スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season7 TOP8 & Idol Gives Back 

ヤバい!今日TOP7の放送があるというのに前回の記事をまだ書いていなかった!!そんな訳で今更ながらTOP8とIdol Gives Backの感想を超特急で(若干いい加減に)やっつけちゃいます  テーマは“感情を揺さぶる曲”、抽象的なだけに各人の捉え方次第でどんな選曲もできるということで、ある意味危険なテーマと言えるかも。


■ マイケル / Dream On
前回彼にはロックよりもソウルが似合う!と確信できたっていうのに、またロック路線に逆戻りですか。ソウル系があまりにハマっていたマイケルにエアロスミスは正直違和感を感じました。選曲理由も自分自身に合う合わないよりも思い入れ重視みたいな回答だったのがちょっと・・・。


■ サイーシャ / I Believe
過去優勝者の曲を選んでくるなんて、相当自信があったのでしょうか。ジャッジが言っていたようにファンテイジアの表現力に比べるとサイーシャのパフォは上手いんだけど特に感動もなし、といったところでこちらに訴えかけてくる力が不足していたようにも思います。


■ ジェイソン / Over The Rainbow
誰もが知るような名曲ですから、これでもか!と歌い上げて感動させなくともサラリと軽めのアレンジでも十分に心にしみ渡るものですね。圧倒的な歌唱力があるわけではないジェイソンも、自分の持ち味を活かせる選曲とアレンジ次第で勝負できれば、まだまだ勝ち進んでいきそうです。相変わらず人気もハンパじゃなさそうですし♪


■ クリスティ / Anyway
今回の衣装はクリスティの良さを引き出していてステキだったし、メイクもひところに比べればだいぶナチュラルになってきて、見た目には申し分なくなってきましたね。カントリーを歌うクリスティに迷いなし、といった感じで自信がついてきたのも伝わってきます。かと言って強く印象に残るでもなく、このようなパフォが続けばすぐ飽きられてしまいそう。


■ デヴィッド・C / Innocent
何?この白ジャケット・・・(^^;)そして演出過剰なパフォがちょっと鼻につきました。まだ競い合ってる最中なんだからもう少し歌に集中したほうがいいのでは?実力の面では申し分なく、このままいけば確実にファイナルまで進む勢いだと思うので、あまり調子に乗らず初めの頃の輝きのままに、そして地道に頑張ってほしいものです。


■ カーリー / The Show Must Go On
この曲はseason5のQween Weekでパリスが歌っていましたよね。確かサイモンに「奇妙だ」なんて言われていたと記憶しています。要はしっくりこなかったってこと?今回のカーリーにも同じことが言えそうです。彼女は選曲ミスで本来の実力を発揮できないことが多いようで、勿体無いですね。


■ デヴィッド・A / Angels
天使の歌だなんて、純真無垢なイメージのデヴィッド君にピッタリすぎて、薄汚れた大人の私には居たたまれません(笑)それにしても上手いですね~。もう上手いのが当たり前!くらいの認識になってるので驚きませんが。意外性はなかったものの感情を揺さぶるには十分な出来で、安心して聴いていられる安定感のあるパフォでした。


■ ブルック / You've Got A Friend
このテーマを聞いた旦那が「ブルックは絶対にキャロル・キング、しかもYou've Got A Friendを選んでくるに違いない!」と断言し、それが見事に当たり「ほーらな?」と大得意気。はいはい、すごいすごい 正直キャロル・キングの良さが理解できなかった私でしたが、ブルックのパフォを聴いてキャロルのあの何気ない歌い方が実はスゴいのだ!ということに初めて気付きました。


なんだか今回は全体的に辛口になってしまいました。こんなエラそうなこと言えるほど知識もないのに・・・。

     
今年のIdol Gives Backはオープニングに登場した『So You Think You Can Dance』の面々に釘付け!!肝心のAI候補者たちよりスター然としたダンサー達が眩しかった~ あっ、ベンジー!ベンジー!きゃーっ、パーシャ!パーシャ!と、すっかり気持ちがそちらへ持っていかれてしまいました。

今回も各方面の有名人たち目白押しのショーは豪華なものでしたね。アニー・レノックスやマライア・キャリーのステージも楽しめたし、私にとっては懐かしのハートやシーラEの出演も嬉しかったです。そして当たり前のことながらやはりプロは違うなぁとしみじみ感じました。

クレイファンにはお馴染みのJimmy Kimmelもいい味出してました。そして恋人のSarah Silvermanもいました。ビリー・クリスタル、ロビン・ウィリアムズ、そしてブラッド・ピットといった大物俳優の出演も注目すべきですが、私としてはWWEの“The Game”ことトリプルHを久々に見たのが印象的でね(笑)

前回の寄付でどれだけの成果を上げることが出来たのかという報告が番組内でもう少しあっても良かったと思います。さて今年はどれだけの寄付が集まるのでしょう。そしてそれらの寄付金が正しく有効に使われることを願うばかりです。


さて、すっかり印象の薄くなったTOP8のResult Showですが・・・。

えーーーーーっ!!マ、マイケルーーー????

な、何でやねん!何でマイケルさんがサヨナラなのよーーー!!!!!
全米視聴者おかしいんじゃないの?(怒)

ライアンが「前シーズンではこの回の脱落者は無しでした・・・」の後に「だから今年も無しだよ~♪」と言ってくれるのを期待していたのにー!!しかし初のボトム3入りでいきなり脱落だなんてショックです。TOP8で終わるような人じゃなかったのに、残念でなりません。次回から番組の面白さ半減だぁ・・・。



スポンサーサイト

コメント

ちょっと一言言わせてください~。

デヴィッド君のところのコメントで『純真無垢なイメージのデヴィッド君にピッタリすぎて、薄汚れた大人の私には居たたまれません(笑)』

ってところ、すごく笑ってしまいました。薄汚れた大人って・・・kotobukiさん、大人だけどなにも悪いことしてないんでしょう!?堂々としましょうよ!(笑)なんか、漫画風に、畳の部屋の隅でおネエ座りでハンカチをちーっと噛んでるkotobukiさんを想像して笑っちゃいます。

あー、kotobukiさんのこういう文章が超面白くて癒される~。

失礼しました~。

>mimiさん
だってだってー、本当に薄汚れているんですもの(笑)さすがに法に触れるような悪いことはしていませんが、それなりに悪いヤツですよ、私は。だからピュアなものや純粋なものを前にすると居心地悪くなっちゃうんでしょうね。でもこんな私を想像してmimiさんが笑ってくれるならそれでもいいや~♪
ところで、確かフランスでもAIの放送が始まったんでしたよね。今はリアルタイムでシーズン7を視聴できるのですか?

またまた”畳の図”を想像して笑っちゃいました。

いまのところAIは放送されてない模様ですが、きっと今やってるヌーベルスターが終わったら、いまアメリカでやってるAIシーズンが放送されるんじゃないかなあ。昨年はこんな感じでした。

でもでも、全部吹き替えで!サイモンとかランディとか超~声が合ってなくって!きっと本物見たことない人は本場の英語での雰囲気とか伝わらないと思いますねぇ。

フランス人って字幕より吹き替えがすきなんですよ、なんでも。残念!

あ、でも名探偵ポワロの声は役柄にすっごーく合ってます!助手のキャプテン・ヘイスティングも!
っていうか、吹き替えしか見たことがない・・・。

>mimiさん
どうか“畳の図”は忘れてください(笑)
フランス語吹き替えのAIって・・・ちょっと調子狂っちゃいますね。サイモンやランディはあの口調だからこそいいのに!って部分がありますから、本当の面白さが伝わっていないとしたら残念です。でもmimiさん、まだ今シーズンが放送されていないのに私のブログで内容を知ってしまっていいんですかー?

ポワロは日本語吹替えもイメージにピッタリで違和感ゼロですよ。オリジナルの声に特徴があるから吹替えの声優さんも選びやすいんですかね。あと、ポワロのセリフをとわざと訳さずに「Au revoir」「Merci」とフランス語のまま言わせたりしています。特にヘイステイングス大尉を「Mon ami」と呼ぶのが好きです♪

私も、私も~!そうそう、”Mon ami”って呼ぶんですよね。私もすごく気に入ってます。いままたテレビでお昼過ぎから毎日2話ほどポワロシリーズが放送されていて、テレビつけっぱなしです。ながら見なんであまり内容を追ってるわけではないんですが、ポワロの声を聞きながらかぎ編みすると落ち着きます。(←ばばくさい??)
でも同じ話しを何度も繰り返し放送するのでいつかせりふも覚えそうです。

AIはYouTubeとかでもたまに見ちゃってます。へへ。私の場合、優勝者が誰になるというよりも、毎回のみんなのすばらしいパフォーマンスを見ることがうれしいんで。だからお勧め映像は見ちゃいます!
といっても知っているのは天使のデビッド・A君だけですが・・・。(笑)
今年のNSは本当につまらなくて、みんなすごく下手だし(←歌唱力重視じゃないところがいや。表現力重視らしいです。汗)、もう来年からは見ないかも知れません。やっぱりアメリカの壁は厚い!

>mimiさん
mimiさんもですか?わぁ♪わぁ♪何だか嬉しいな~v-441 この“Mon ami”って日本語で言うと“我が友”ですよね。そのままポアロさんに「我が友よ」と言わせるよりフランス語のままのほうがずっと気持ちがこもっていて深みがあってステキです!日本ではケーブルテレビで放送中ですが、私は時間が合う時に見ています。でも何故か同じエピソードに当たる確立が高いので、mimiさん同様セリフを覚えてしまいそうです(笑)ああ、もっとポアロについてとことん語り合いたいわぁ!!
今シーズンのAIは候補者の質が高いということで評判がいいようです。といっても前シーズンに比べたらの話ですが。デヴィッド・A君が素晴らしい逸材であることは間違いないですね。NSではクリストフのような超逸材が現れることはもうないんでしょうかね?お国によってパフォの何を重視するのかが違うでしょうけれど、歌唱力は二の次となるとちょっとツラいですねぇ(^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/473-a1abde1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。