スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNICEF Ambassador 

arminさんが翻訳してくださった ABC News Be Seen Be Heard インタビューは内容が濃く充実したものでしたね。前半でクレイが語ってくれたユニセフ大使としての活動やそれに関わるきっかけなどの話は特に興味深かったです。ちょうどYahoo! Answersでもユニセフ大使としてのクレイからの質問ビデオを見ることができますね。


       Yahoo! Answers
     20070207025154.jpg




ユニセフがセレブを大使に任命するのは注目度が大きいから、くらいにしか思っていませんでしたが、大使にもそれぞれの分野の担当がいてクレイのように人気や人柄だけでなくそれまでの実績を踏まえての人選だったということが分かりましたし、このポストにクレイは最高の適役だったと言えますね。


クレイ本人が言っている通りまずは知ることから全てが始まるという事で、2005年の3月には津波被害にあったインドネシア、5月にはインタビューでも触れていたウガンダへ現地視察に行っていますが、教師であり常に子供の幸せを強く願うクレイにとってかなりショッキングだったでしょうね。でも悲しい現実から目を背けず大使として自分に出来ることを精一杯果たそうとするクレイ、Clackなどを見てもその真剣さが伝わってきます。


        Indonesia, March 2005
      20070207180543.jpg


      20070207180656.jpg




        Uganda, May 2005
     20070207182113.jpg

     20070207182151.jpg

     20070207182224.jpg




同じ意見の方は大勢いらっしゃると思いますが、子供と接している時のクレイは慈愛と優しさに満ちていますよね。クレイの周りに集まってくる子供達も、単なる好奇心だけでなく嘘偽りのないクレイの気持ちを感じ取っているのかもしれません。この気さくで面白い背の高いお兄さんが気になってしょうがない!といった感じでしょうか。子供とのふれあいはクレイ自身も教師としての経験を活かせる場面であり且つ楽しいひとときなのではないでしょうか。



     20070207180620.jpg

     20070207183326.jpg

     20070207183359.jpg

      20070207183428.jpg




悲惨な状況を視察し現状を世界に知らせるのも大使としての重要な仕事ですが、セレブリティーとしてユニセフのセレモニーに出席するのもまた仕事のうち。現地視察では絶対に見せないスターとしてのオーラが花開くセレモニーでのクレイ。そうです!2006年11月のUNICEF Snowflake Lighting Ceremonyでの王子様のようなあのクレイのことです!!この辺の切り替えが激しいのもまた魅力なんですよねぇ。この時ばかりはあまりのクレイのステキさにスノーフレイクも完全に食われちゃってましたね(笑)



       20070207190912.jpg

       20070207190937.jpg




ユニセフ、多くの人が知っているこの団体の活動内容を知ってもらい理解した上で参加してもらおうという目的を、クレイは大使として見事にこなしていると思います。こういった活動をするセレブの中には傍から見ても“偽善”だなと分かるような人もいますが、我らがクレイは紛れもない“本物”ですから今後も本職と併行してこうした活動に力を注いでいくことでしょう。そんなクレイに感化されて私もユニセフのサイトを見たり身近で出来る活動を探したりしてます。私だってClaymateの端くれですから!



スポンサーサイト

コメント

不謹慎なのですが、男の子に何かを教えているクレイが、すごーく格好良いなぁ。
ユニセフ・・・やっぱり話が大きすぎます。
私には、無理だろうなぁ。

>reikoさん
自分のやりたいことをやって充実してる人はカッコイイものです♪しかもそれがクレイなら尚更ですよ~。ユニセフに関しては私だってできることといったら募金かポストカード購入くらいですよ。でも手の届くところからちょっとずつ始めてみようかと思っています。

私もクレイを知ってから、ユニセフ関係を気にしだしました。募金も積極的にやっていこうかと思います!“ユニセフ”って名前だけだと確かに大きい存在で手が届かない気がしますけど、小さなことからコツコツと、ですね♪

>reikoさん
私も!その写真のクレイめっちゃかっこいい!って思ってました(笑)男前ですよね。

ユニセフのことはClayを知るずっと前から関心があったんですが、最近ようやく「マンスリーサポート」という形で定期的に参加するようになりました。その前まではカード購入とか位だったんですが。毎日最低限の生活も危うい子供たちの存在を見たり聞いたりしつつも、自分は欲しいものをなんでも得られたり、とりあえず満たされた生活をしていて、何もしないということにそろそろ耐えられなくなってきたというか…。とはいえ、協力も微々たるものですし、まだまだ自己満足の域を出てないと思うんですけどね。
偽善的に参加して見えるセレブリティのことですが、人にはいろんな面があって、いつも「いい人」なわけではない。でも実情を目にして、とりあえず何かしてあげたい、と思った人たちなのかも。大使になれば、いろいろ拘束されたりするわけですし、無償で動くわけですからね。
Clayも視察に行ってかなりupsetしたようですが、TVや記事で見るだけで心がつぶれそうになるのに、現地で実際惨状を見るなんて、正直こわくて今はまだ勇気がありません…。でも、Clayとは切り離しても今後も関心を持ち続けていきます。
※「Learning to sing」を読み終わったばかりで、かなり善人モードになっちゃってるのでした。長くなっちゃってごめんなさい。

私もクレイに出会うまでは正直ユニセフなんて頭の隅っこにも存在していませんでした。特に社会人になってからは。でも今はクレイ=ユニセフ、ユニセフ=クレイぐらいの大きな存在になってどちらか一方を見るたびに思い出すようになりました。クレイにクリスマスカードを贈るという良いチャンスをいただいた時に、カードを買いに行った時もユニセフのカードがあってこれをクレイに贈ろうか迷いました。結局は別なのをクレイにわたして、自分用に買ちゃったんですけど(笑)小さなことからしか私には出来ないですけど自分の住んでいる小さな世界しか見れていなかった私がクレイの影響で厳しい世界の現状を教えてもらってそれを助けている活動があるっていうことを少しでも意識出来るようになったのもまたクレイのお陰だな~と思いました。クレイには大きな影響を与える力があるので本当に適役ですね!・・・長々と久しぶりに真面目に書いちゃいました(笑)きゃ~クレイ王子ぃ~カッコイイ!!いただきます♪♪

>うらばんさん
きっかけはクレイからっていうのもちょっと不純な気もしますが、今まで意識もしていなかったものが小さな事からでも始めてみようという考えに変わったのですから、これはこれでいいんですよね!と自分に言い聞かせています(笑)大事なのは行動することですよ。


>matchillさん
とりあえず出来ることといったらカード購入かな、と思っています。本当に小さなことからしか参加できませんが、きっかけにはなるのではないかと。まずは自分の意識から変えないとダメですね。以前勤めていた時にユニセフではない慈善団体が会社に寄付を求めて訪問してくることがあったんですが、皆こちらの都合も考えない態度ですごく印象が悪かったのでどうしてもこういった活動には興味を持てませんでした。偽善的と見てしまうのもそのせいかもしれません。でもクレイを通してユニセフの在り方も理解できたのでこの辺で意識を変えてみようと思いました。ところで「Learning to sing」って辞書とにらめっこ程度の英語力でも読めますか?


>YOUさん
クレイとユニセフは切っても切れないものになっていますよね。それだけクレイがユニセフの活動に真剣に取り組んでいるからでしょう。そしてクレイにとってはClaymateさん達の協力も大きな力になっていますよね。まだまだ日本ではアメリカほどユニセフへの理解が進んでいないかもしれないけど、クレイの影響で少なからず興味を持って行動しようというファンがいるんですから、やはりクレイは大使として適役だったと言えますね♪・・・って私もつられておちゃらけなしで真面目にコメントしちゃいました(笑)とにかく意識して行動する、これを続けていこうと思います!クレイ王子、ばんざーいe-354

今回のインタビューで、クレイもユニセフのこと、最初は知らなかったんだーって知って安心しました。
一度ユニセフの説明会に行ったことがあります。なかなか大げさなことはできませんが、たとえば今募金してるよ!ってブログで言うだけでも違うはずですよね?
クレイが誇れるファンでいたいものです。

>kotobukiさん
多分大丈夫だと思いますよ~。私はとりあえずどうしても知ってないと先の内容がわからなくなりそうな単語だけ調べながら読んでいきました。ほんとうに、涙なくしては読めないので、ご覚悟を。ちなみにAmazon.co.jpではまだ在庫ありでしたよ~。1000円でおつりがくるし、こんなに内容の濃い本、お買い得ですよ~。
ところでそのAmazonにATDWのCDレビューが載ってましたが、Sidneyさんって、よくコメントを拝見するSidneyさんでしょうか?他の方々もサイトを訪れているメンバーの方でしょうかね…?

有名人の行動や言動って、多大な影響力を持ってますよね。クレイはそれをうまく利用して、ユニセフのことをみんなに教えようとしている。とても尊敬します。
kotobukiさん、「Learning to sing」は私もおすすめです!わからないところがあったら、多少は私もお教えすることできますので。
本の中にカラーの写真があるので、それを見るだけでも買う価値ありますよ!

''Learning to sing''、私は息子へあてたお母さんの言葉(巻末かな?)のところで、泣きました。

>newclayaikenさん
クレイの影響力は大きいですから、そういった呼びかけで多くの募金が集まるでしょうね~。たいしたことは出来ないから、と何もしなかったら始まりませんから小さなことでもやってみる事が大事ですよね。


>matchillさん
お返事ありがとうございます。そんなにいい内容なんですか?英語に不安は残りますが、もう読みたい気満々です!早速Amazonでゲットしますv-218 クレイのレビューにお馴染みの方達のお名前を見つけると何だか嬉しいですね♪


>mikaさん
クレイはユニセフ大使としての役目を充分に果たしていますね。本当に素晴らしい人です。
確かmikaさんはCDも購入されたんですよね。私も購入予定ですので(絶対買います!)もし分からない箇所があったらお言葉に甘えさせていただきます。写真も楽しみです♪


>Satoruさん
何だかすごくいい本みたいですねー。もう涙することを覚悟して読んでいかなきゃいけませんね(笑)頑張って読んでみます!

>kotobukiさん
はい、CDはituneでダウンロードしました(覚えてくださっていてうれしいです♪)。CDもお勧めですよ!だってクレイが2時間以上もずーっとしゃべっているんですもの!途中でクスッと笑ったりするクレイがかわいいです♪

>mikaさん
覚えてましたよ!CDには注目してたんです。本当にクレイが全編朗読してるなんて最高だなぁ♪本はハードカバーじゃなくても充分ですよね。実は両方買ってしまおうかとも思ってるんですが・・・(^^;)

私はペーパーバックしか持ってません。ハードカバーは表紙が違うので気になるところですが、両方買われるなら代わりにぜひCDを!

>mikaさん
じゃあ3点セットで!それは欲張りすぎですね(笑)
早速ペーパーバックとCDを注文することにします。いろいろ教えていただきありがとうございます♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/241-8fb1508b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。