スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Idol season7 / TOP4 Performance & Result Show 

先月末に突然持ち上がったClayに関する噂にすっかり心かき乱され、正直AIどころの騒ぎじゃない状況です。とはいえ真相が分かるまでは、ただ静観するしかなさそうですね。しかしこの不安定な精神状態のまま悶々としながら待つのはキツいっす・・・。

そんな“心ここにあらず”状態で視聴した今回のAIは過去2シーズンとも波乱の結果となったTOP4の争い、今シーズンは何が待ち受けているんでしょう。テーマは『ロック史に残る名曲』、ロックの殿堂入りした500曲の中から2曲をチョイスします。この膨大な数、そして名曲揃いというのが逆に選曲を難しくさせる要素となりそうです。前週のポーラの失態を懸念してか、今回は1曲終了ごとにジャッジコメントだそうで(笑)


■ デヴィッド・C / Hungry Like The Wolf,Baba O'Riley
な、懐かしーい!骨太ロック野郎なデヴィッド・Cが80年代ニューロマンティックの代表選手デュラン・デュランをチョイスしてくるとは、いきなり驚かされました。この頃はMV全盛期で、この曲を含めデュラン・デュランのMVをTVでよく観たものでした。でも80年代のMVって今改めて観るとちょっと小っ恥ずかしい内容のものが多いですね(笑)ちなみに私は麗しいKBのニック派でしたが、皆さんは?って、話がすっかり横道に反れました(^^;) 選曲の意外性に比べパフォは平均点だったかな。2曲目は『CSI:NY』のテーマに使われているThe Whoのあの曲!イントロ聞いただけでゲイリー・シニーズとNYの街並みが頭に浮かぶくらい浸透してしまってます。いつものデヴィッド色もやや色褪せ気味なのは、得意のジャンルの名曲であるが故に大胆なアレンジが出来なかったからでしょうか。それでもいつも通りの安定感はあり、それなりに聴かせてくれました。


■ サイーシャ / Proud Mary,A Change Is Gonna Come
当初の予想ではこのサイーシャ枠にはまいこーさんが納まるはずだったのに・・・。1曲目はそれこそいろいろな人が歌うバージョンを目にしているので取り立ててサイーシャのパフォには際立つものは見出せず、本気で優勝狙って必死なんだろうなぁと感じたくらいかな。で、2曲目ですが、これもまぁまぁ上手いなって程度で感動には至らず、ランディの批評にほぼ同意でした。多少音程が外れても、選曲が合ってなくても、それでもこの人から目を離さずにいられない!という特別な要素をほとんど感じないんですよね。ところがポーラがここぞとばかりに大絶賛したのには正直ポカーン・・・そしてサイモンまでも!あげくに本人泣いちゃった&でも自分アピールの機会は逃さず長々と喋り出す、にすっかり興ざめです。タイミング的にもポーラの言葉に感動して泣いたと見て取れるのに、本人の弁はもっと壮大な想いが駆け巡ってのことだそうで、ポーラ立場なし。パフォの内容が彼女のその壮大な想いにまったく追いついていないのがイタいかな・・・って、何だか意地の悪い感想になってしまいました。


■ ジェイソン / I Shot The Sheriff,Mr. Tambourine Man
どうしちまった?ジェイソン・・・。それなりに場数を踏んできた候補者たちに比べ、人前で歌ったのがたった5回という経験しかないジェイソンくんにとって、慣れない環境でのプレッシャーとストレスの日々にはもう限界がきていたんでしょうか。1曲目の酷評にいつものように笑顔で動じなかった彼ですが、きっと心中は動揺し混乱していたのではないか、と思います。それが2曲目の歌詞忘れにつながったのかどうかは定かではありません。でも歌詞を忘れたことに対するジャッジの評価が一貫しておらずその時々によって違うのも解せません。その部分以外はいつものジェイソン風味で良かったと思うんですが、あまり評価されず残念です。まぁ何を言われても暖簾に腕押し的なジェイソンくんの態度は、特にサイモンには癇に障るところもあるのかも。私は彼のそういうガツガツしていないところが好きですけどね。


■ デヴィッド・A / Stand By Me,Love Me Tender
後半戦に突入してから絶好調ですね。曲も王道、パフォも王道、文句なしの出来なんじゃないでしょうか。この若さなのに本当に何を歌わせても上手いっ!しかしそれ以上の感想が出てこない・・・。毎回デヴィッド・Aくんの感想を書くのは一苦労なんです。「上手い」以外に思い浮かぶのか「可愛いね♪」くらいかしら(^^;)
     
      
続きを読む

American Idol season7 / TOP5 Performance & Result Show 

本国では既に優勝者も決定済みの為、そこかしこにネタばれ危険注意報が。幸いにもまだ確実なネタばれはしていませんが、何となく予想がつくような書き込みを目にしてしまいました(ToT) ま、別にいいんですけどね・・・(負け惜しみ)。さてTOP5に課せられたテーマは『ニール・ダイアモンド』、奇しくもClayと同日にニューアルバムをリリースして本国ではえらい売れ行き好調だそうですが、正直名前しか知らないアーティストでした。長いキャリアをお持ちのようなので若い候補者たちには馴染みが薄いのではないかと思われます。なのに今回から一人2曲歌わなければならないんですよね。これは苦労しそうだ~。


■ ジェイソン / Forever In Blue Jeans,September Morn
明らかに「ニール・ダイアモンド?ん~、知らね!」とか言ってそうです(^^;) それでも前回のミュージカルweekよりは歌い居心地が良さそうでした。が、1曲目が終了した時点でポーラがまだ歌っていない2曲目の批評を始めてしまい、しかもそれがあまり良くない評価だったからさぁ大変!歌う前にケチつけられてしまったジェイソンもさぞや戸惑ったことでしょう。2曲ともジェイソン風味の脱力系アレンジで私は好きでしたけどね。ただここまで来て彼の中に優勝の意欲を見て取れなくなってきているのがいささか疑問です。あまりガツガツしているのもイヤだけど、曲がりなりにもTOP5な訳ですから少しは真剣な一面も見せてくれないと応援のし甲斐がないような・・・。


■ デヴィッド・C / I'm Alive,All I Really Need Is You
元歌を一切知らないのでデヴィッドがどの程度アレンジを加えてきているのかが分からないのが残念です。でもどちらもデヴィッド色が出ていていつも通りの安定したパフォでした。勿論歌っている本人はものすごい緊張感の中でパフォーマンスしているんでしょうけど、大きな失敗もなく回が進むごとに貫禄がついてきて、唯一安心して見ていられる候補者です。ショーの最中も常に余裕のある対応で、残った候補者たちのまとめ役的な存在でもあるのかもしれませんね。


■ ブルック / I'm A Believer,I am・・・I Said
1曲目は私が唯一知っていたニール・ダイアモンドの曲でした。が、聞いているのがこんなにツラいってどういうことだ?ってくらいツラい・・・。本人以上にこちらが「頼む!早く終わってくれー!」と願わずにはいられないパフォでした。2曲目はジャッジには好評でしたね。余裕のないピアノ弾き語りをするより、普通に歌ったほうがよかったのでは?というのは余計なお世話かな。正直ブルックにはまったく興味がないので、感想もおざなりです。


■ デヴィッド・A / Sweet Caroline,America
上手く歌えて当たり前になってしまったデヴィッド・Aくん、特に問題もなくそつなくこなしたなといった感じでしょうか。確かに抜群に上手いんだけど、何歌わせても同じ印象なのがちょっと難でしょうか。選曲も自分の意思ではなく誰か(多分パパ)に選んでもらったものをただ言われるがままに歌わされている感は否めず、ポーラが言っていたようにもっとこの貴重な経験を心から楽しんでほしい気がします。前回のような年齢に見合った爽やか系の曲を楽しく歌うデヴィッドくんを見てみたいです。


■ サイーシャ / Hello Again,Thank The Lord For The Night Time
何度もボトム入りしながらもここまでしぶとく残ってますね~。エクステンションを付けた髪型が似合っていてスタイルも抜群でセクシー!で、何故に裸足?(笑) サイモンに古臭いと言われた1曲目、古臭いというよりは印象が薄い感じではありましたが私は割と好きだったなぁ。歌唱力を誇示せずに比較的抑えた歌い方をした時のサイーシャは素敵だと思います。 サイーシャは確実に歌唱力で勝負できる候補者だとは思うんです。でもいつも微妙~に音程がズレている気がして、それがどうにも気になってスッキリしないんですよね。そして歌が上手い以外のプラスアルファの要素がこれといってないことが票が集まらない原因のひとつ・・・なのかな?


1時間枠で一人2曲ということで超加速モードで進行された慌しいショーでした。候補者達も多分初めて歌ったであろう大昔の曲を2曲も仕上げなきゃならなくてさぞ大変だったでしょうね。でも誰よりもライアンが一番大変だったかも(笑)

        
続きを読む

American Idol season7 / TOP6 Performance & Result Show 

いろいろ納得いかないことがあって記事を書かないままにしていましたが、TOP5の放送日も迫っているし途中で記事が抜けてしまうのも気持ち悪いので、ここらで重い腰を上げて感想を綴っておきたいと思います。
TOP6のテーマはキャッツやオペラ座の怪人など多くの傑作ミュージカルの作曲を手掛けた『アンドリュー・ロイド・ウェバー』、高度な歌唱力を要求されるお題だけに苦労しそうな候補者は目に見えていますね・・・。


■ サイーシャ / One Rock'n Roll To Many
常々「私は女優」を強調していたサイーシャにはピッタリのテーマだったようで、水を得た魚のように活き活きとしたパフォは見ていても気持ちのいいものでした。ただ肝心の歌のほうは驚くほどの出来というものでもなく、ブロードウェイで活躍する舞台女優さん達の圧倒的な歌唱力に比べると明らかに迫力不足でランディがあんなにベタ褒めしたのがちょっと理解できませんでした。


■ ジェイソン / Memory
なんとも酷なテーマで可哀想なジェイソンくんですが、またよりによってどうしてこんな超有名な曲を選んじゃったんだか(^^;) 本人も何だか訳分からんけどとりあえずミュージカルナンバーだから歌っちゃった!って感じで、パフォ後もいつもののほほんとしたお気楽な表情が見られませんでしたねぇ。彼も辛かったでしょうけど、聞いているこちらも同じくらい辛かった~!まぁパワフルシンガーでない彼にとってかなり不利なこのテーマで最善を尽くしたとは思います。カーリーには他の曲を薦めていたウェバーさん、ジェイソンくんには選曲のアドバイスをしてあげなかったのかしら?


■ ブルック / You Must Love Me
ジェイソンくん同様熱唱系でないブルックも選曲には苦労したことでしょう。ウェバーさんとの練習ではかなり気に入られていたように見受けられました。そして本番、いきなり勝手に仕切りなおし!後に歌詞忘れだったということが判明しましたが、これってアリなんですか?しかも彼女2回目ですよね。前回はピアノ弾き語りだったので百歩譲ってOKだったとしても、今回のはバンドの演奏を中止させての歌い直し。通常は本番のステージでの一発勝負が基本のはず、彼女だけ1度ならず2度も仕切りなおしというのは不公平のような気がします。またそれを「私はそれが正しいと思ったからそうしたの。私って自分に正直だから。」みたいな顔してるのがむちゃくちゃ鼻につくんです。


■ デヴィッド・A / Think Of Me
それはそれは壮大なバラードで勝負してくるかと思いきや、背伸びをしない軽めのポップバラード調にアレンジしてきたのには驚きました。彼ほどの歌唱力なら堂々と歌い上げる形でも良かったと思いますが、これはこれで17歳らしい(彼には珍しく)好感の持てるパフォでした。


■ カーリー / Superstar
練習でウェバーさんから曲を変えるよう助言され選んでもらった曲が彼女に見事マッチしていて、今までで一番の出来と言えるくらい爽快でパワフルなパフォとなりました。自分に合った選曲が出来ていないとサイモンからも常々言われていたので、一旦曲がハマるとこんなに実力を発揮できるものなんですね。パフォ後に“サイモンのお気に入り(This Week)”のTシャツを持ち出してはしゃいでいたのはちょっと・・・でしたけど、毎回サイモンの批評にナーバスになっていたから仕方ないですかね。


■ デヴィッド・C / The Music Of The Night
得意のロック調アレンジを封印して小細工なしの真っ向勝負!男らしい!!(笑)本場のミュージカルで通用するかどうかは別にして、歌唱力だけでも充分イケることを証明してくれました。このテーマでトリを務めるのってかなり重圧がありそう。でもデヴィッドもここまでの過程でそれなりの自信を得たようで、締めに相応しい堂々としたパフォでしたね。

   
続きを読む

American Idol season7 / TOP7 Performance & Result Show 

この時点でまいこーさんが既にいないことにどうしても納得いかない今日この頃、しかし非情にも番組はどんどん進んでいき早やTOP7へ。今回のテーマは『マライア・キャリー』。先日結婚されてただ今幸せいっぱいのマライアさん、意外にも候補者たちにしっかり指導されていた姿には好感が持てました。


■ デヴィッド・A / When You Believe
お得意の路線で聴かせてきますね。歌だけ聴くと17歳という若さは感じないもののマライアとのご対面で緊張しきっている姿は可愛らしい♪ここ何週かトップバッターが落選する割合が高いですが、彼に限ってはその心配もいらないでしょう。デヴィッド君ってどことなくフェレットみたい(笑)あ、これは褒め言葉ですよ、念の為!


■ カーリー / Without You
いけないと分かっていながらもクレイのWithout Youと比較してしまうと、正直う~ん・・・というパフォです。ドリー・パートンweekに引き続きクレイが歌った曲をチョイスするカーリー、あなたが悪いのよ!(笑)まぁそれは横に置いといて、せっかくの美しいサビのメロディに変なアレンジつけた時点でダメだったなぁと思うんですが、マライアと親交の深いランディは意外にも褒めてましたね。


■ サイーシャ / Vanishing
歌唱力には相当自信があるであろうサイーシャも、さすがに天下のマライアを前に本人の曲を歌うのは緊張したことでしょうね。類稀なる才能を持ったマライアの曲は同じ女性候補者にとってはツラい課題だったでしょうが、サイーシャはそれほどの感動はなかったものの無難に歌い切ったと思います。


■ ブルック / Hero
ピアノが走る!走る!かなりバタバタしたパフォで上手くいかなかったのは本人も承知しているだろうからどんな言い訳してくるのかと思ったら、サイモンの批評にあからさまにブンむくれ顔・・・(^^;)だめだぁ!パフォ以外の部分にどうしても拒否反応が!!


■ クリスティ / Forever
いつ落ちてもおかしくない状況からどうにか持ち直し意外な頑張りを見せているクリスティ、お得意のカントリー調を織り交ぜたパフォは良くもなく悪くもなくといった感じ。美しい外見とサバサバした性格は魅力的なのに肝心の声に突出した個性が見られないので、ステージでの印象が薄く視聴者へのアピール力不足がボトム入りにつながってしまうのかな、と思います。


■ デヴィッド・C / Always Be My Baby
超有名どころの曲を大胆にアレンジするのがデヴィッド・Cの持ち味になってきているので、今回も果敢に挑戦してきたチャレンジ精神はお見事です。個人的には良かったと思っても、こういった場合果たしてジャッジがどう判断するのかが読めないので、デヴィッド本人同様ドキドキしながら批評を待ちました。で、軒並み高評価でホッとひと安心!思い切って勝負に出て良かったねぇ!!


■ ジェイソン / I Don't Wanna Cry
熱唱デヴィッド・Cとは対照的に脱力系パフォがすっかり板についたジェイソン君、自分の歌唱力の範囲内で熱唱系候補者と勝負するにはこの方向で正解だと思います。独自の味のある歌い方を貫いてこのまま勝ち進んで欲しい!私もポーラと一緒に浜辺でリラックスしながら一晩中聴いていたい気分です♪

     
続きを読む

American Idol season7 TOP8 & Idol Gives Back 

ヤバい!今日TOP7の放送があるというのに前回の記事をまだ書いていなかった!!そんな訳で今更ながらTOP8とIdol Gives Backの感想を超特急で(若干いい加減に)やっつけちゃいます  テーマは“感情を揺さぶる曲”、抽象的なだけに各人の捉え方次第でどんな選曲もできるということで、ある意味危険なテーマと言えるかも。


■ マイケル / Dream On
前回彼にはロックよりもソウルが似合う!と確信できたっていうのに、またロック路線に逆戻りですか。ソウル系があまりにハマっていたマイケルにエアロスミスは正直違和感を感じました。選曲理由も自分自身に合う合わないよりも思い入れ重視みたいな回答だったのがちょっと・・・。


■ サイーシャ / I Believe
過去優勝者の曲を選んでくるなんて、相当自信があったのでしょうか。ジャッジが言っていたようにファンテイジアの表現力に比べるとサイーシャのパフォは上手いんだけど特に感動もなし、といったところでこちらに訴えかけてくる力が不足していたようにも思います。


■ ジェイソン / Over The Rainbow
誰もが知るような名曲ですから、これでもか!と歌い上げて感動させなくともサラリと軽めのアレンジでも十分に心にしみ渡るものですね。圧倒的な歌唱力があるわけではないジェイソンも、自分の持ち味を活かせる選曲とアレンジ次第で勝負できれば、まだまだ勝ち進んでいきそうです。相変わらず人気もハンパじゃなさそうですし♪


■ クリスティ / Anyway
今回の衣装はクリスティの良さを引き出していてステキだったし、メイクもひところに比べればだいぶナチュラルになってきて、見た目には申し分なくなってきましたね。カントリーを歌うクリスティに迷いなし、といった感じで自信がついてきたのも伝わってきます。かと言って強く印象に残るでもなく、このようなパフォが続けばすぐ飽きられてしまいそう。


■ デヴィッド・C / Innocent
何?この白ジャケット・・・(^^;)そして演出過剰なパフォがちょっと鼻につきました。まだ競い合ってる最中なんだからもう少し歌に集中したほうがいいのでは?実力の面では申し分なく、このままいけば確実にファイナルまで進む勢いだと思うので、あまり調子に乗らず初めの頃の輝きのままに、そして地道に頑張ってほしいものです。


■ カーリー / The Show Must Go On
この曲はseason5のQween Weekでパリスが歌っていましたよね。確かサイモンに「奇妙だ」なんて言われていたと記憶しています。要はしっくりこなかったってこと?今回のカーリーにも同じことが言えそうです。彼女は選曲ミスで本来の実力を発揮できないことが多いようで、勿体無いですね。


■ デヴィッド・A / Angels
天使の歌だなんて、純真無垢なイメージのデヴィッド君にピッタリすぎて、薄汚れた大人の私には居たたまれません(笑)それにしても上手いですね~。もう上手いのが当たり前!くらいの認識になってるので驚きませんが。意外性はなかったものの感情を揺さぶるには十分な出来で、安心して聴いていられる安定感のあるパフォでした。


■ ブルック / You've Got A Friend
このテーマを聞いた旦那が「ブルックは絶対にキャロル・キング、しかもYou've Got A Friendを選んでくるに違いない!」と断言し、それが見事に当たり「ほーらな?」と大得意気。はいはい、すごいすごい 正直キャロル・キングの良さが理解できなかった私でしたが、ブルックのパフォを聴いてキャロルのあの何気ない歌い方が実はスゴいのだ!ということに初めて気付きました。


なんだか今回は全体的に辛口になってしまいました。こんなエラそうなこと言えるほど知識もないのに・・・。

     
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。