スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season7 / TOP7 Performance & Result Show 

この時点でまいこーさんが既にいないことにどうしても納得いかない今日この頃、しかし非情にも番組はどんどん進んでいき早やTOP7へ。今回のテーマは『マライア・キャリー』。先日結婚されてただ今幸せいっぱいのマライアさん、意外にも候補者たちにしっかり指導されていた姿には好感が持てました。


■ デヴィッド・A / When You Believe
お得意の路線で聴かせてきますね。歌だけ聴くと17歳という若さは感じないもののマライアとのご対面で緊張しきっている姿は可愛らしい♪ここ何週かトップバッターが落選する割合が高いですが、彼に限ってはその心配もいらないでしょう。デヴィッド君ってどことなくフェレットみたい(笑)あ、これは褒め言葉ですよ、念の為!


■ カーリー / Without You
いけないと分かっていながらもクレイのWithout Youと比較してしまうと、正直う~ん・・・というパフォです。ドリー・パートンweekに引き続きクレイが歌った曲をチョイスするカーリー、あなたが悪いのよ!(笑)まぁそれは横に置いといて、せっかくの美しいサビのメロディに変なアレンジつけた時点でダメだったなぁと思うんですが、マライアと親交の深いランディは意外にも褒めてましたね。


■ サイーシャ / Vanishing
歌唱力には相当自信があるであろうサイーシャも、さすがに天下のマライアを前に本人の曲を歌うのは緊張したことでしょうね。類稀なる才能を持ったマライアの曲は同じ女性候補者にとってはツラい課題だったでしょうが、サイーシャはそれほどの感動はなかったものの無難に歌い切ったと思います。


■ ブルック / Hero
ピアノが走る!走る!かなりバタバタしたパフォで上手くいかなかったのは本人も承知しているだろうからどんな言い訳してくるのかと思ったら、サイモンの批評にあからさまにブンむくれ顔・・・(^^;)だめだぁ!パフォ以外の部分にどうしても拒否反応が!!


■ クリスティ / Forever
いつ落ちてもおかしくない状況からどうにか持ち直し意外な頑張りを見せているクリスティ、お得意のカントリー調を織り交ぜたパフォは良くもなく悪くもなくといった感じ。美しい外見とサバサバした性格は魅力的なのに肝心の声に突出した個性が見られないので、ステージでの印象が薄く視聴者へのアピール力不足がボトム入りにつながってしまうのかな、と思います。


■ デヴィッド・C / Always Be My Baby
超有名どころの曲を大胆にアレンジするのがデヴィッド・Cの持ち味になってきているので、今回も果敢に挑戦してきたチャレンジ精神はお見事です。個人的には良かったと思っても、こういった場合果たしてジャッジがどう判断するのかが読めないので、デヴィッド本人同様ドキドキしながら批評を待ちました。で、軒並み高評価でホッとひと安心!思い切って勝負に出て良かったねぇ!!


■ ジェイソン / I Don't Wanna Cry
熱唱デヴィッド・Cとは対照的に脱力系パフォがすっかり板についたジェイソン君、自分の歌唱力の範囲内で熱唱系候補者と勝負するにはこの方向で正解だと思います。独自の味のある歌い方を貫いてこのまま勝ち進んで欲しい!私もポーラと一緒に浜辺でリラックスしながら一晩中聴いていたい気分です♪

     
さて、今回のResult Showには個人的にマライアよりも楽しみだったエリオット・ヤミンが登場!少し前にママが亡くなって辛い時期だったにもかかわらず、素晴らしい歌を聴かせてくれたヤミンに感動!!手の平に書かれた「We Miss You MOM」のメッセージには思わずこみ上げてくるものがありました。そのような状況の中でも候補者たちに向かって「Good Luck!」と声を掛ける優しさがいかにもエリオットらしくて、また涙。そういえばバックコーラスに同じくシーズン5のスウェイがいましたね。HWでは2人ともブリットナム兄弟に苦しめられた仲だから、その頃から親交が続いているんでしょうか。

当然のことながらマライアのステージも素晴らしかったです。貫禄が違うというかご本人のプライベートも充実しているからか、キラキラと輝いてスターオーラ出まくってましたね。


今回は残り7人ということで、3人つず2グループに分けて最後の1人にセーフを告げた後どちらがセーフのグループか選ばせるという恒例のパターン。その最後の1人に選ばれたデヴィッド・A君は驚いたような顔をしてましたが、AI観てる人なら当然分かる展開だと思うんですけどね~。パフォの出来を考えればデヴィッド・Cがいるグループがセーフだろう、と予想できますが結果もそのとおり。ボトム3はサイーシャ・ブルック・クリスティの女性陣3人となりました。ええ~、カーリーのあのWithout Youが受け入れられたのがちょっと意外でした。

まずはサイーシャがセーフ、残った2人のうちどちらが落ちると思うかと質問されたサイモンの「クリスティだろう」との答えに「ちょっと!」と怒るブルック・・・はいはい、もう分かったから。絶対に誰かが落ちるのは事実なんだし、聞かれたからジャッジとして答えただけの事で仕方ないじゃない!この時点でブルック落選を強く願ったのですが、結果はクリスティ。確かにこの辺で限界だったという気がしますし、逆にここまでよく頑張った!お別れパフォでは歌詞を変えてサイモンに向けて歌ったりする余裕も見せるところなんて、サッパリした人柄の彼女らしくてとても良かったです。私の願いが通じなかったのがホント残念・・・。



スポンサーサイト

コメント

マイケルがここにいないのが不思議です。Dクックは女性の曲だし、今回は大丈夫か?と思ったけど予想に反してよかったです!
ブルックが今回落選だと思ったのに~レイチェルは今回はよかったのにね!

私もエリオットにもらい泣きしそうになりました。歌も最高でした!
ていうか歌唱力は今回の出場者と比べても格の違いを見せ付けてましたね。

私も最近ブルックが嫌いになってきました・・・。苦手です。あのキャラクター。

(TДT)...。

エリオット登場時のオレw

クリスティは良くココまで残ったなと感心。てかスウェイだ!名前が出てこなくて昨日は眠れませんでした(ウソ)

>MAYさん
どう考えてもマイケルがいないのはおかしいです!おかげで先週からテンション下がりっぱなし・・・。
このところテーマに女性シンガーが続いてますが、次回はミュージカルだからいよいよクレイの映像が見られますね♪録画予約はダブルチェックで!(笑)
クリスティのお別れパフォでちょっと泣きそうになりました。いい子だったのになぁ。


>yumiさん
ママが亡くなった直後ということで、きっと天国のママに捧げる気持ちで歌っていたのかもしれませんね。それにしてもさすがエリオット、上手すぎる!!もう何度も言ってるからしつこいよ!と文句が出そうですが、やっぱりシーズン5は最高だったなぁ・・・。
ブルックねぇ、お好きな方もいるだろうから大きな声では言えませんがどうしても好きになれません。できれば次週あたり(以下自粛)


>VORNANDERさん
お久し振りです!何ですか、その顔!号泣ですか?(笑)だったら私はこんな感じだったかな?(´;_ゝ;)
エリオットはもうすぐ日本盤アルバムが発売されますね。スウェイも懐かしかった~。あれは友情出演ってやつでしょうか?だったらバッキーにも来てほしかった♪

名前間違えてた(笑)レイチェル?女優だ~
もちろん、録画しますよー!

もう、マイコーいないし。。。見なかったわい。
そーかっ。やみんが歌ったんだ。明日見なきゃ。
今週はクレイだねー。やば、録画スペース開けとかないとねー。
あーっ。携帯からだと打ちにくいよー。

たまにはカストロ君も思い出してあげてください。

ジェイソン・カストロ君を愛でる会会長よりw


エリオット最高!神!

>MAYさん
あえて突っ込まなかったのにMAYさんったら律儀なんだから(笑)
でも似てる!そういえばレイチェルのほうは最近あまり見かけなくなりましたね。


>luvrockさん
まいこーさん亡き後(って死んでないけどw)見る気が失せてしまうお気持ちは分かります。しかしクレイだけは見逃したらアカン!録画スペースきっちり空けて準備しておきましょう。


>よりとこさん
カストロ君、忘れたわけじゃないんですよ~(汗)まいこーさんショックがあまりに大きくて、ううっ(ToT) 愛でる会会長直々のお言葉、しかと胸に留めました!
エリオットは本当に素晴らしい・・・国内盤アルバム発売が待ち遠しいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/475-1f18915d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。