スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season7 / TOP10 Performance & Result Show 

今回のテーマはお馴染みの『生まれた年の曲』ということで、候補者には80年代生まれが多いだけにTOP20の課題と同様にほぼ80's特集のようでした。ところでリニューアルしたスタジオに設けられたかぶりつきの立ち見ゾーンの観客は仕込みでしょうか?始終キャーキャー騒いだりバラードではみんな一緒に両手を上げてヒ~ラヒラって、まるで『So You Think You Can Dance』を見ているかのようで、観客席の袖でAディレクターあたりが指示出してそうですね。


■ レイミエル / Alone('87)
髪をひっ詰めていたので可愛い顔が良く見えました。体型同様に顔も小さい!Heartの曲はカーリーも過去に歌っていましたが、こういった声張り上げて熱唱する曲はコンテストの場で歌うのには適しているんでしょうね。個人的には好きなジャンルではないし、レイミエルは体調不良で迫力不足。こういう曲で不完全燃焼だと聞き手にもストレスが溜まります。どうにもパッとしないパフォが続くレイミエルちゃん、いよいよ危ないかな?


■ ジェイソン / Fragile('87)
子供の頃のジェイソン、めちゃくちゃキュートでしたね~♪何ですか、あのクリンクリンのまつ毛は!女性はキレイな目には弱いものなのですよ。そんなジェイソン君、今回はギターを復活させてスティングの名曲で勝負。彼の脱力したような歌い方は少しお気楽モードな曲には合っているけれど、この曲じゃあ気だるいだけで気分が滅入ってきそう。本気なんだかやる気ないんだか分からないところが彼の魅力でもあるけれど、少なくともパフォには“本気”が表れないと勝ち残るのは難しいですよね。彼の個性が活きる選曲でガツンと決めて、ルックスが先行しているなどと言われないように頑張ってもらいたいものです。


■ サイーシャ / If I Were Your Woman('87)
'87年生まれが続きますね。いつも必要以上に自信満々で正直苦手でしたが、先週のYesterdayと今回のパフォでかなり好きになってきました。音程もほぼ完璧だったし、抑える部分と盛り上げ部分の抑揚の効いた心地よいパフォでジャッジも絶賛でしたね。ステージ映えもするし実力的には申し分ないものの強烈な個性はないのが難でしょうか。


■ チキージー / If Only For One Night('85)
不評を買うリスク覚悟で敢えてバラードを選んできたチキージー、案の定またしても古臭~いパフォになっちゃいました(^^;)歌自体は上手いと思うんだけど、似たようなシンガーは既に大勢いるので特に目新しさはなし。サイモン指摘の“女性の観客の手を取って熱唱”は、仰るとおり見てるこっちが小っ恥ずかしくなってきます。そういった批評(酷評)を受けている時のはらわた煮えくり返ってるんだろうなって感じさせる彼の目が怖い・・・。とてもじゃないけど好感は持てません。


■ ブルック / Every Breath You Take('83)
こっ、これは私の大大大好きな曲ではないかっ!よりによってブルックに歌われてしまうのが個人的には残念無念・・・。実力がどうのこうのという前に生理的に受け付けないタイプだから、出来が良くても好評価できないので多くは語りません。ただジャッジとのやり取りやライアンとの会話にどことなくあざとさを感じてしまうので、喋っている場面は見たくないです。


■ マイケル / We Will Rock You & We Are The Champion('78)
おっと、最年長のマイケルさんで今回初の'70ソングです。でもイントロが流れた瞬間、シーズン5のQueen Weekで大コケ(失礼!)しちゃったエースのパフォが頭をよぎり一気に不安に・・・が、そんな心配はご無用だったみたいです。HWオーディションでも思いましたがのんびりムードのイケメンオージーなマイケルさんの十八番がQueenとは意外です。イイじゃない!単純にカッコイイじゃない!と絶賛しつつ、再三のQueenナンバー選曲とか敢えてメドレーにしてきたところをジャッジがどう評価するのかが読めなくて夫婦でドキドキしながら見ておりました。で、ジャッジ(特にサイモン)が好評価だとホっとしたりして、まるで身内のノリです(笑)


■ カーリー / Total Eclipse Of The Heart('83)
先週は抑えた歌い方に好感が持てたと思ったらボトム3入り、と全米視聴者と私は意見が合わないことが判明。力強い熱唱がお得意のカーリーだから生まれ年である80年代からはそれ系の曲をチョイスするだろうと予想していましたら、やっぱりそうでしたか~。なにぶん自分では絶対に無理なので経験はないのですが、こういう曲は歌い終わった後の達成感も大きいんでしょうね。それだけに軒並みジャッジから不評だったりするとかなりお気の毒です。今回は黒ずくめのクールな衣装で先週よりもかなりスリムな印象でした。ところで、カーリーってNCISのケイトに似てませんかね?


■ デヴィッド・A / You're The Voice('90)
唯一の90年代生まれのデヴィッド・A君はどんな選曲をしてくるのかと楽しみにしていたら、ジャッジも知らないようなマイナーな曲でビックリ!中途半端なアップテンポに乗り切れず無理に作り笑顔で歌ってるようで、彼に全然合っていませんでしたね。誰もが口ずさめるいい曲がごまんとある中で、何故にこの選曲?本当に彼が歌いたかったのか、それとも単に奇をてらってみたのか理解に苦しみます。実力・人気ともに全く問題ないのだから、お得意のバラード系で心にグッとくるパフォをお願いしますよ~。とはいえ、大失敗ではないので残るのは間違いなしかな。


■ クリスティ / God Bless The USA('84)
この曲は・・・コンテストで軽々しく選曲しても良い曲なんですか?なんだかあまりにベタな選曲に、若干引いてしまいました(^^;)日本人の私にはアメリカの方々がどう受け取るのか予想もつかず、もしかしてすごい反感買っちゃうのでは?と若干心配に・・・。でも全然OKだったみたいですね。楽曲としての魅力という点では首を傾げてしまうものの、ここにきて初めてジャッジに絶賛されクリスティ本人が大喜びだったので、まぁ良しということで♪


■ デヴィッド・C / Billie Jean('82)
この曲は・・・って、クリスティと同じ書き出しですがこちらは全く違った意味で驚かされました。80年代でBillie JeanっていったらあのBillie Jeanしかないよね、でも全然別の曲にも聞こえるし、いやいやこのサビは間違いなくあのBillie Jeanだよ!と旦那と2人で困惑気味。後にこのバージョンにも元があると知ったのですが、この時点ではデヴィッド・Cのアレンジだと思い込み、あのMJの曲ですからランディあたりが酷評するのでは?とパフォよりもジャッジの反応に興味津々。結果、彼の挑戦は大成功だった訳ですね。堂々と自信に満ち溢れたステージの後、ジャッジのコメントを聞いて安堵の表情を隠し切れないところなんて、また女性ファンを増やしそうです。いまや立派な優勝最有力候補の一人と言えますね。

    
Result Showにはシーズン2のTOP3だったキンバリー・ロックがゲスト出演しました。番組内でいつもクレイとハグしたりキスしていたキンバリー・・・クレイとハウスシェアしていたキンバリー・・・クレイのズボン(パンツも?)を下ろしたことがあるキンバリー・・・そんなキンバリーがゲストと聞いて、もしやVTRでチラッとでもクレイの映像が映るんじゃなかろうか?と淡い期待を抱いていたら、出ました!クレイの超キュートな映像がっ!!本当にちょこっとでしたが、もうこれだけで私十分に幸せです。キンバリー、あなたのお陰よ、ありがとう♪


      懐かしのTOP3の面々!クレイが可愛すぎるーーー!!!
    TOP3.jpg



あ、肝心のボトム3ですが、チキージーは予想通りとしてサイーシャには驚きです。あれだけの素晴らしいパフォでもボトム3入りしてしまうのもAIならではなんですが、全米視聴者何考えてんの?と言いたくなる結果です。そしてもう一人はなんと人気者ジェイソン君!喋るの苦手なはずなのに妙にベラベラ喋りまくっていた辺り、本人もショックだったのでしょうか?でもとりあえず彼はセーフ。そしてサイーシャもセーフを告げられ、今回のお別れはチキージーでした。不思議なもので、たいして好きでもなかった候補者でも今回でお別れとなると途端に寂しい気持ちになるのは各シーズンとも同じようです。


ところで、今回のテーマ『生まれた年の曲』と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、シーズン5優勝者Taylor Hicksのこのパフォです。これは最高だった!サイモンに酷評されようともこういうテイラーが大好きでした。


      Taylor Hicks / Play That Funky Music
    



スポンサーサイト

コメント

いやあ、kotobukiさん独自の批評が面白い!海外ドラマや洋楽に精通してるkotobukiさんならではのコメントの数々で、読んでて楽しかったですよ。そして、もったいなかったです。日本のAIサイトに載せても全然OKじゃないですか!v-392私、今回AIあんまりちゃんと見てないんですけど、このコメントでかなり分かりましたよ。サンキューです♪

>sidneyさん
同じくAI7について書かれている他の方のブログと比べると自分勝手で的外れな感想文みたいな私の記事が恥ずかしい・・・だから読んでいただけるだけで有難いです!
sidneyさん!クレイ出演(VTRのみだけど)があると知ったからにはちゃんと見ないと~(笑)当日は録画準備万端で臨みましょうね!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/466-bb6c6872

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。