スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season6 (TOP11 Performance) 

先週ブランドンがサヨナラして11人となったAmerican Idol、今回のテーマは「ブリティッシュ・インヴェイジョン」、60年代にアメリカのポップシーンに旋風を巻き起こしたイギリスのいわゆるリヴァプールサウンド,マージービートってやつですね。20年以上前になりますが、その当時大ファンだったNOBODYが必ずライブで披露してくれていた「マージービート・メドレー」のシングルレコードを聴きまくってデタラメ英語で一緒に歌っていたのを思い出します・・・って、NOBODYをご存知の方はいないですよね(^^;)

ゲストには当時活躍したルルとハーマンズ・ハーミッツのピーター・ヌーン、お2人ともステキに年を重ねられている感じです。候補者達への指導も的確かどうかは分かりませんが熱意があって好感が持てました 前回は歌詞忘れが目立ちましたが、今回も古い曲だけに若い候補者達は苦戦するのでしょうか?


◆ ヘイリー/Tell Him
またえらく軽い格好で登場ですね~。この曲は「アリーMyラブ」でセラピストに言われてアリーが自分のテーマソングに選んだ曲で、番組内でもよく流れていました。そっちが耳についているせいか、イマイチしっくり来ず。服装と一緒ですべてが軽~い印象でした。キャミの脇は両面テープで留めていたのか・・・気になります。


◆ クリスR/Don't Let The Sun Catch You Crying
曲名を見てクレイファンならドキッ!としたのでは?私は「えっ、あの曲?」と勘違いしそうになりました(笑)第一あの曲は60年代じゃないですよね こうしてしっとり歌うとクリスって意外といい声をしてるんですね~。曲を自分のものにしている、とジャッジにも好評価でした。決してルックスとセンスだけで選ばれた訳じゃないことが証明されましたね。


◆ ステファニー/You Don't Have To Say You Love Me
古臭さが全面に出てしまい、まるでラウンジ歌手のようでした。原曲を尊重しつつ現代風な味付けもしなければならないという難しい要求に応えるにはあまりにも有名な曲であっただけに、難易度も高かったようです。今回は光るものが感じられず残念なパフォとなりました。


◆ ブレイク/Time Of The Season
前回はボロクソ言われたブレイクも今回はビートボックスを活かせる特徴的なフレーズのある曲を選んで大成功したようです♪相変わらず歌唱力は危なっかしかったですが、単調な曲なのに退屈さも古臭さも感じさせない見事な仕上がりでした。


◆ ラキーシャ/Diamonds Are Forever
「007/ダイヤモンドは永遠に」の主題歌を高価なダイヤを身に付けて歌ったラキーシャ、ド迫力パフォになるのかと思いきやちょっと拍子抜け。TOP24ステージでの強烈な印象があるためにどうしてもそれ以上のものを期待してしまい、今回はそれが不利に働いてしまったのか聞き応え充分とは言えませんでした。


◆ フィル/Tobacco Road
この曲はシーズン5フィナーレの男性陣グループパフォで歌われたばかり、どうして前回披露された印象が強く残っている曲を選ぶんでしょう?それとも大抵の人は当の昔に忘れてる?とは言うもののフィルのパフォは結構好きだったりします(笑)小指が立つのと目に悲壮感が漂っているのが気になりますが、素直にカッコいいステージだったと思います。


◆ ジョーダン/I(Who Have Nothing)
回を重ねるごとにパフォもルックスも成長を続けているのは彼女くらいでしょうか。どんどん綺麗になって舞台映えもするようになり、難しい曲も自分のものにして歌いこなし確実に優勝候補の1人となりましたね。


◆ サンジャヤ/You Really Got Me
何ですか?ふっ切れちゃったんですか?それはそれで結構ですがこのパフォは到底TOP11のレベルではないですよね。大好きな曲でもあったのでジャッジや観客のように寛容な気持ちにはなれませんでした。


◆ ジーナ/Paint It Black
すごく彼女っぽいからイイ感じだろうなぁと思ったのに、いざ聞いてみると何だか自分の器以上の曲を選んじゃったのかしら?といった印象でした。このくらい(これ以上)歌える素人ロックバンドの女性ボーカルは巷にいっぱいいそう。今シーズンのロック系代表としてもっと頑張ってほしいです!


◆ クリス鶴瓶/She's Not There
前回の酷評で少し凹んじゃったかな?と心配でしたが、いきなり客席からの登場でビックリさせてくれました。でも観客のあしらいに気を取られて歌が疎かになってちゃあ、折角の演出も本末転倒。テイラーのようにステージ慣れしていないとちょっとムリですよね。男性陣の中では一番の歌唱力を持っていると思うのでそれを活かしてじっくり聴かせるのもいいんじゃないかと思います。でも鶴瓶にはつい何かを期待してしまう、っていうのも正直あるんですよねぇ(笑)


◆ メリンダ/As Long As He Needs Me
もう完全にソロシンガーの貫禄充分のメリンダ、やはり今回も彼女のパフォだけ短く感じました。もっと聞いていたい!と思わせる素晴らしい歌声で、コンサートの一場面のようにも思えました。メリンダがトリなのは正解ですね。彼女の後にお粗末パフォ聴かされたんじゃとても耐えられそうにないですから。しかし「“いい人”は演技?」ってあんまりじゃないですか!(笑)


次元の違う実力派候補者とそれぞれの特性を活かして勝負する候補者、そしてファイナリストらしからぬ候補者、と見事に分かれている今シーズンは割と落選予想しやすい筈なんですが、外部からの妙な動きなども手伝ってその行方はまったく分からないものになっています。真剣に取り組み人生を掛けている候補者がいるのですから、番組をおかしな方向に持って行こうとするような働きかけは止めていただきたいですね


サンジャヤを見て泣きじゃくっていたアシュリーちゃんはアメリカンアイドル・チャレンジの当選者だったんでしょうか?最後はステージに上げられて他の候補者たちとも抱き合って更に泣いてましたね。でも、あの姿を笑ってはいられません!私だってもしクレイに会えたら・・・アシュリーちゃんどころの騒ぎじゃないかも(^^;)



スポンサーサイト

コメント

なんだかほんとに興味を失ってしまったAI6、これからkotobukiさんのブログを頼りに情報収集しようかしらと思ってます(笑)いや、人数も減ったしそろそろちゃんと観ようかなぁ…
クリス鶴瓶とメリンダには私も頑張ってほしいと思ってます!

今シーズンは

自分で記事を書いていても他の人の記事を書いていても素直に「良かった」と思える評価が圧倒的に少ないですね。
過去のシーズンで歌われた歌も本人達はそれを越えてやろうと言う意図があるかどうかは解りませんが、私たちは過去の歌を基本としてそこから減点していく見方しかしていないのがちょっと面白いところだったりします。

サンジャヤは最高でしたねwああいうのをやけくそって言うのでしょうか。あれでもし残ったら彼は本当に「歌ではない」事が証明されます。もう証明されているとは思いますが^^;

見とらんとですよ。またしても。
もぉ…水曜日みまぁす…。
あ、番組終了後マイケル・ブーブレのPV流れました?

>NCAさん
人数も減って放送時間も短くなったので見やすくはなってきましたよ(笑)
私のブログはあまり参考にならないかと思いますが、フィナーレにクレイが出演することを強く願いつつ一応最後までレポートしていくつもりです!クレイ出てくれますよね?


>VORNANDERさん
思い入れの強い候補者がいないと記事にも力が入りませんね。番組内で歌える曲に制限があり、また審査に適した曲というのもある程度限られるというのは分かるんですが、少なくとも前シーズンに他の候補者が歌った曲はまだその印象が強く残っている場合(特にそのパフォが素晴らしいものだったりすると)は、何でその曲選んだの?と思わざるを得ません。
サンジャヤは・・・ねぇ(^^;)。彼に対してどうしても優しい気持ちになれない私です、ごめんなさい。


>うらばんさん
再放送で充分ですよ(笑)でもネタバレにはご注意を!
マイケル・ブーブレ、FOX lifeではやっていないんですが本家FOXのAI再放送後にバッチリ見ましたよ♪あまりに唐突でちょっとビックリでした。彼はTOP6放送時に出演予定ですよね。楽しみ~v-218

フィル!!クリスとかバッキーが歌ってたときのほうがよかったような気がするんですよねー。う~ん。というか、サンジャヤ!!(笑)どうしたのっ?って感じでしたけど、アシュリーちゃんとハグしたときのはちょっとかっこよかったですv-238どうしよう・・あれがクレイだったら・・・v-282

>あずさちゃん
そう、昨シーズンフィナーレでのBoysパフォが最高にカッコよかったよね~♪それを封印して見ればフィルもなかなかイイ線いってたかなぁとは思うんだけどどうでしょう?サンジャヤは・・・どうにかなってしまったようですね(笑)クレイがあんな風にHugしてくれたら、もう絶対に離したくない!いいえ、離しませんっ!!そしてボディガードに首根っこ掴まれてポイッ、です。

土曜日曜のAIはどうしても観られないんですよ~。水曜木曜の再放送まで待ちますが、フィルは今回も小指が立ってたんですか(笑)?
そういえば、「Clay Hurt Me」(でしたっけ?)のBanner持ってたドラマの出演者たちが出てくるのって、まだ先でしたっけ?

kotobukiさん、遅くなりました。今回の見ているところ、チェックしているところは大体同じですね。ヘイリーの衣裳とかラキーシャがちょっと拍子抜けとか。AI5のTobacco Road がでてきたところとかですね。クリス鶴瓶も今回良かったと思いました。いい声してるんだなと再認識してしまいました。あのアフロ・パトロール!っていったい何??鶴瓶のユーモアでしょうか。ランディがかまってくれなかったのでちょっとかわいそう。顔色の悪いフィルがイマイチだと思ってました。でもこれからかわるかもしれません。

>まっちるさん
うちでは夫婦で土日のPM10時はAI視聴、と決まっています(笑)フィルの小指はバッチリ立っていましたよ~。でもそれよりも余裕のなさが表情に表れているのが気になります。
例のBannerは今回だった筈ですが、結果発表時に番組の出演者が候補者と一緒に長椅子に座っているのは見たんですけど、肝心のBannerは私が見落としたのかなぁ(^^;)


>MAYさん
折角観客の中から登場した鶴瓶だったのにこれといった見せ場もなく終わってしまってちょっとガッカリ。やっぱりテイラーくらいのエンターティナーでないとダメですよね。それなのに“アフロパトロール”だなんて10年早いぞー!フィルはメイクのせいなのか本当に具合がよろしくないのか、常に悲痛な面持ちという印象です(笑)もっと自信を持ってもいいと思いますけどね。

チラホラと見ました~(笑)なんだかAI見るよりPCでクレイ関係を見ているほうが楽しくて(笑)そして印象に残っているのはサンジャヤのファンのアシュリーちゃんだけでした♪可愛い♪あの時だけはサンジャヤがカッコよくみえました!でもクレイだったらもっともっとハグハグしてなでなでして涙なんかも拭いてくれちゃったりしてそして最高の笑顔を・・パタッ
それにしてもサンジャヤのパフォはヤケクソでなんだかこれでもかー!ってくらいの思いっきり感があって別の意味で他の人より目立ってるかもです(笑)でもボロボロですね・・なんだかいつもサンジャヤのコメントばかりですね私。(笑)

>YOUさん
アシュリーちゃんのような羨ましい待遇を見るとつい「これがクレイだったら・・・」と考えてしまいますよね。で、勝手に妄想を膨らませてドキドキしたりして(笑)贅沢は言わないからハグだけでもしてほしい~!って充分贅沢ですね(^^;)サンジャヤも泣いて喜んでくれるファンがいて良かったじゃないですか。それをいい思い出にしてそろそろ・・・と意地悪なことを考えてしまう私です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/295-dd8a5964

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。