スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“犬神家”よ、永遠に・・・ 

久々に地上波にチャンネルを合わせてみたら、2006年にリメイクされた『犬神家の一族』を放送中でした。

あれは32年前の1976年、当時角川書店社長の角川春樹が個人事務所を設立し映画製作に進出、その記念すべき第一回作品として製作されたのが、自社の角川文庫で大々的に催されていた3大ミステリーフェアで取り上げていた横溝正史原作の『犬神家の一族』でした(のちに角川商法と言われるヤツですね)。

同年代の方なら覚えていらっしゃると思いますが、かの有名な湖から突き出た2本の足というショッキング&センセーショナルな映像は、映画館に足を運ぶ気にさせるには十分すぎる効果をもたらしました。
私もちょっと怖いもの見たさも手伝って友人と一緒に映画館へ観に行き、上映終了後には完全に横溝正史の世界・市川昆監督の世界の両方に魅了されていました。
原作の面白さは然ることながら映画の空気感、監督の映像センス、大野雄二さんの音楽、出演者の演技、もうすべてが私の琴線に触れた、いや触れまくった!

その後横溝正史さんの文庫を片っ端から読みまくり、国内・海外のミステリー小説にどっぷりとのめり込んでいくことになります。
この映画は私がミステリーファンとなるきっかけとなった作品であり、今現在に至るまで私の中では日本映画のベスト1に輝く作品でもあります。


そんな私にとって特別な意味を持つこの作品が、30年の時を経て台詞・カット割・音楽もそのままに同監督の下リメイクされるとあって、当時はかなり興味津々でした。
映画館に観に行くことは出来なかったのですが、すこし前に地上波で初放送されていましたよね。
当時の映画と台詞もカット割も同じ、金田一耕助の石坂浩二をはじめ何人かのキャストはオリジナルと同じ俳優さんが演じる、など魅力的な要素があったので多少の期待と共に観賞したのですが・・・


※ ここから先は1976年のオリジナル版をこよなく愛するものの独断と偏見の感想です。
  2006年リメイク版がお好きな方は読まないほうがよろしいかと ^^;



   
続きを読む
スポンサーサイト

Happy Birthday ! Clay & 近況 

皆様、お久し振りでーす。
Do you remember me ? (笑)

あまりにブログを放置していた期間が長かったので、一体何から書いてよいのやら迷うところではありますが、取り急ぎこれだけは言っておかないと!

Clay,Happy Birthday! 

一応現地時間に合わせて、ということでギリギリ間に合ったかな?
クレイもとうとう三十路に突入ですかぁ(しみじみ)。
今後は20代とはまた違った魅力を見せてくれることでしょう。



と言うことで、長らく放置していたこのブログもお粗末な記事ではありますがどうにか更新することができて少しホッとしています
現在の私はといえば、以前のように日がな一日PCでClay三昧という生活から一旦離れてそれなりに忙しい日々を送っており、PCを開く頻度が減ったせいでなかなか皆さんのブログにお邪魔することもできなくなってしまいました。
そんな自身の生活リズムの変化とClayを取り巻く一連の騒動(?)がタイミング的に重なってしまい、あたかもClayファンをやめたように映ってしまったかもしれませんが、そんなことは全くありません。
今でもれっきとしたJapanese Claymateの一員であります!

久々の更新でどうも調子が出ないことと書きたいことが多過ぎることで、まとまりを欠いた内容になってしまいました。
不定期更新ではありますが今後も引き続きブログは続けていく予定ですので、また遊びに来ていただけると嬉しいです。

※ 今回はこれが精一杯!文章書くのもリハビリが必要なようです(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。