スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season7 / TOP5 Performance & Result Show 

本国では既に優勝者も決定済みの為、そこかしこにネタばれ危険注意報が。幸いにもまだ確実なネタばれはしていませんが、何となく予想がつくような書き込みを目にしてしまいました(ToT) ま、別にいいんですけどね・・・(負け惜しみ)。さてTOP5に課せられたテーマは『ニール・ダイアモンド』、奇しくもClayと同日にニューアルバムをリリースして本国ではえらい売れ行き好調だそうですが、正直名前しか知らないアーティストでした。長いキャリアをお持ちのようなので若い候補者たちには馴染みが薄いのではないかと思われます。なのに今回から一人2曲歌わなければならないんですよね。これは苦労しそうだ~。


■ ジェイソン / Forever In Blue Jeans,September Morn
明らかに「ニール・ダイアモンド?ん~、知らね!」とか言ってそうです(^^;) それでも前回のミュージカルweekよりは歌い居心地が良さそうでした。が、1曲目が終了した時点でポーラがまだ歌っていない2曲目の批評を始めてしまい、しかもそれがあまり良くない評価だったからさぁ大変!歌う前にケチつけられてしまったジェイソンもさぞや戸惑ったことでしょう。2曲ともジェイソン風味の脱力系アレンジで私は好きでしたけどね。ただここまで来て彼の中に優勝の意欲を見て取れなくなってきているのがいささか疑問です。あまりガツガツしているのもイヤだけど、曲がりなりにもTOP5な訳ですから少しは真剣な一面も見せてくれないと応援のし甲斐がないような・・・。


■ デヴィッド・C / I'm Alive,All I Really Need Is You
元歌を一切知らないのでデヴィッドがどの程度アレンジを加えてきているのかが分からないのが残念です。でもどちらもデヴィッド色が出ていていつも通りの安定したパフォでした。勿論歌っている本人はものすごい緊張感の中でパフォーマンスしているんでしょうけど、大きな失敗もなく回が進むごとに貫禄がついてきて、唯一安心して見ていられる候補者です。ショーの最中も常に余裕のある対応で、残った候補者たちのまとめ役的な存在でもあるのかもしれませんね。


■ ブルック / I'm A Believer,I am・・・I Said
1曲目は私が唯一知っていたニール・ダイアモンドの曲でした。が、聞いているのがこんなにツラいってどういうことだ?ってくらいツラい・・・。本人以上にこちらが「頼む!早く終わってくれー!」と願わずにはいられないパフォでした。2曲目はジャッジには好評でしたね。余裕のないピアノ弾き語りをするより、普通に歌ったほうがよかったのでは?というのは余計なお世話かな。正直ブルックにはまったく興味がないので、感想もおざなりです。


■ デヴィッド・A / Sweet Caroline,America
上手く歌えて当たり前になってしまったデヴィッド・Aくん、特に問題もなくそつなくこなしたなといった感じでしょうか。確かに抜群に上手いんだけど、何歌わせても同じ印象なのがちょっと難でしょうか。選曲も自分の意思ではなく誰か(多分パパ)に選んでもらったものをただ言われるがままに歌わされている感は否めず、ポーラが言っていたようにもっとこの貴重な経験を心から楽しんでほしい気がします。前回のような年齢に見合った爽やか系の曲を楽しく歌うデヴィッドくんを見てみたいです。


■ サイーシャ / Hello Again,Thank The Lord For The Night Time
何度もボトム入りしながらもここまでしぶとく残ってますね~。エクステンションを付けた髪型が似合っていてスタイルも抜群でセクシー!で、何故に裸足?(笑) サイモンに古臭いと言われた1曲目、古臭いというよりは印象が薄い感じではありましたが私は割と好きだったなぁ。歌唱力を誇示せずに比較的抑えた歌い方をした時のサイーシャは素敵だと思います。 サイーシャは確実に歌唱力で勝負できる候補者だとは思うんです。でもいつも微妙~に音程がズレている気がして、それがどうにも気になってスッキリしないんですよね。そして歌が上手い以外のプラスアルファの要素がこれといってないことが票が集まらない原因のひとつ・・・なのかな?


1時間枠で一人2曲ということで超加速モードで進行された慌しいショーでした。候補者達も多分初めて歌ったであろう大昔の曲を2曲も仕上げなきゃならなくてさぞ大変だったでしょうね。でも誰よりもライアンが一番大変だったかも(笑)

        
Result Showの冒頭で、ライアンから前日のポーラ発言に対するメディアの憶測(多分ドラックかアルコールの影響だということでしょうか)を全面的に否定する発表がありました。AIでは本番前にドレスリハーサルがあり、時にジャッジもそれを見学していることがあるようなので、多分その時点でジェイソンの2曲目を概ね聞いていたんでしょうね。ポーラとほぼ同年代の私もあの程度の勘違いは日常茶飯事、クスリやアルコールの影響とは一概に言い切れないと思いますが真相は本人のみぞ知る、です。


今回のテーマであり指導者でもあったニール・ダイアモンドさんのステージ、しっぶいですねー!アルバムセールス絶好調なのはAI出演効果も多少あったりして。特にお気に入りの候補者が2人いたようですが、一体誰と誰だったんでしょう?一人は間違いなくサイーシャでしょうね♪


ボトム2の発表は先に呼ばれた男性3人がセーフとなり、ステージ裏に残されたブルックとサイーシャの女性陣がボトム入りとなりました。やはり思ったとおりサイーシャもニール・ダイアモンドの曲は知らなかったと言っていましたので、大方の候補者も同様の状況だったと予想されます。そして運命の結果発表、最下位はブルックでした。最後のお別れパフォでも彼女らしいことするだろうなと思っていたら、散々泣いて歌い終わった後客席に背を向けてステージ後方に歩いていっちゃった・・・???予想を裏切らぬその行動に最後の最後までまったく好きになれなかったブルックちゃんでした。



スポンサーサイト

コメント

ポーラの発言については、リハを聞いてあらかじめコメントを用意してるんだろうという説があるみたいですね。まぁTV番組だしそれぐらいはあっても普通ですよね。

アーチュレタ君はresultの時、セーフなのを聞いて本気でほっとしたみたいでしたね。自信がなかったのかなと思いました。
うーん、私はクックは嫌いじゃなんですが、そこまで良いとは思えないんですよねえ。。
今回はサイーシャ、結構良かったと思うんですけど。
ブルックについては私もkotobukiさんと同感ですわv-8

>yumiさん
コメントの事前用意くらいは普通に予想できる範囲のことですよね。多分本国ではポーラ本人に対する妙な憶測が飛び交ったのでしょうね。
大本命のデヴィッド・A君がどうしてあんなに不安そうなのか、見ている方としては不思議な気もします。セーフになって安心している姿は普通の17歳って感じで可愛いですね♪サイーシャはどうも今ひとつ突出したものがないので、熱心に応援したくなる要素が何か欲しいところです。そして遂にブルックがサヨナラしましたね・・・これ以上は何も言わないほうが無難かなw

今頃ですけど~
ニール・ダイアモンドのって、アーチュレッタとブルックの曲をかろうじて聞いたことがある程度でした。みんな全く知らない曲を歌ったんだろうなあ。Dクックは良かったです!彼の歌は結構好きですよ。サイーシャはうまいけど、印象ないですよね。ルックスはすごくいいんだけど~
ポーラ事件って前にも同じことなかったでしたっけ?
結果は予想通り。番組の終わり方が、なんだかなー。ブルックは声出して泣いてましたね。

>MAYさん
本国では絶大な人気のある方のようですが、私もほとんど知らなかったですよ。でも逆に知らない曲だからまったく先入観なしに聴けた部分もあったかな。原曲のイメージが強いとそれがプラスに働くことは少ないですからね。
ポーラは以前に言動がシラフとは思えない、と噂されたことがありませんでしたっけ?番組同様ジャッジたちもかなり注目を浴びているんですね。
ブルックは地方オーディションの頃から受け付けなかったので、正直まったく寂しくも残念でもありません。私って鬼?(^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/478-c38cbb3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。