スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレイツアーの思い出 : 番外編 Part.2 

ここ2,3日ちょっと更新をサボッてしまいました。そうしている間にも記憶は遠い彼方へと・・・ってことで順序を追って記事書いてる余裕はなくなってきたので思い切りさかのぼって初日にあった出来事に触れたいと思います。ちょっと長いです。



■ 初日にピンチ!
出発日の前日はやるべき事が残っていたため結局徹夜となってしまい、文字通り一睡もしないまま当日の朝を迎えました。私の住まいは成田空港に近く家を出るのは午後からでも充分だったので、AM9時から1時間ほど仮眠を取りすべての支度を整えて余裕の出発となりました。空港で皆さんとお会いしてからも緊張や興奮で気分が高まり自分としては絶好調、ワクワクしながら飛行機に乗り込んだのでした。約11時間という長いフライトでしたが機内でクレイについて語り合ったり映画を鑑賞したりしていればあっという間に着くだろうと思っていました。実際は夕刻からのフライトということもあり機内食を食べて少しお喋りした後は皆さんほとんど睡眠を取られていました。この時の機内はめちゃくちゃ寒くてブランケットで首元までしっかり覆っていないと辛かった程です。

映画を見つつウトウトしたりして、寝たのか寝ていないのか分からないような睡眠しか取れずにいたら朝食らしき機内食が運ばれてきました。チーズ入りのオムレツにソーセージとローストポテトというメニューで、お味のほうは正直・・・いただけませんでした(あくまで個人の意見です)。特にオムレツは航空会社のHPを見たら「スイスチーズオムレツ」だそうですがYOUさんが命名した「かまぼこオムレツ」のほうがピッタリという微妙な代物でした。今にして思えばこれが全ての引き金になったのかも・・・。

その後またウトウトしていたらほどなくサンフランシスコに到着とのアナウンスが。何となく胸がムカつく感じを覚えつつお隣のアーミンやYOUさんと喋っていたら段々ムカつきが吐き気に変わってきて、これは気のせいだと自分に言い聞かせ続けジッと我慢していました。ところが飛行機が空港に着陸した頃にはもう洒落にならない状態で「ほぼ初対面の方達との旅行初日に失態は見せられない!」との思いだけで何とか持たせていましたが遂に限界、降りようとする乗客とは反対方向にあるトイレに向かって一直線!

トイレを目前にして初めて体験したのが“目の前が真っ白になる”状態。本当に視界の端からサーッと白くなっていくものなんですねぇ。視界が利かないまま何とかトイレに駆け込んだもののどうしても吐けない・・・(汚い話でごめんなさい!)。そのうち心配してくださったアーミンが「大丈夫?」と声を掛けてくれたのを聞いたら何だか情けなくなってきて、「今までこんなこと一度もなかったのに、何でよりによってこの大事な旅行の初日にこんなことになっちゃうの?」と自分に腹が立って涙が出てきました。何とか頑張らねば!と乗り継ぎの機内でもひたすら寝て気分を紛らわせようやくサンディエゴ空港へ到着しHS Girlさんと対面、その後ヨロヨロの状態のままホテルへ。

どうしてそんな印象を持たれたのか分かりませんが、私は繊細で弱々しいと思われているらしいと知り「それは違うよ~!」と声を大にして言いたかったのに、逆にそれを証明するような状況になってしまい、せっかくの楽しい旅行初日に皆さんに余計な気を使わせてしまい大変申し訳ないことをしてしまいました。前日からしっかり睡眠を取らないまま機内でも同様によく眠らず、いつもは食べない朝食にあのかまぼこオムレツ(笑)、いつにない緊張や興奮なども加わりこのような結果になってしまったのではないかと思います。もう若くないんだから体調は万全で臨まないと痛い目を見るということが骨身に染みた初日となりました。



■ San Diegoの夕べ
ホテル到着後皆で夕食を食べに行くことになりましたが私は到底ムリ!同室のYOUさんも前日から夜行バスでの成田入りでお疲れのため2人でお留守番することに。YOUさんはシャワーを、私はとにかく眠っておこうと思っていたところに同じくお留守番組のmmtt-coさんが部屋を訪ねてこられました。YOUさんがシャワーを浴びている間ずっとmmtt-coさんとお喋りしていたら不思議と気分が良くなってきて、結局睡眠をとることもなく3人でちょっとSan Diegoの街を探索しようということになりそのまま外出。


    SD-a.jpg



夕刻とはいえまだ日の明るいSan Diegoの街は、海風が心地よくちょっと肌寒いくらいでした。日本とは比べ物にならない広い道路に車はあまり走っておらず人影もまばら(というか人がいない)。何か食料を調達しようとコンビニやドラッグストアに入りましたが結局お水やお菓子を買っただけで、すっかりひやかし客状態(笑)ついさっきまで具合が悪かったことなどすっかり忘れるほどSan Diegoの夕べはすごく気持ちが良くて、3人でのんびりまったりお散歩を楽しみました、ってアメリカでこんな危機感のない行動していいのかどうか(^^;)

ホテルに帰ると夕飯組の皆さんはもう戻られていて、食べ切れずお持ち帰りした分を私達の夕飯としてちゃっかり頂きました。体調も元に戻り次の日に控えた初のクレイコンサートに思いを馳せながらこの日は久々にゆっくり寝ることが出来ました。皆さん、本当にお騒がせしました!私は全然弱っちくないんですよ~。



スポンサーサイト

コメント

繊細で弱弱しいkotobukiさんこんばんは!(笑)
という私も具合悪くした組なんですけどねぇ。kotobukiさんが吐き気をもようしてトイレに駆け込んだなんて全く知らずに先に飛行機から出てしまっていました。でも、kotobukiさんは悪くないです!飛行機が悪いんです!あの寒さが!!結局、私は行きも帰りも具合悪くなりましたもん・・国際線恐怖症です(笑)国内線は平気だったのに。
お散歩は楽しかったですね~!全く危機感のない3人だったんでしょうか?少なくとも私は何も考えずに「楽しいぃ♪」って言ってた気がします(危機感ゼロ。危ない・・笑)でも、NCの次にSD大好きです!気持ち良かった・・また行きたいです♪

吐き気を我慢するのつらいですよね…(><)皆さんに評判の良くないあのオムレツが良くなかったのでしょうかね…。(かまぼこオムレツ!?気になる~^^;)でもコンサート前に治って良かったですね!!街の探索おもしろそうですねー!アメリカのおやつや食べ物ってデザインがみーんなかわいいですよね♪

うひゃひゃv-408
YOUさんに引き続き、kotobukiさんも胃腸系の攻撃にあわれていたんですね。いやー、笑っちゃいます。ごめんなさい。
飛行機、寒かったらブランケットもう一枚貰えばよかったのに。。。YOUさんもよっ!
かまぼこオムレツとか結局メニューご一緒だったので、あの不思議さよ~くわかります。
SDの町をお散歩できてなによりでしたね、繊細で虚弱なkotobikiさん!v-218

いやー、会ってもkotobukiさんは繊細でか弱いという印象は変わりませんよ!ちょっと毒舌というのが加わりましたけど(笑)
あの時は心配しましたよー。でも実は「やっぱり」でした(笑)あんだけ大勢いれば飛行機酔いする人が一人ぐらいいるだろうと。そしてそれはたぶんkotobukiさんじゃないかと(笑)。

Kotobukiさん、
私も同じようなけ経験をしたことがあるんですよ。初めて一人で日本へ行った時の話です。その時、25年ぶりにHSを生で観るためにDSへ行きました。その前日は興奮と時差ぼけのせいで眠れませんでした。さて、DSの日、朝から吐き気がしたり、立ちくらみもしました。気分が悪かったけれど、準備して下へ降りて(DSホテルに泊まりました)いざ会場へ。 席に座り、ディナーサービスが始まり、もう限界でした。そこで吐き気がひどくなり、飛び立って部屋へ戻りました!v-355 
もう悔しくて、涙が止まりませんでした。気持ちを落ち着かせて、冷たい水で顔を洗い、もう一度メイクをして、会場へ行きました。 座ってすぐ、ショーが始まりました。 HSがステージに立った瞬間、吐き気も消えました!v-425

今思えば、寝不足、興奮&時差ぼけが重なったんですよ。Kotobukiさんもその通りですが、その上にまずい機内食でしょう。吐き気はするでしょう。 

とにかく、素早く回復出来て良かったですね。

長々とすみませんでした。v-436

>YOUさん
ええ!YOUさんも具合悪かったんですか?あの時は切羽詰っていてまわりが全く見えていませんでした。気付かなくてゴメンなさい。お互いかまぼこオムレツがとどめになったのかなぁ?そしてあの寒さには要注意ですね!
でもSan Diegoでの散策は本当に楽しかったですね。私もNCの次にSan Diegoが好きだな♪もっと時間を掛けてゆっくり観光したい街でしたね。


>nottiさん
お久し振りです!まったく情けないのですが、吐き気は我慢してもしきれるものじゃないのでホント参りました。胃が弱っているときはかまぼこオムレツには要注意です。アメリカのお菓子や雑貨は見ているだけでも楽しいですね♪でも今は結構日本でも売ってたりするんですよね(笑)


>luvrockさん
うひゃひゃって、笑い事じゃなかったんですよ!でも大事に至らずホント良かったです。クレイも見れずに帰国、なんてそれこそ洒落になりませんからね。luvrockさんも食べたんですね、例のモノ。やはりあれはかまぼこオムレツと呼ぶのが一番しっくりきませんか?で、私は繊細じゃありませんから!それはよくご存知のはず(笑)


>NCAさん
毒舌?どなたかと間違っていらっしゃるのでは?(笑)いえ、確かにおっしゃる通りです(^^;)その節はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。でも私が具合悪くなると予想されていたなんて、そして見事当たってしまうなんてなんだか悔しいーー!(笑)


>HS Girlさん
折角のお料理もまったく食べられなかったなんて残念でしたね~。でもHSのショーは無事楽しむことができて何よりでした。HSへの想いが吐き気に勝ったんですね!でもここ一番って時に体調が悪くなるって本当に悔しくて自分が情けなくなります。私も今回のようなことを繰り返さないように体調管理をしっかりしなければいけない、といい教訓になりました。

人間が食べる物ならなんでも食すことができる丈夫な胃腸と食欲を持つ私ですが、そんな私もつわりはひどかった!お風呂のお湯の匂いまで鼻につくし、ラーメン屋やケーキ屋さんの前は、鼻をつまんで駆け足で通り抜けていました。(イイ匂いのはずなのに…何故??)
吐き気がするのに吐けない時がどんなに辛いことか!
かわいそうに、ずっと我慢してたんですね。

私はM&Gで興奮したせいか、その夜、突然の歯痛に悩まされました。
その節は痛み止めを分けていただき本当にありがとうございましたm(__)m
いずれにしても全員無事に帰国できてよかったですよね。

>アーミン
こちらこそその節はご心配をお掛けしました。しかし、人間が食べる物ならなんでも・・・っておよそアーミンには似つかわしくないお言葉!(笑)私は結局人生でつわりを経験することはありませんでしたが、聞くところでは食の好みなどもガラッと変わってしまうとか。そして匂いも影響があるんですねぇ。よく考えてみればとても不思議な症状ですよね。
吐き気と同様に歯痛もこれまた辛いものですよね~。痛み止めが効いてホントに良かったです。

私も今はどこでも寝れるし、何でも食べれるがさつなやつですが、留学で初渡米したときは翌朝お腹が痛くなって泣いてしまい、早速ホームシックかとホストファミリーに大変なぐさめてもらったことがあります。私にもそんな繊細な時期があったんだー。おかげでいいこと思い出させていただきました。ありがとうございます♪
吐き気はさぞつらかったでしょうね。。自分ではどうにも治しようがないですもんね。
でも、素早く回復してよかったですね。これもまたClayに会うんだ!っていう精神力のおかげでしょうかね。

>まっちるさん
皆さんのエピソードを読ませていただくと弱った体に緊張感などが加わって、といった事例が多いようなので、“気の持ちよう”っていうのも多分に影響するのかなと思えました。でもいつまでもこんな軟弱ではいけないので私もまっちるさんのように強くならなきゃ!よーし、早起きしてひとっ走りするか~・・・それはムリ!ムリ!(笑)
結論としては最終的にクレイという目標があれば大抵のことは克服できる、ってことですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/376-e8f4fa8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。