スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のお勧め本 Part.1 

今の住居に越してきた当初は得意じゃない家事全般も結構頑張っていたんですが、クレイに夢中になってからというものほぼ家事放棄状態が続き、現在の我が家は荒れ放題の見事なClay Houseに!ふと目をやれば西部劇のワンシーンのようにリビングの床をほこりの塊がコロコロと・・・(^^;)普段はあまりうるさく言わない旦那もこんな状況のままアメリカへ旅立つことはさすがに許す訳もなく、出発前に家をキレイにすることを約束させられました。

早速先週末にほとんど使わない北側の部屋から掃除に取り掛かったのですが、これがビッグミステイク!この部屋には本棚があったのだ~ 私クレイ中毒になる前は極度の活字中毒でして年柄年中本(主にミステリー)を読みまくっていました。近所に図書館ができて月に4~5冊借りて喜んでいたのも今は昔、ここ最近は本といったら『Learning To Sing』くらいしか買ってないかも・・・(しかも読んでないときた) 本はカバーを付けたまま収納してあるので一冊づつ手に取って「ああ、この本面白かったなぁ」とか「結末どんなだったっけ?」などといちいち思い出にふけるからはかどらないったらありゃしない!

そのうちふと手に取ったある一冊の本に「あっ!これは・・・」としばし我を忘れて読みふけってしまいました。それは私には珍しくミステリーではなく、エッセイというか日記というかとにかく激しくお気に入りの本だったのです。普段はあまり無いことですが、この本は声を出して笑ってしまう外で読むには大変危険な本でもあるんです。前置きが長くなりましたが今回は久々に夢中になって読んでいる私のお勧めの本をご紹介したいと思います。


      『我が妻との闘争』 呉エイジ:著
         20070712001451.jpg


結構有名なので知ってる方も多いと思います。Mac派だった私の父が購入していた『マックピープル』に連載されていたものを読んで大爆笑し書店を探し回って見つけた1冊でした。呉さんは姫路の県住3階に奥さんとお子さん3人と住み、空調の効かない6畳(実質2畳)のタンス部屋で奥さんの動向にビクビクと怯えながら愛機のマックで今日もHPの更新にいそしむ月の小遣い2万円(!)のごく普通のサラリーマン。マック嫌いの奥さんとの文字通りの闘争を綴った『我が妻との闘争』は趣味に生きるお父さん世代には涙なくしては読めない、またそんな旦那を持つ方には呉さんの奥さんの容赦ない攻撃にエールを送りたくなる、そんな素晴らしい1冊です(笑)

何より呉さんの書かれる文章が圧倒的に面白いのが魅力なんですが、強烈な方言(兵庫の方言でしょうか?)で呉さんを粉々に砕け散らせてしまう奥さんの言動も最高なんです!私のツボにハマッているのはこんな一言です。

「アンタ、マックなかったら死ぬんか?」
「ワレ、なに起きたまま寝言言うとるんじゃ!」
「すべておんどれのマックが悪いんじゃ!!」

呉さん・・・こんなに日々虐げられてお気の毒だけど、もし呉さんが私の旦那だったら私も容赦しないでしょう。やはりお金のかかる趣味を最優先させる生活は独身のうちにやっておくべき!と呉さんも身に染みて感じられているようで、一話ごとに「これを読んでいる独身者諸君。ここはぜひ心して耳を傾けてほしい。」と奥深い教訓を一言残されています(笑)

このエッセイの挿絵はなんとあの蛭子能収さんです。呉さんは奥さんにアスキー社からの原稿料振込みのお知らせ(原稿料は貰っていないことになってますw)を見られ大ピンチに陥った時、その予算はすべて蛭子さんのイラスト料にまわっているとウソをついて誤魔化しています。まぁ月の小遣い2万円という最悪の状況の中愛機マックをアップグレードするにはそのくらいのウソは必要なんでしょう。ちなみに彼の正体が「呉エイジ」だと知っている身内は実のお母さんだけだそうです。


『我が妻との闘争』呉さんのHPでも一部読むことができます。第39話の『血塗られた断髪式』には横腹痛めるほど笑ってしまったのを憶えています。好評につき第2弾、第3弾も好評発売中ですのでお気に召しましたら是非呉さんの印税収入に協力してあげてください(笑)ところで“呉さん”って打とうとすると“クレイさん”になってしまう私って・・・(^^;)


 20070712012054.jpg 20070712012105.jpg




スポンサーサイト

コメント

あはは、kotobukiさんお掃除がはかどらないじゃないですか~(笑)kotobukiさんは本を読むのがお好きだったんですね~なるほどぉ、だからkotobukiさんは言葉を沢山知ってるし、ブログも読みやすくて分かりやすい文章なんですね♪最近の子は本を読まないから言葉を知らないってなんかで見ました!私のことだぁ~最近の子ではないですけど(笑)
kotobukiさんが横腹を痛めるほど笑った本だなんて・・相当気になります(笑)けど蛭子さんの絵が小倉智昭に見えてきちゃうんですが・・(笑)

おお!知らなかった~。なんだかクレイさん、ちがった呉さんに親近感です~。私もよくサンダキに「そんなお金にもならないこと一生懸命やって…」って皮肉言われますから(笑)ほんと独身ならよかったー。いや、独身でこれじゃ彼氏もできないか!?(笑)

私もなんですよー!!本の虫で、常に複数の本をあちこちで読み分け、財布の金はみづくろいよりほとんど本に消え、それでも足りずに図書館で予約した本が4・5冊まとめて来た日にゃあ大喜びだったのに。Clayと出会ってから読んだ本は、半年くらいでなんと2冊!!(LTSは除く)この時期に読んだんだからこれは読まねば、と思ったはずの本なのに、今はタイトルも思い出せませんv-356
蛭子さんの絵、負け犬感・焦燥感がにじみ出てて好きです。会社の同僚が彼にイラストを頼んだことがあったのですが、すばらしい出来でした。あと、西原理恵子さんを知ってますか?「
毎日かあさん」「いけちゃんとぼく」の。あのシニカルな物の見方と、それでいて実はとても純粋な感じが大好きで、作品はほとんど持ってます。
kotobukiさん、ツアーに行ったらClayの話の合間にぜひ本の話もしましょうね~♪

>YOUさん
掃除は意地でやり遂げましたよ!エライでしょ~v-391 あ、そもそも普段やってないのがいけなかったんですよね。私が読む本は偏っているのであまり読書家ともいえないかもしれません。でも昨今の子供は本当に本を読まなくなりましたね。だから図書館で本をいっぱい抱えた子を見ると何だかホッとします♪この本すごいお勧めなので、まずは呉さんのHPで何話か読んでみてください。蛭子さんの絵、話の内容にハマり過ぎていて最高です!小倉智昭、見えます!見えます!(笑)


>NCAさん
マックってかなりお金の掛かる代物みたいで、私の父も今ではWindows派に鞍替えしてます。月2万の小遣いって普通に考えてもツライ金額ですからマック関連の高額なお買い物は無理に等しいですよ。だから呉さんには原稿料と印税が唯一の救いですね。NCAさんがもし独身だったら今よりももっとクレイにのめり込んでいそうですねぇ。あ、私もでーす(笑)


>まっちるさん
私はほぼミステリーかサイコサスペンスしか読まないという浅くて狭い読み方をしているので、まっちるさんこそが真の読書家だと思いますよ。それはまっちるさんのブログを読ませていただいてもすごく感じます。蛭子さんのイラストはまさにこの本には打ってつけ!負け犬感を描かせたら右に出る方はいませんよね(笑)西原理恵子さん、知ってますが残念ながら作品を読んだことはないんです。彼女の作品や他のお勧めの本のことなどツアー中にじっくりお話お聞きしたいです!

こんにちは!
Macユーザーの私にとって「MacPeople」は愛読書です。数年前はかなりの頻度で購入していたので、この「我が妻との闘争」も毎回爆笑しながら読んでいました。面白いですよね♪
Macは高いんですけどね…止められないです(笑)

>紫陽花さん
マックお使いの方ならきっとご存知だろうと思ってました♪呉さん、本当に最高ですよね!久し振りにHP覗いたら2006年で連載は終了されたとのことで、とても残念です。やはりマックはお金の掛かる趣味なんですね~。紫陽花さんもご苦労されてます?呉さん曰く「ひとりのときに、やりたいことをやっておこう」ですよ!(笑)

これって『鬼嫁』とはまた違うのかな?なんだかそんなのもありましたよね?面白かった!最初はブログで、すごい人気になって本が出てドラマにもなって・・・。私はブログですこし読んだだけですが大爆笑でした!
でもこの話も聞いたことあるような。マックの話・・・。
私も本を読むのが好きなので、久しぶりにほしいなーと思うのですが、読み始めたら他のことなんにも出来なくなっちゃう!と思い我慢しています・・・。なんてその割りに毎日ネット漬けなんですけれど・・・。(笑)

>mimiさん
あの有名な“鬼嫁日記”とは別物なんですよ。もしかしたらあれより前かもしれません。呉さんの奥さんも“鬼嫁”に違いないですが、それもこれもマイホームの為なのです!そして旦那さんとの時間を求めているだけなんです。それなのに呉さんときたらマックのことしか頭になくて・・・あれ?マックをクレイに置き換えたら私と同じじゃないですか(笑)

すっごく遅いコメントですが…。本は読んでも掃除はしたんですね。エライ!わたしもmacユーザーなのでその雑誌はたまに買っています。蝦子さんの絵に惹かれてつい読んでしまいます。おもしろい文章ですよね。本になってるとは知らなかった。うちはまたまたクレイハウスになりかけですよ~

>MAYさん
やることやらないと安心してアメリカに行けませんからね~。何とか頑張ってキレイにしました。そういえばMAYさんもマックでしたね♪呉さんの本、再度読み直してますがホント面白いです!先日病院の待合室で読んでいて笑いが止まらずすっかり怪しい人になってしまいました(笑)これから怒涛の連日コンサートなので私の家もクレイハウスに戻っちゃうかもv-13

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/351-7db39b2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。