スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ポケモン観賞、そしてちょっぴり涙 

一昨日、妹と甥と一緒に劇場版ポケモンを観に行ってきました。

正式なタイトルは『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール プラチナ / アルセウス 超克の時空へ』と、気の遠くなるような長さです。
長さもさることながら、子供向けアニメにしては難しい言葉使っちゃってますよね。
私も妹も“超克”って何だぁ?状態ですよ~
一応本編中に“超克”とは“乗り越えること”だ、と説明する台詞がありましたけど、子供たちはちゃんと理解してるのかしら。


映画館の楽しみの一つが本編前の予告編。
大きいスクリーンでアクションやハラハラシーン満載の予告を観ると、「ああ、映画観に来たんだなぁ。」と気分も高揚してくるというもの!
が、しかし、子供向けアニメの予告編はやっぱり子供向けアニメばっかりで、しかもこれがけっこう長かったもので途中早くも睡魔が襲ってくる始末です。
お菓子を食べながらベラベラ喋りまくってるガキお子さんもいたりして、やはり通常の映画鑑賞とは勝手が違うなぁと痛感です。


本編のお話は3部作最終章的なもので、過去2作品の謎も解けるようになっています。
キャラクターのデザインは王道のアニメタッチなのに対して、背景は非常に細かく芸術的でところどころ実写を取り入れた部分もあって迫力がありました。
映画のタイトルショットもすごく凝っていて、大の大人がすっかりワクワク気分にさせられてしまいます。
オープニングのテーマ曲にあわせてスピード感溢れるポケモンバトルの場面が台詞なしで流されるところなんて、否応なしに気分が盛り上がって子供たちには堪らないんじゃないでしょうか。

そういえば近頃のアニメではゲスト声優に有名俳優さんを起用することが恒例となっているようですが、今回の劇場版ポケモンも高島政宏さん(やはり上手い!)や北乃きいさん(微妙・・・)や中川翔子ちゃんに加え、神と呼ばれしポケモン・アルセウス役にはなんとあの三輪明宏さんが!
「人間どもよ、裁きを受けるがよい!」なんて台詞、ハマり過ぎてて最高でしたよ


ところでこの劇場版ポケモン、子供向けアニメと侮ってちゃあいけないんです。
結構泣かせてくれるんですよ、これが。
初めて映画館に足を運んだ前作ではラストで溢れる涙を抑えられず、「あれ?私ってば子供のアニメで何を本気泣きしてるんだろ?」と照れながらそそくさと涙をぬぐったものでしたw
今回もねぇ、三輪明宏さんや高島政宏さんが上手いからついついググッと込み上げてきちゃいましたよ。
後で妹に聞いたらやはり少し泣いちゃったそうです。
安いお涙頂戴映画なんより、よっぽどピュアに感動できますよ。

そしてエンディングロールが終了すると、スクリーンにババーン!と次回上映の予告が。
次は来年の夏に公開予定だそうで、主役となるポケモンは来月に発売される任天堂DSの新しいゲームに登場するポケモンと一緒・・・。
それを買ってじっくり遊んでから映画を観にきてね♪ってことか。
うーん、この商売上手!

またいろいろ買わされる羽目になりそうな大人達の目には、2度目の涙が光るのであった・・・つづく。




     
スポンサーサイト

歯がゆいっ!!! 

成果が上がっているかどうかは別として、私にしては珍しく長続きしている英会話教室通い。

当時「Clayの話していることを理解したい!」という強い気持ちから、つい勢いづいてクラスを2つも受講してしまい、今ではそれが軽いストレスになっている始末です。
幸いにも講師やクラスメート(といっても年上の方が多いんですが)がいい人達なので、いざレッスンが始まってしまえばそれなりに楽しんで勉強することが出来ています。


今日はその内の一人の講師・E先生の最後の授業でした。
彼は30代のアメリカ人ですがどことなくブリティッシュな雰囲気漂う人で、『Life on Mars』のジョン・シムに似ているんですよ!(なぜか興奮w)
もともとE先生はその前の講師が辞めて新講師が着任するまでの繋ぎだったので、約3ヶ月ほどの短いお付き合いでした。
以前にも講師をしていたというだけに教え方も上手だし分かりやすかったので、とても残念。

新しい講師も交えての最後のレッスンも終わりに近づく頃にE先生が「今までありがとう。あなたたちを教えるのは楽しかったよ。」と言ってくれました。
当然私も感謝の気持ちを伝えるべく、英語で・・・あ、あれ?あれれ?
「楽しくて有意義なレッスンをありがとうございました。」と「私達はとても寂しいです。」の後に続く言葉が出てこないぞー!
言いたいことはまだいっぱいあるのに、英語に変換できない~!!!

日本語ならばつらつらと出てくる感謝の言葉が英語で表現できないという体たらくに、情けないやら恥ずかしいやら。
E先生もこちらからの言葉を待つかのように視線を投げかけてくるのに、焦れば焦るほど「うー、あー・・・」って何も言えなくなっちゃって、これじゃ単なる失礼な人ですよね!
言い訳じゃないですが、私もいい歳の大人ですので礼を欠くことなく相手に感謝を伝える自信はあります。ただし、日本語でならねw


もう自分の言いたいことの20%くらいしか表現できなくて、こんな歯がゆい気持ちになるくらいならちゃんと家で練習してくればよかった、と悔やまれます。
大切な場面でちゃんとした会話が出来なくて一体何を勉強してきたんだろう、私・・・。
真面目に取り組んでいないから当然の結果ですが、基本が全然身になっていなかったということを改めて思い知らされました。


最後に気持ちを込めて「Thank you so much!」と言えたから、想いは伝わったかな。
E先生、本当にごめんなさい!心から感謝しています



   
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。