スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season7 / TOP9 Performance & Result Show 

今シーズンも難関のカントリーweekがやってまいりました。今回は『ドリー・パートンの曲』に限定されており、ご本人が候補者の指導もされます。ドリー・パートンと言えば有名なカントリーシンガーであり映画『9時から5時まで(9 to 5)』に出演していたハデなおばさん、くらいの認識しかなかったんですが、とてつもなく多くの曲を作られてるソングライターでもあったんですね。しかも「え!この曲も?」というような有名な曲もドリーさん作と知って、かなり驚かされました。


■ ブルック / Jolene
この曲はオリビア・ニュートンジョンのバージョンを聴いてました。これもドリーさんでしたかぁ。この日のブルック、音程が不安定で全体的に気忙しい印象だったような。トップバッターだったこともあり、番組終了時には忘れ去ってしまいそうなパフォでした。


■ デヴィッド・C / Little Sparrow
なんでもこの収録後に病院に運ばれたそうですね。今年の候補者は体調崩す人が多いみたい。パフォ前に、今まで高評価だった曲のアレンジはオリジナルではなく他のアーチストのものを参考にした、と説明するデヴィッド・C君。シーズン5でドートリーが番組内で同じような釈明(?)をしていましたが、彼にもそういった騒動があったのでしょうか?今回のロックバラード調なアレンジはオリジナルだったようで、体調が万全でないにしてはいつものように安定した出来でした。


■ レイミエル / Do I Ever Cross Your Mind
私服はかわいいのにステージ衣装はどうしていつもこんな変てこりんなんでしょう・・・。パフォは今回もいまひとつ決まらず不完全燃焼、サイモンの言うとおり安っぽさを感じてしまいました。TOP12以降ずっと不振続きのレイミエルちゃん、どんどん厳しくなっていく状況の中一度も会心のパフォを披露できていないのは正直キツいですね。


■ ジェイソン / Travelin' Thru
会場の声援の大きさが人気度を物語っているジェイソン君、声に味はあるけど声量があまりないので、前回のスティングの深刻そうな曲よりもこのくらい軽めの可愛らしい曲をサラリと歌うほうがハマると思います。彼にはハッピーな雰囲気がよく似合う♪


■ カーリー / Here You Come Again
Japanese Claymateとしては、この曲といえばやはりクレイ!昨年のサマーツアーでのオープニング曲として強く印象に残っている大好きな曲です。ドリーの原曲は軽快で明るい曲調だったのに対し、カーリーのアレンジは明らかにしっとり系のクレイバージョンに近かったですね。カーリーもなかなか良かったのですが、後半あんなに歌い上げることなかったのに。それが彼女の持ち味だから仕方ないのかな。


■ デヴィッド・A / Smoky Mountain Memories
一番若いのに若々しい曲がしっくりこないのは悲しいけど、やはり今回のように実力を見せつけられると、この子はスゴいんだなぁと思わざるを得ませんね。ジャッジから絶賛コメントもらう度に感無量になっている姿を見ると、ちょっとだけAI2の頃のクレイを思い出します。余計なお世話ですけど、せめて衣装をもう少し若々しくしてあげたらいいのに~。4人の男子の中で一番おっさんくさいですよ(笑)


■ クリスティ / Coat Of Many Colors
TOP9の中で唯一のカントリー畑な候補者ですから、彼女にしてみればまさに今回は「待ってました!」でしょう。予想通りソツなくまとめてきました。が、もっと光り輝くかと思いきや意外と普通すぎて心に残らないパフォだったような・・・。でも前回のGod Bless The USAよりは好きなのでサイモンには同意できません。またまた衣装のことばかり言って申し訳ないのですが、Result Showでのジーパン姿のほうがクリスティの飾らない雰囲気を引き立てるし長い足が強調されて、断然似合ってると思います。


■ サイーシャ / I Will Always Love You
映画「ボディガード」で有名なこの曲までもがドリーさん作とは!映画の中でもホイットニーが原曲を大胆にアレンジして歌った、というストーリーになっていたと記憶しています(間違ってたらごめんなさい)。ある程度歌唱力に自信のある人は、この曲歌いたがりますね。やはり一般にはホイットニーのあの素晴らしい歌声が強く印象に残っているから比べるなというのは無理な話でありまして、いかにご本人が気持ちよく歌い上げたとしてもどうしたってホイットニーには敵わない訳ですから、結局あまりいい選曲だったようには思えませんでした。


■ マイケル / It's All Wrong, But It's All Right
やはりこの人はロックよりもソウルが似合う!!この日のマイケルさんはいつもの安定感に加えて渋い大人の魅力全開で、まさに言うことなしでした。ボトム入りとまではいかないまでも大満足の出来とは言い難いパフォが続いていたので、ここにきて2週連続で良い出来だったのは大きいですね。以前にも書きましたがTOP24の頃は私の中の一押しだったので、是非このまま上り調子をキープして勝ち進んでいってほしいです。


     
Result Showのグループパフォはドリーのヒットナンバーで同名映画の主題歌でもある『9 to 5』。昨日の番組終了後に病院行きとなったデヴィッド・Cが元気に踊っているのを見て一安心。どうやら大事には至らなかったようで何よりでした。 今回番組内でこのデヴィッド・Cとジェイソン君とマイケルさんが同室であることが判明しました。が、男性候補者は4人ですよね。じゃあ残ったデヴィッド・A君は一人部屋??


番組中、ナッシュビルを拠点とするAI卒業生達の特集でシーズン5のバッキーがー!あの懐かしい笑顔は今も健在でした♪そして前シーズンのフィルもカントリー路線で活動することになったんですね。PVに本当の奥さんが出演されていたのがちょっと笑えましたが、番組オーディション時に誕生した2番目のお嬢さんがVTRではあんなに大きくなっていてビックリしました~。ボー・バイスが手術を受けて一年間活動休止していた、というのも初耳でした。ボーの息子さん、可愛いっ!ママ似なのかな?(笑)


今回のボトム3はクリスティ・レイミエル・ブルックの女性3人。特にクリスティは得意のカントリーweekにも拘らずボトム入りしてしまい、また本人が少なからずそれを覚悟していたというのがツラいところです。発表の前にアイドル・ギブズ・バックの報告VTR(あんなに作り込まなくても・・・)と、ゲスト指導者のドリー・パートンのステージという明と暗の構成が微妙でした(^^;)しかしドリーさんのものすごいプロポーションには驚嘆するとともに、いつまでも美しくあろうとする姿勢と努力には素直に脱帽です。


結果発表の前のブルックがウザっ!やっぱり苦手です、この人。でも一番にセーフを告げられ、内心チッ!と舌打ち(笑)まぁ落選するほど酷いパフォではなかったのでこの結果は当然だと思います。そして今回脱落したのは、レイミエルちゃんでした。ずっと応援していた候補者の一人だったので非常に残念ではあるけれども、実力があってもそれをステージで活かせなければこの結果も仕方ないのかもしれません。


次回のテーマは何になるのでしょうね。
探りたいけどネタばれは避けたいので静かに次週を待つことにします。



            
スポンサーサイト

コメント

今回は、ドリー・パートンの偉大さがわかった週でしたね。
私も「9時から5時まで」の記憶しかなかった。
やはり同年代ですね。

結果は予想どおりで妥当。
私は彼女、苦手だったし。

フィルのアルバム、本日発売。しっかり予約済みです☆

疲れた眠たいといいつつかかさず見てますよ。今回ドリーに対して全く同じとらえかたです。偉大なアーティストなんですねえ。ジョリーンも?ホイットニーの曲もか!てな感じです。
アーチュレッタ君が素朴でかわいいのなんのって!!この年でこの実力。でもわかいのに老けてる。なんとかしてあげてほしい。ちょっとクレイの雰囲気ありますね。
Dクックがドートリーを思い出させるんですよね。応援してます。毎回ひどい出来はないですね。
Mジョーンズはロックよりブルースっぽいのとかソウルとかいけそうですよね。彼にテニス習いたいな。
カーリーなんですけど、見た目がちょっと怖い。ファッション変えたり、メイクを薄くしたらいいのになって思うんですよ。たまに見える笑顔がかわいいんですよ。

>keiさん
いつもkeiさんとは認識が同じってことが多くて嬉しいです。さすが同年代(笑)
ドリー・パートンさん自身明るくて人柄がよろしいようで、候補者たちへの接し方も好感が持てましたね。若い頃の映像など探して見てみたくなりました。
レイミエル落選は、応援していた私でも仕方ないなと思いましたよ。クリスティは何だかんだとしぶとく生き残ってますね。カントリーweekでお別れなんてことにならなくて良かったです(^^;)
フィルのアルバム、届いたら感想聞かせてくださいね。


>MAYさん
今シーズンは毎回見逃すことができないくらいハマッてます!ドリー・パートンが優れたソングライターだってことはきっと本国ではかなり知れ渡っていることなんでしょうね。他にも「あの曲も?」という有名な曲がドリーさん作だった、なんてことありそうです。
MAYさんのご意見、どれもこれも同感です。デヴィッド・A君、まさか普段着はあんなにおっさんくさくないですよね?一度私服で出演させてみたいです。カーリーは結構美人だと思うのでメイク次第でもっともっとステキになれる筈なのに、今のメイクはホント怖すぎます(^^;)勿体無い~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/468-74c9baeb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。