スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯がゆいっ!!! 

成果が上がっているかどうかは別として、私にしては珍しく長続きしている英会話教室通い。

当時「Clayの話していることを理解したい!」という強い気持ちから、つい勢いづいてクラスを2つも受講してしまい、今ではそれが軽いストレスになっている始末です。
幸いにも講師やクラスメート(といっても年上の方が多いんですが)がいい人達なので、いざレッスンが始まってしまえばそれなりに楽しんで勉強することが出来ています。


今日はその内の一人の講師・E先生の最後の授業でした。
彼は30代のアメリカ人ですがどことなくブリティッシュな雰囲気漂う人で、『Life on Mars』のジョン・シムに似ているんですよ!(なぜか興奮w)
もともとE先生はその前の講師が辞めて新講師が着任するまでの繋ぎだったので、約3ヶ月ほどの短いお付き合いでした。
以前にも講師をしていたというだけに教え方も上手だし分かりやすかったので、とても残念。

新しい講師も交えての最後のレッスンも終わりに近づく頃にE先生が「今までありがとう。あなたたちを教えるのは楽しかったよ。」と言ってくれました。
当然私も感謝の気持ちを伝えるべく、英語で・・・あ、あれ?あれれ?
「楽しくて有意義なレッスンをありがとうございました。」と「私達はとても寂しいです。」の後に続く言葉が出てこないぞー!
言いたいことはまだいっぱいあるのに、英語に変換できない~!!!

日本語ならばつらつらと出てくる感謝の言葉が英語で表現できないという体たらくに、情けないやら恥ずかしいやら。
E先生もこちらからの言葉を待つかのように視線を投げかけてくるのに、焦れば焦るほど「うー、あー・・・」って何も言えなくなっちゃって、これじゃ単なる失礼な人ですよね!
言い訳じゃないですが、私もいい歳の大人ですので礼を欠くことなく相手に感謝を伝える自信はあります。ただし、日本語でならねw


もう自分の言いたいことの20%くらいしか表現できなくて、こんな歯がゆい気持ちになるくらいならちゃんと家で練習してくればよかった、と悔やまれます。
大切な場面でちゃんとした会話が出来なくて一体何を勉強してきたんだろう、私・・・。
真面目に取り組んでいないから当然の結果ですが、基本が全然身になっていなかったということを改めて思い知らされました。


最後に気持ちを込めて「Thank you so much!」と言えたから、想いは伝わったかな。
E先生、本当にごめんなさい!心から感謝しています



   
     
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayton.blog74.fc2.com/tb.php/500-eca1f4c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。