)


本放送で映さなかった合格者達も何人か紹介されていました。60年代のビッグスターのような迫力といわれた29歳のタミは貫禄充分で存在感もあり且つ個性的、サイモンベタ褒めで余裕の合格でしたね。不思議な魅力のある女性ですので是非勝ち残ってほしいです。ウィリアム・ハンが植え付けたアジア系は歌がヘタという悪い印象を払拭してくれた25歳のポール、本当に歌上手いです!ありがとう、ポール(笑)アジア系代表として頑張って!ローラースケートを履いたウェイトレス3人組では23歳のエボニーが抜群の歌唱力と最高のルックスで合格に。サイモンも「amazing!」って言って目丸くしてましたね。化粧の濃い17歳のアシュリーは助言してくれたポーラにNGワード(笑)を言ってしまったものの合格になりましたが、時間の問題って気がします。迫力満点でちょっとマンディーサを思わせる26歳のラキーシャはすごい実力派、ジャッジ絶賛で余裕の合格でした。未公開分の中に結構スゴイ人たちいるじゃないですかー!ハリウッドラウンドが楽しみになってきました♪


そのハリウッドラウンドの映像が少し流れましたが、またまた一波乱ありそうな予感!メンフィスオーディションで合格したあのサンダンス・ヘッドがピンチに陥るみたいですが、果たしてどんな結果になるんでしょう。次回に乞うご期待!


※ 全然関係ないんですが、何気にサイモンのマイスペ覗いたらこの状態になってました!もしかしたらスタッフ
   かもしれないけど何となく嬉しかったのでご報告♪



           20070305141859.jpg




American Idol season6 (San Antonio Audition) 

遂にここまできました!「American Idol season6」最後のオーディションはテキサス州サンアントニオから。これが最終のチャンスということで大勢の参加者が集まり受付が始まる頃には長蛇の列が出来ていましたね。


今回はなかなか有望そうな合格者が多かったように思います。24歳のヘイリー・スカレナトは口元のほくろがセクシーで見た目は申し分なし、歌唱力もそれなりだったのですがジャッジの評価はイマイチ。でも辛うじて合格となりました。私はこの人の声は結構好きなので頑張ってほしいです。16歳のベイリー・ブラウンは不幸ネタなしのケリー・ピックラーのようです。テキサスの片田舎に住み性格も素直そうだし、キュートなルックスと確かな歌唱力を持った、サイモン曰く“金の卵”だそうです。本選に進めればケリーちゃんのように強力なファンを獲得できるでしょうね。関係ないんですが、ベイリーパパが家族の女性達のバッグを全部持たされていたのが密かにウケました(笑)


面白かったのはいとこ同士で参加した25歳のウィリアムと23歳のアクロン。14歳からアクロンの家にやっかいになっているというウィリアムは驚くほどの音痴で思わず吹き出してしまいました(笑)不合格でも極めて冷静なのにわざとキレたフリをするのが最高でしたね。それを見てなぐさめるアクロン、2人ともいい関係なんですね。そのアクロンはテイラーもベガスオーディションで歌った「A Change Is Gonna Come」を歌うもサイモンから退屈だと言われ、顔が曇ってしまいます。ポーラに「喋ってないでサイモンを驚かせたら?」と言われた途端に「よし!やってやる」って顔に変わったのが印象的でした。そして2曲目を歌って見事合格!この人も応援していきたいです。


一度不合格になりながら直後に呼び戻され再度オーディションを受けて合格、という異例のケースとなったのがキレイな目をした18歳のアシュリンです。ルックスは素晴らしく声も独特なのですが、歌う時の表情に問題があるとのこと。サイモンは最初から合格でしたが一度は不合格としたポーラとランディも意見を変え、ポーラは「癖は努力すれば直すことが出来る」と言っていました。ジャッジにここまでさせる程特別な何かを持った彼女ですから、クレイのように忠告や助言を素直に受け入れて努力すればいいところまでいけるかもしれませんね。


さて,今シーズンのオーディションでのキーワードは“Other Door”だそうです(笑)オーディションルームのドアはどこも観音開きになっており片側だけ開くようになっていて、合格者も不合格者も何故かロックされている方のドアから出て行こうとする人が多いんですよね。その度にジャッジが「隣のドアだよ」と教えてあげる場面が多々ありました。両方開けときゃいいのに・・・。


さぁ、いよいよ次回はハリウッド~!と思ったら未公開映像特集ですって(^^;)でもその中に逸材を発見できるかもしれないので見逃せません。



The silence of the lambs 

先日のアカデミー賞授賞式でふと思ったんですが、映画のストーリーというのは基本的にオリジナルの脚本によるものと基となる原作がある場合の2つに分けられますよね。では原作があった場合次のどちらを選択されますか?

映画を見てから原作を読むか、それとも原作を読んでから映画を見るか。

私は出来る限り後者を選びます。こう見えて私って結構読書家なんですよ。ただし読むジャンルに激しい偏りがありますが(笑)小説を読む時に登場人物の姿かたちや舞台となる場所などをイメージすることってありますよね。私も小説の半ば頃には読んでいる場面を頭の中で映画のように再現しています。そうして出来上がった自分なりのイメージと実際の映画を比べて観るのが1つの楽しみでもあります。


今までそのようにして観てきた映画の中で、事前に私が作り上げたイメージと映像があまりにも一致していたものがあります。それはトマス・ハリス原作のサイコスリラーの傑作である「羊たちの沈黙」(原題:The silence of the lambs)です。


              



原作を読んだときに抱いていた主要な登場人物(クラリス,ハンニバル・レクター,クロフォードなど)や各場面(FBI訓練所,レクターの監房,バッファロービルの家)のイメージが映画とすごく近くて観ていて別の意味でドキドキしてしまいました。原作は買ったその日に読み終えるほど面白かったので正直映画はどうかな?と思っていましたが、結局この映画は'91年のアカデミー賞でA.ホプキンスが主演男優賞、J.フォスターが主演女優賞、そして作品賞と監督賞という主要4部門を受賞する快挙を成し遂げ、私自身何度観たのか分からないくらい繰り返し観ています。


先程は原作を読んでから映画を観る、と言いましたが例外的に映画を先に観てしまったのが「羊たちの沈黙」の前に発表された「レッドドラゴン」で、この小説を基にした「刑事グラハム/凍りついた欲望」という映画をレンタルで借りてきて観たのがきっかけでトマス・ハリスという小説家を知りました。この映画、監督はマイケル・マン、主演のグラハム(原作ではグレアムなのに日本側が何故か勝手にグラハムにした模様)にはCSIのグリッソム主任でお馴染みのウィリアム・L・ピーターセン、レクター博士にはブライアン・コックスと何気にいいキャストなんですよね。「羊たちの沈黙」の後にA.ホプキンス版レクターで「レッドドラゴン」として再映画化されましたが、サイコキラーのダラハイド役のレイフ・ファインズが美しすぎて全然原作にマッチしていなかったのが納得できません。ダラハイドはもっと醜悪でなきゃ!とにかく先に作られた「刑事グラハム」を観て是非原作を読んでみたくなり、これも一気に読んでしまった覚えがあります。


その後レクター博士シリーズ3作目である「ハンニバル」の翻訳文庫が発売されまたもや一気読み!もう他の人は考えられないくらいベストな配役だった前作のキャストを頭に浮かべながら読んだので、実際映画化された時にクラリス役がJ.フォスターからJ.ムーアに変更になってしまったことがなかなか受け入れられませんでした。原作にはハンニバル・レクターの幼少時なども描かれ、その中には彼が人肉嗜好となるきっかけのような出来事などもあったんですがそれは映画では割愛されていました。


そのレクターの幼少時、ヤング・レクターの物語を映画化した作品が全米で公開中です。タイトルは「ハンニバル・ライジング」(日本公式サイトはこちら)で、原作者であるトマス・ハリスが脚本を担当しているのできっと内容的にも期待を裏切らないものになっていると思います。原作は去年の12月にアメリカで出版されているそうです。日本での公開は今年のゴールデンウィークなのでそれまでに翻訳された小説が出版されるのか微妙なところですね。是非映画鑑賞前に原作が読みたいんですが、今回はこの法則を再び破らなければならなくなるかもしれません。


※ 各映画の画像を貼ろうとしたんですが「羊たちの沈黙」は見慣れてるから良しとして、他は結構キモいので
  止めておきますね(笑)



追 記 : 3/28に新潮文庫より「ハンニバル・ライジング」上・下巻が発売されます。間に合って良かった~!



ステキな頂き物 

2/28の記事でnewクレイの卒倒スマイル写真を載せましたが、王国に旅立たれた方々はもう帰ってこられてますか?やっと戻ってきた矢先に、いつも遊びに来てくださるluvrockさんからこのクレイをもとに作られた画像を頂いたんですが、あんまりステキなので是非ご紹介させてください!



       newClay.jpg




luvrockさーん、勘弁してくださいよ~。また即効王国行きでしたよ いかにこの時のクレイがステキだったかをイヤと言うほど思い出させていただきました。ああ、何て可愛いんでしょう・・・。色合いとぼかし具合が絶妙ですね。新しい写真を見てすぐにこんなステキ画像をサラッと作っちゃうなんて尊敬しちゃう!


ただ確かこの時luvrockさんは体調を崩されていたはずなんですよね~ 罪作りな笑顔のクレイを見て創作意欲が湧くのも分かりますがまずはお身体が一番大事ですから無理は禁物ですよ~。はいはい、分かっています。「あんたにゃ言われたくないんですけど!」って声があちこちから聞こえてくるのは気のせいじゃないですよね(笑)でも一度痛い目見てる私ですから健康のありがたさも身に染みてよ~く分かっておりますので、どうか皆さんも具合の悪い時は無理せずにまずは体調を戻してそれからClack三昧といきましょうね う~ん、イマイチ説得力ないな(笑)


luvrockさん、ありがとうございました。またよろしくー!

あ、そういえば○OUさんは新しいスライドショー作られたのかなぁ?(軽~く催促)



クレイまで あと1ページ 

かなり以前のことですが、去年10月の記事で私が通っている英会話教室のテキストにクレイの写真が載っていたとお伝えしました。昨日のレッスンで気付いたんですが、ようやくあと1ページでクレイの載ったページを勉強できるところまできました!


     20070301012710.jpg




この写真1枚で私は延々とクレイを語れちゃいますよ!とはいえこの写真は単に「Reality Show」として載っているだけなので1人で熱くなって暴走してみんなに引かれないように注意しないと(^^;)ここではグループでそれぞれの好きな音楽・映画・TV番組と好きなミュージシャン・俳優を挙げていくみたいです。「どうせあんたはクレイでしょ?」と先生に言われちゃうかもしれません(笑)ちなみに先生はクレイの曲を聴いたことないそうです。話にならん!とにかく来週のレッスンが楽しみです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。