スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『LIFE OF PI』 に挑戦! 

唐突ですが、読書の秋でございます
わたくしこう見えても活字中毒でした、クレイ三昧になる前は・・・。
近頃は前にも増してボケ~ッとPC前に座り日がな一日ダラ~ッと過ごしておりまして、さすがにこれではいかん!と思い立ち久々に本でも読んでみようじゃないかという前向きな気持ちになりました。

どうせ読むなら今まで手をつけていないジャンルの本に挑戦してみようと思い、先日まっちるさんブログで紹介されていたクレイが読んだという『パイの物語 -LIFE OF PI-』を図書館に借りに行きました。あ、勿論言うまでもなく翻訳版のほうです(笑)


         20071026001715.jpg

         ※ M・N・シャマラン監督で映画化って本当なんだろうか・・・?


まっちるさんのブログ記事やネット検索で得た本のあらすじを読む限り私とはまったく無縁な本なので、正直ちゃんと読破できるか不安です。私がよく読む本といえばとりあえず人が殺されなきゃ話が始まらない!ってたぐいのモノばかり。“30年前の忌まわしい事件が引き金となり○○家を舞台に血で血を洗う惨劇が~”とか“知能犯サイコキラーと敏腕捜査官の手に汗握る頭脳戦!”みたいな、絶対クレイは読まないであろうジャンルなんですよね~(^^;)言ってみれば横溝正史とトマス・ハリスの世界が好みなんです。

残念ながら私が行った図書館には置いていなくて隣町の図書館に1冊あるらしくこの日は予約だけしてきました。クレイが読んだ本として有名なもう1冊の『KITE RUNNER』はもともと置いていないとのことで、折角なのでリクエストカードを残してきました。

そういえば『パイの物語』をAmazonでチェックしていたら“この商品を買った人はこんな商品も買っています”の欄に何とこの『KITE RUNNER』が!!しかもオリジナル(英文)のほうですよ。もしや私の知っている日本のClaymateのどなたかでしょうか?知った方ではなくとも絶対クレイファンに違いない!と勝手に解釈して一人喜んでました♪


            20071026012529.jpg



ここで素直に帰ればよかったのに、久々の図書館ということでつい我慢できなくて自分の好きなジャンルの本を2冊も借りてきてしまいました。

1冊は国内のミステリーで石持浅海の『扉は閉ざされたまま』。宝島社「このミステリーがすごい!2006」の国内編第2位に輝いた本作はいわゆる密室殺人モノですが、犯人と犯行の様子は冒頭に描かれています。同窓会を舞台に完全犯罪を目論んだ犯人と疑問を抱く一人の参加者との攻防を描いた作品、だそうです。1日あれば読めそうなのでチョイス。


             20071026010059.jpg



もう1冊は翻訳モノでジェフリー・ディーヴァーの『魔術師 -イリュージョニスト-』。D・ワシントンとA・ジョリー出演で映画化された「ボーン・コレクター」でお馴染みリンカーン・ライムシリーズの第5弾です。こっちはなかなかの曲者で515ページのハードカバーなので持ち歩く訳にもいかないから、家で時間を作ってじっくり取り掛からないといけません。でもすごく楽しみ~♪


           20071026010720.jpg



などと言っている間に図書館から電話があり予約していた『パイの物語』が用意できたとのこと、なんと一気に3冊も本を抱えることになってしまいました。当初は秋の夜長にコーヒー片手にゆったり読書・・・ってイメージだったのが、「急げ!急げー!返却日までに間に合わせろー!!」と焦りながら読む羽目になりそう(^^;)ここはひとつ気合を入れて頑張りますか!


でもね、ホントはね、それよりも先に手を付けなきゃいけない大事な本があるのですよ。読みたい気持ちはあるのですが、その都度巨大な壁が立ちはだかって私の意欲をそぐんです。その壁とはズバリ“英語”、そしてその本とは・・・ああ!ファン失格!!


     「まずはこれでしょうが!!」
   LTS-a.jpg




スポンサーサイト

コメント

秋ですねぇ♪読書!!
頑張って下さい! 私も東電OL頑張ります…
人が殺されないと読めないなんて!!めまいがぁ~(笑)
  • [2007/10/26 08:12]
  • URL |
  • オリーブジュース
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

kotobukiさん、大丈夫。期待して読み始めてください。言ったでしょう、表紙の綺麗さにだまされちゃいけないって。このミスは毎年自分の読んだ本がどれだけ紹介されてるか楽しみに開くんですが、あんまり重ならない…。審査員と好みがちがうのか、それとも気に入った作家を発見すると片っ端から読みあさる習性のせか。「ボーン・コレクター」は映画も本も面白かったですが、シリーズ続いてたんですね。ああ長くなっちゃった。kotobukiさんと本の話もしたい!

Life of Pie、まっちるさんがご親切にも貸してくださったのですが、実はまだ手が出せずにいるだめな私です(笑)というか今読んでる本が読み終わらないのもあるんですけど。読み終えたら感想教えてくださいね!
人が死ぬ本って、kotobukiさん京極は読みませんか?私好きなんですけど。

人が死ぬ本…。
新卒の時、友達にパトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズの文庫(あの厚いヤツ!)をドサッと5冊も誕生日プレゼントされた記憶が。でも数ページ読んで挫折しました(泣)だって、出だしからスプラッタなんですもん(T_T)
LTSは、私にはライフ・ワークになることに決まりそうです(笑)
そうか、パイの本翻訳出てるんですね。私も図書館久しぶりに行こうかな。

>オリーブジュースさん
秋に読書って誰が決めたんでしょうね?暑かろうが寒かろうが読みたい時はガンガン読んでました、私(笑)今は~・・・とにかく頑張ります!オリーブジュースさんの「東電OL事件」の本もかなり重い内容ですがめげずに読破してくださいね。


>まっちるさん
はい!まっちるさんの感想を読ませていただいて挑戦してみようと思い立ちました。ただ自分にとって未知のジャンルなものでちょっとだけ不安で・・・。私は“このミス”の国内編と海外編の各入賞作品をメモして、ハードカバーだけ図書館で借りています。文庫に比べてかなり高いですからねぇ。J・ディーヴァーなんてなかなか文庫化しないので困っています。今度是非本の話をじっくりしたいですね♪


>NCAさん
私は図書館からの借り物なので急いで読まなきゃなりませんが、NCAさんはじっくり楽しんでください。果たしてクレイの趣味と自分の趣味がマッチするのでしょうか。この本が面白かったらちょっとミステリーから離れて色々なジャンルの本を読んでみようと思っています。あの~、人が死ぬ本ってちょっと誤解を招くというか、殺人の謎解きや大どんでん返しが好きなのであって決して人が殺されるのが好きという訳じゃないんです!それじゃ危ない人ですよ~(笑)


>sidneyさん
ああ、sidneyさんまで~(ToT)お願いですから誤解しないでくださいね~!
P・コーンウェルの検視官シリーズ、ほとんど持ってます(^^;)確かに殺人の描写はスプラッタかもしれませんね。私は最後の謎解きへの期待のほうが大きくてそういうのも全然平気なんですよね。そんな本ばかり読んできてちょっと感覚が麻痺してるのかもしれません。それよりも早くLTSを読まないと!買ったのかなり前なんですよ~。お互い英語と格闘しながら頑張りましょうね!

>sidneyさん、
検視官シリーズ、読めないですか?あの本、すごく面白いのに!事件の描写は確かにグロテスクですけど、観察眼は科学的なのであんまり生々しくなかったような・・・。それに主人公と周りの人物たちのからみとそれぞれの人生の流転は読み応えがあります。ただ、最近は行き詰まり観もあり、作者もこのシリーズはあんまり書いてないみたいですね・・・。

活字中毒・・私もです。
人が殺されないと・・私もです。
コーンウェルの検死官シリーズ・・全部持ってます。
トマス・ハリス・・映画ともども名作です。
このミス・・必ずチェックしてます。
クレイのおかげで本から遠ざかり、「先に手を付けなきゃいけない大事な本があるのに」、やっぱりミステリーばかり読んでいることも・・いやはや同じです。

『扉は閉ざされたまま』、いかがでしたか?
設定的にはかなり好みです。

kotobukiさん、まっちるさん
すいません、言い方悪かったですね(^^;)私もサスペンスはけっこう好きです♪だから、スプラッタの先の推理の楽しさや、人間模様の醍醐味をぜひ味わいたかったですね~。友達もすんごい勧めてくれてプレゼントしてくれたのに、悪いことしたな~。
でも、なにせ私ってば、映画でもホラーやスプラッタは大の苦手で(^^;)リアルに想像しすぎなんですよね、きっと。本も頭の中の映像を「見て」読んでる感じだし。

>まっちるさん
そうそう!描写の過激でグロい部分はさておいて、登場人物それぞれに魅力があってシリーズを読み進めていくうちにかなり感情移入しています。これケイ・スカーペッタをデミ・ムーアが演じて映画化されるって話がだいぶ前にありましたねぇ。聞いた時はそれはちょっと違うぞ!と思いましたが完全に立ち消えたみたいですね。


>keiさん
keiさーん!仲間ですね。すごい親近感を感じますよ~。
もうね、純文学にはまったく手を付けず読み漁ってるジャンルがジャンルだけに胸張って「読書家です!」って言えないところがありますよね(笑)
「扉は閉ざされたまま」をとりあえずやっつけました!私には珍しく犯人が何故そうしなければならなかったのかは薄々分かったんですが、殺人の動機はまったく予想していませんでした。この設定は新しくて興味深かったです。ネタバレ防止のため多くを語れないのが残念です。


>sidneyさん
いえいえ、どうしても苦手なものってありますからそれは仕方ないですよ。そういう描写のない面白いミステリーだってたくさんありますし、逆にsidneyさんお勧めの本も是非教えてください♪
とりあえず借りてきた本を1冊読み終えて読書欲が再び蘇ってきました。この調子でLTSも・・・それはさすがに無理か(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/399-817a98b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。