スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節外れの “O Holy Night” 

はっきりしないお天気が続いていますね。
空気が湿気を帯びてじっとりとしていて、夜はどうにも寝苦しくて困ります(どうせなかなか寝ないけど)。

これを過ぎればいよいよ夏!って時に、季節感をまったく無視したクリスマスソングの話題で大変申し訳ないのですが、YouTubeでAI8の映像をせっせを漁っていたらこんなの見つけました。


優勝したKris Allenが歌う“O Holy Night”の映像です。






Clayファンには彼のクリスマスコンサートでお馴染みのこの曲、正直私はClayバージョンしか聴いたことがないので、ギターで弾き語りするKrisのこのバージョンが何だかすごく新鮮に感じました。
圧倒的な歌唱力で歌い上げるClayに勝るものはない、とは言え朴訥とした飾り気のないKrisの歌もジワッと心に沁みてきます。

Krisが番組で歌った曲のスタジオ録音バージョンをいくつか聴きましたがこれがすごく良くて、ガラにもなくちょっと涙ぐんでしまった曲さえありました・・・あ、例の優勝ソングじゃありませんよ、念のため(笑)
粗方の候補者達のスタジオバージョンを聴いてみてステージよりもレコーディングのほうが適している、と思ったのは偶然にもお気に入りのKrisとMattでした。
やっぱりアルバム買うならこの2人だな♪(ところでMattは契約取れたのかな?)


さて、もう何度聴いたか分からないほど聴き倒したClay“O Holy Night”も一応貼っておきましょうね。






分かっていたことだけど、敢えて言っておこう。

ああ・・・やっぱりClayが最高!!!




   
スポンサーサイト

The winner of the American idol 2009 is ・・・ 

とうとうAI8もグランドフィナーレ。

懐かしいTOP13の面々といつになく豪華なゲスト陣にワクワク♪

そして・・・・















クリスが!

クリスが!

クリスが!


クリスが優勝ーーーーー!!!!!



必死でネタバレを避けてきた先に待っていたこのサプライズ、いやぁ~たまりませんねぇ^^

素人にも分かるくらいアダム優勝の瞬間へのお膳立てみたいなフィナーレの内容だったので、マットを諦めクリス推しだった私も「まぁアダム優勝は決まったようなもんだし、仕方ないか・・・」とあきらめモードに入っていただけに、クリスの名が告げられた時は心底ぶったまげました。
当のクリスもかなり驚いて困惑を隠せず「アダムが優勝するべきだよ」なんて言っちゃって。
そういう謙虚な部分がクリスの魅力のひとつではありますが、単に運だけでここまで来た訳ではなく実力と才能のある者だけがたどり着くことができる舞台なのですから、優勝者としてもっと堂々と喜んでくれてもいいのに・・・なんて思いました。
とりあえずクリスのアルバムは絶対買う!待ち遠しいです!!
マットもアルバム出してほしいな・・・。


それにしてもアダムは残念でしたねー。
本人はフィナーレのステージを存分に楽しんでいたようで負けても爽やかな表情に見受けられましたが、候補者不作のあのシーズンだったらぶっちぎりで優勝してただろうな、なんて考えるとちょっと勿体無い気もしますし、応援していたのはクリスだったけど正直優勝はアダムのほうが相応しかったと思っているんですよね。
でもまぁ最近のAIでは優勝・準優勝というのは今後の活動にあまり影響はないから、そんなにこだわることもないか・・・って、それじゃ身も蓋もないですが(笑)


とにかくネタバレの呪縛から無事解き放たれ、晴れてAIの公式サイトでフォードのCMやBehind the sceneなどの映像を心置きなく観ることができるのが嬉しいです!
暫くはAI関連のサイトや掲示板で情報を漁って楽しみたいと思います。


システム変更に馴染めずに文句言ってた割には、終わってみれば結構楽しんだ今シーズンでした。
来シーズン、更なる逸材が出ることを期待したいですね。
そして今度こそ日本サイドでの余計な添え物無しの放送を強く希望!(ムリか・・・)
   


   
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。