スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Dirty Rotten Scoundrels」 

ブログはじめてからクレイ関連の話題しか記事にしていないことにふと気付きました。ブログ説明にもある通り、私は海外TVおたくであり映画おたくでもあるんです(しかも年季入ってます)。ただ全てのジャンルをまんべんなく観る、という訳でなく好きなものをとことん観る!といった偏ったタイプなんですよね。そんな私のお勧め映画をボチボチと紹介していきたいな、と思います。結末まで明かしちゃう、なんて無粋な真似はしませんのでご安心ください!

第一作目は「Dirty Rotten Scoundrels」(1988年/アメリカ)、これは原題で邦題は「ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ」・・・これ以上ないくらいヒドい邦題ですね。このセンスどうにかならんのか?

     20060921032650.jpg


<ストーリー>
南仏のリゾート地に豪邸を構える有閑マダム専門の大物詐欺師ローレンス(マイケル・ケイン)と、ひょんなことから彼に教えを乞うことになった二流のペテン師フレディ(スティーブ・マーティン)。小さな町に2人の詐欺師はいらない、ということで1人の女性から先に5万ドルを巻き上げたほうが町に残るという勝負をすることに。ターゲットは大富豪の娘ジャネット(グレン・ヘドリー)。さてこの勝負、一体どちらが勝つのか?西欧に出没中の詐欺師“ジャッカル”とはフレディのことなのか?結末やいかに~!


へたな紹介ですいません。とにかく相手を騙したつもりが逆に騙され、さらにその先を読んで見事に出し抜いた・・・と思ったら、といった調子の騙し合いが最高!主役の2人も見事です。ちょっと古臭いけど気品に溢れた紳士のマイケル・ケインとどこまでも胡散臭いスティーブ・マーティンの対比は見ているだけで面白いです。詳しくはネタバレなので書きませんが、最後に登場人物の1人が言うセリフ、これが何ともカッコよくていいんです!このセリフを聞きたくて最後まで見てると言ってもいい位です。是非一度観てみてください。お勧めです!

余談ですが、ローレンス邸の執事役のイアン・マクダーミドは「STAR WARS」のダース・シディアス、この映画の監督フランク・オズはヨーダの声を担当、思わぬところで繋がりのある2人なのでした。


スポンサーサイト

コメント

昨日寝ちゃいました(笑)kotobukiさん最高の旦那さんじゃないですか♪私も「旦那留守で元気がいい」っていう家庭が夢です(笑)
ところで!またプロフィール写真変わりましたね!グリーンクレイに♪やっぱり似合ってかっこいいですね♪
私も映画好きですがこの映画は見たことなかったです。(邦題ウケます(笑))最後のかっこいいセリフが気になります・・。今後もいろんな映画紹介してくださいね♪♪

>YOUさん
あら、今日は早いですね。今朝は眠かったんじゃないですか?大丈夫でしたか?
プロフィール写真はやっぱりグリーンにしました♪もたれかかるクレイ、最高にsexyですv-10
この映画大好きで、間違いなく50回以上観てます(笑)最後のセリフの件は私の勝手な意見ですので、もしYOUさんが観られたら是非感想をお聞かせ下さい!

邦題のネーミングセンスに乾杯(完敗?)です(´Д`;)
なんだかおもしろそうですね!!
観たい観たい♪スティーブ・マーティンってところがまたいい!
結構古そうな映画なので近くのレンタル屋にあるかなぁ?探してみます。

>うらばんさん
邦題の恥ずかしさに負けずに是非借りてください!
大きいレンタルショップならたぶん置いてあると思いますよ。
1988年制作の映画はうらばんさんにはかなり古~い映画ですよね(^^;) へこむわ~v-406

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/19-2ba494cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。